4.19.06.07 - Edge for Private Cloud リリースノート

Apigee Edge のドキュメントを表示しています。
Apigee X のドキュメントをご覧ください。

2020 年 6 月 5 日に、新しいバージョンの Apigee Edge for Private Cloud をリリースしました。

更新手順

インストールを更新するには、Edge ノードで次の手順を行います。

  1. すべての Edge ノード:

    1. Yum リポジトリをクリーンアップします。
      sudo yum clean all
    2. 最新の Edge 4.19.06 bootstrap_4.19.06.sh ファイルを /tmp/bootstrap_4.19.06.sh にダウンロードします。
      curl https://software.apigee.com/bootstrap_4.19.06.sh -o /tmp/bootstrap_4.19.06.sh
    3. Edge 4.19.06 の apigee-service ユーティリティと依存関係をインストールします。
      sudo bash /tmp/bootstrap_4.19.06.sh apigeeuser=uName apigeepassword=pWord

      ここで、uName:pWord は Apigee から受け取ったユーザー名とパスワードです。pWord を省略すると、パスワードの入力を求められます。

    4. apigee-setup ユーティリティを更新します。
      sudo /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-setup update
    5. source コマンドを使用して apigee-service.sh スクリプトを実行します。
      source /etc/profile.d/apigee-service.sh
  2. すべてのノードで OpenLDAP の update.sh スクリプトを実行します。各ノードで次のコマンドを実行します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c ldap -f configFile

    ここで、configFile には Apigee Edge for Private Cloud のインストールに使用した構成ファイルを指定します。

  3. すべてのノードで Edge の update.sh スクリプトを実行します。各ノードで次のコマンドを実行します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c edge -f configFile

    ここで、configFile には Apigee Edge for Private Cloud のインストールに使用した構成ファイルを指定します。

  4. すべてのノードで UI 用の update.sh スクリプトを実行します。各ノードで次のコマンドを実行します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c ui -f configFile

    ここで、configFile には Apigee Edge for Private Cloud のインストールに使用した構成ファイルを指定します。

  5. すべてのノードで SSO の update.sh スクリプトを実行します。各ノードで次のコマンドを実行します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c sso -f configFile

    ここで、configFile には Apigee Edge for Private Cloud のインストールに使用した構成ファイルを指定します。

  6. すべてのノードでデベロッパー ポータルの update.sh スクリプトを実行します。各ノードで次のコマンドを実行します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c dp -f configFile

    ここで、configFile には Apigee Edge for Private Cloud のインストールに使用した構成ファイルを指定します。

  7. Apigee mTLS を使用し、このパッチで新機能またはバグの修正に基づいて構成を更新した場合は、すべてのノードで apigee-mtls サービスをアンインストールしてから再インストールする必要があります。この変更を有効にするには、すべてのノードで再インストールする必要があります。詳細については、既存の apigee-mtls 構成を変更するをご覧ください。

対応ソフトウェア

Apigee Edge for Private Cloud は OpenJDK バージョン 1.8.0.252 のサポートを確認しています。

Tomcat がバージョン 7.0.103 に更新されました。

非推奨になった機能と廃止された機能

変更はありません。

新機能

次の表に、このリリースの新機能を示します。

説明

mTLS が Management Server と Router の接続を保護する

Apigee mTLS は、Management Server とポート 8081 の Router 間の接続をサポートするようになりました。

証明書の有効期間を構成できるようになりました

カスタム証明書を使用する場合、証明書の有効な日数を設定できます。そのためには、構成ファイルで APIGEE_MTLS_NUM_DAYS_CERT_VALID_FOR の値を設定します。デフォルト値は 365 です。詳細については、ステップ 1: 構成ファイルを更新するをご覧ください。Apigee mTLS のインストール後に変更を加える場合は、既存の apigee-mtls 構成を変更するの手順を実施してください。

修正済みのバグ

次の表に、このリリースで修正されたバグを示します。

問題 ID 説明
154428338

キーストアが類似の名前またはエイリアスで構成されている場合、Message Processor は環境の読み込みに失敗します。

よく似た命名規則を持つキーストアを読み込む際の正規表現ルックアップの競合を修正しました。この結果、Message Processor がキーストアに関連付けられた環境を読み込めなかった、またはルックアップ中に複数の競合するキーストアが返されたときに起動できませんでした。

130653816

ランタイム トラフィックで 404 断続的なエラーが発生する。

競合状態により、Message Processor が起動時にすべてのプロキシを読み込まず、ランタイム トラフィックで 404 ApplicationNotFound エラーが断続的に発生しました。

この現象は修正されました。

157275131

Drupal のアップグレード

デベロッパー ポータルのアップグレード プロセスがバージョン 4.19.06 で機能しなくなりました。

155840972 Tomcat のアップグレード

Tomcat はバージョン 7.0.103 にアップグレードされました。

155595660

タイムゾーン形式

conf_system_apigee.syslogger.dateFormat プロパティによって設定されたタイムゾーン形式で sss トークンと SSS トークンに使用されている値が正しくない。

155340541

OpenJDK サポート

Apigee は、OpenJDK バージョン 1.8.0.252 のサポートを確認しています。

155105930
76087166

マルチデータセンター環境での KVM

組織が複数のデータセンター(dc-1、dc-2 など)にまたがる場合、Management Server はいずれかのデータセンターにランダムに接続されていました。この事象は、鍵管理と Key Value Map(KVM)オペレーションのための、ローカル データセンター内の Cassandra ノードへの接続に影響を及ぼしました。

152382545

mTLS ポート範囲の使用量

ドキュメントには、Apigee mTLS の ZooKeeper ポート範囲が 10001 から開始するという記載があります。

150717738

リーダーがないクラスタ

リーダーのないクラスタにより、mTLS サービスが停止または再起動するのを防ぎました。タイムアウトの長さも短縮されています。

148486685

OpenLDAP レプリケーションと SSO の相互運用を相互運用する

間接バインディングでは、レプリケーションが有効なときに OpenLDAP サービスがユーザー オブジェクトを検索していません(複数の OpenLDAP インスタンスがありました)。

148179907

apigee-analytics-collector が再度追加

apigee-analytics-collector ユーティリティが再度追加されました。このユーティリティを使用すると、API ボリューム数をレポートできます。

146511254

ExtractVariables ポリシーでエラーがスローされません

XML 変数が XPath 式で解決されなかった場合でも、ExtractVariables ポリシーは引き続きプロキシで実行されています。これは、IgnoreUnresolvedVariables 要素または continueOnError 属性が false に設定されている場合でも発生します。

130013746

会社の停止

収益化機能から会社を無効にするボタンは使用できませんでした。

120799182

OpenLDAP のアップグレード

マルチデータセンター環境で OpenLDAP をアップグレードするプロセスにより、状態が破損しました。

145236083

システム管理者のユーザー名:パスワードの長さ

Sysadmin の username:password が 57 文字を超えているため、Edge SSO のインストール スクリプトが失敗しました。

135616498

SSO 設定スクリプトのエラー

ファイル スキーム URL を使用すると SSO 設定スクリプトが失敗する問題を修正しました。

111420263

メッセージ ロギング ポリシーでの ConcurrentModificationException を修正する

メッセージ ロギング ポリシーの使用時に発生するいくつかの競合状態を排除します。