ポータルのバックアップ

Edge for Private Cloud v4.19.01

このセクションでは、オンプレミスでインストールした Apigee Developer Services ポータル(略して「ポータル」)を、Postgres の pg_dump コマンドと pg_restore コマンドを使ってバックアップまたは復元する方法を説明します。

バックアップの前に

ポータルをバックアップする前に、ポータルのデータベースの名前を知っておく必要があります。

ポータル インストール設定ファイルの PG_NAME プロパティは、ポータルのデータベースの名前を指定します。ポータルのインストール手順における構成ファイルの例では、devportal という名前を使います。データベース名がわからない場合、構成ファイルを確認するか、次のように psql コマンドでデータベースのリストを表示します。

psql -h localhost -d apigee -U postgres -l

-U は、データベースへのアクセスにポータルが使う Postgres のユーザー名を指定します。これは、ポータル インストール構成ファイルの DRUPAL_PG_USER プロパティの値です。データベースのパスワードを入力するよう求められます。

上記のコマンドは、以下のようにデータベースのリストを表示します。

        Name     | Owner  | Encoding |   Collate   |    Ctype    |  Access privileges
    -------------+--------+----------+-------------+-------------+---------------------
     apigee      | apigee | UTF8     | en_US.UTF-8 | en_US.UTF-8 | =Tc/apigee         +
                 |        |          |             |             | apigee=CTc/apigee  +
                 |        |          |             |             | postgres=CTc/apigee
     devportal   | apigee | UTF8     | en_US.UTF-8 | en_US.UTF-8 | 
     newportaldb | apigee | UTF8     | en_US.UTF-8 | en_US.UTF-8 |
     postgres    | apigee | UTF8     | en_US.UTF-8 | en_US.UTF-8 |
     template0   | apigee | UTF8     | en_US.UTF-8 | en_US.UTF-8 | =c/apigee          +
                 |        |          |             |             | apigee=CTc/apigee
     template1   | apigee | UTF8     | en_US.UTF-8 | en_US.UTF-8 | =c/apigee          +
                 |        |          |             |             | apigee=CTc/apigee
    

ポータルのバックアップ

ポータルのバックアップの手順は、以下のとおりです。

  1. 次のように、Drupal のディレクトリ(デフォルトは /opt/apigee/apigee-drupal)に移動します。
    cd /opt/apigee/apigee-drupal
  2. 次のように、pg_dump コマンドで Drupal のデータベース インスタンスをバックアップします。
    pg_dump --dbname=portal_db --host=host_IP_address --username=drupaladmin
          --password --format=c > /tmp/portal.bak

    各パラメータの意味は、次のとおりです。

    • portal_db は、データベースの名前です。これはポータル インストール構成ファイルの PG_NAME プロパティです。データベース名がわからない場合は、バックアップする前にをご覧ください。
    • host_IP_address は、ポータルノードの IP アドレスです。
    • drupaladmin は、ポータルがデータベースにアクセスするのに使う Postgres のユーザー名です。ポータル インストール構成ファイルの DRUPAL_PG_USER プロパティで定義しています。

    pg_dump が、Postgres のユーザー パスワードを要求したときは、ポータル インストール構成ファイルの DRUPAL_PG_PASS プロパティで指定したパスワードを使います。

    pg_dump コマンドは、データベースのコピーを作成します。

  3. Drupal のウェブルート ディレクトリ全体をバックアップします。デフォルトのウェブルートは /opt/apigee/apigee-drupal/wwwroot です。
  4. 公開ファイルをバックアップします。デフォルトでは、/opt/apigee/apigee-drupal/wwwroot/sites/default/files にあります。これが正しい場所であれば、ステップ 3 でバックアップされます。デフォルトの場所から移動した場合は、明示的にバックアップする必要があります。
  5. /opt/apigee/data/apigee-drupal-devportal/private にある非公開ファイルをバックアップします。

    このディレクトリの場所がわからない場合は、drush status コマンドで非公開ファイル システムの場所を確認します。

ポータルの復元

ポータルをバックアップすると、pg_restore コマンドを使ってバックアップから復元できます。

バックアップから既存のデータベースに復元する場合は、次のコマンドを使用します。

pg_restore --clean --dbname=portal_db --host=localhost --username=apigee < /tmp/portal.bak

バックアップから復元して新しいデータベースを作成するには、次のコマンドを使用します。

pg_restore --clean --create --dbname=portal_db --host=localhost --username=apigee < /tmp/portal.bak

また、バックアップ ファイルを Drupal のウェブルート ディレクトリと非公開ファイルに復元することもできます。