バックアップから復元する

Edge for Private Cloud v4.19.01

コンポーネントのバックアップ時に作成したファイルから、コンポーネントを復元できます。この操作は restore コマンドで行えます。

restore コマンドは以下のことを行います。

  • 指定されたバックアップ ファイルを使用します。ファイル名が指定されていない場合は最新のバックアップ ファイルを取得します。
  • コンポーネントのデータ ディレクトリが空であることを確認します。
  • コンポーネントを停止します。コンポーネントは復元後に明示的に再起動する必要があります。

このセクションでは、restore コマンドの使用方法を説明します。

バックアップ ファイルからコンポーネントを復元するには:

  1. 次のディレクトリが空であることを確認します。
    /opt/apigee/data/component_name
        /opt/apigee/etc/component_name.d

    空でない場合は、次のようなコマンドを使用して内容を削除します。

    rm -r /opt/apigee/data/component_name
        rm -r /opt/apigee/etc/component_name.d
  2. 次のコマンドを使用して、以前の構成とデータを復元します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service component_name restore backup_file

    ここで

    • component_name は、コンポーネントの名前です。有効な値は次のとおりです。
      • apigee-cassandra(Cassandra)
      • apigee-openldap(OpenLDAP)
      • apigee-postgresql(PostgreSQL データベース)
      • apigee-qpidd(Qpidd)
      • apigee-zookeeper(ZooKeeper)
      • edge-management-server(Management Server)
      • edge-message-processor(Message Processor)
      • edge-postgres-server(Postgres Server)
      • edge-qpid-server(Qpid Server)
      • edge-router(Edge Router)
      • edge-ui(Edge UI)
    • backup_file は、コンポーネントのバックアップ時に作成したファイルの名前です。この値にはパスは含まれませんが、「backup-」の接頭辞とファイル拡張子は含まれます。たとえば、backup-2019.03.17,14.40.41.tar.gz のようになります。

    例:

    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-cassandra restore backup-2019.03.17,14.40.41.tar.gz

    backup_file の指定は任意です。省略した場合、Apigee では /opt/apigee/backup/component_name にある最新のファイルを使用します。

    restore コマンドは、バックアップされた構成を再適用し、バックアップが行われた時点のデータを復元します。

  3. 次の例に示すように、コンポーネントを再起動します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service component_name start