組織と環境のメンテナンス

Edge for Private Cloud v4.19.01

このセクションでは、たとえば Apigee Edge for Private Cloud インストール環境での Apigee 組織、環境、仮想ホストの作成、管理、削除など、さまざまな管理オペレーションについて説明します。

組織、環境、仮想ホストの概要については、プラネット、リージョン、ポッド、組織、環境、仮想ホストについてをご覧ください。

ユーザー、組織、環境のステータスを確認する

Management Server は、Edge Private Cloud のオンプレミス環境内で他のすべてのコンポーネントをまとめる上で、非常に重要な役割を果たします。Management Server でのユーザー、組織、デプロイのステータスを確認するには、次の curl コマンドを実行します。

curl -u adminEmail:admin_passwd http://localhost:8080/v1/users
    curl -u adminEmail:admin_passwd http://localhost:8080/v1/organizations
    curl -u adminEmail;:admin_passwd http://localhost:8080/v1/organizations/orgname/deployments

すべての呼び出しに対し、200 HTTP ステータスが表示されます。そうでない場合は、次の手順に従います。

  1. /opt/apigee/var/log/apigee/management-server にある Management Server ログを調べて、エラーの有無を確認します。
  2. Management Server を呼び出して、正常に機能しているかどうか確認します。
  3. Management Server を ELB から削除した上で、再起動します。
    /opt/apigee/bin/apigee-service management-server restart

構成ファイルの使用について

以下に示すコマンドは、構成ファイルを入力として取ります。たとえば、環境と仮想ホストを含め、組織のすべてのプロパティを定義するには、setup-org コマンドに構成ファイルを渡します。

完全な構成ファイルと、構成ファイル内で設定できるプロパティについては、組織のオンボーディングをご覧ください。

仮想ホストの設定について

Edge 上の仮想ホストによって、API プロキシが公開されているドメインと Edge Router のポートが定義されます。さらに、拡張機能により、アプリが API プロキシへのアクセスに使用する URL が定義されます。また、API プロキシへのアクセスに HTTP プロトコルと暗号化された HTTPS プロトコルのどちらを使用するかについても、仮想ホストによって定義されます。

仮想ホストを作成するには、以下に示すスクリプトと API 呼び出しを使用します。仮想ホストを作成するときは、以下の情報を指定する必要があります。

  • API プロキシで参照するために使用する仮想ホストの名前
  • 仮想ホストの Router 上のポート。通常、これらのポートは 9001 から始まり、新しい仮想ホストごとに 1 ずつ増加します。
  • 仮想ホストのホスト エイリアス。通常は、仮想ホストの DNS 名です。

    Edge Router は、リクエストを処理する API プロキシを決定するプロセスの一環として、受信リクエストの Host ヘッダーをホスト エイリアスのリストに照合します。リクエストが仮想ホストを介して行われた場合は、仮想ホストのホスト エイリアスと一致するドメイン名を指定するか、Router の IP アドレスと、ホスト エイリアスを格納した Host ヘッダーを指定します。

たとえば、myapis.apigee.net というホスト エイリアスを設定した仮想ホストをポート 9001 上に作成した場合、その仮想ホストを介して API に対する curl リクエストを実行するには、次のいずれかの形式を使用します。

  • myapis.apigee.net の DNS エントリがある場合:
    curl http://myapis.apigee.net:9001/proxy-base-path/resource-path
  • myapis.apigee.net の DNS エントリがない場合:
    curl http://routerIP:9001/proxy-base-path/resource-path -H 'Host: myapis.apigee.net'

    2 番目の形式では、Router の IP アドレスを指定し、ホスト エイリアスを Host ヘッダーに格納して渡します。

仮想ホストの DNS エントリがない場合のオプション

DNS エントリがない場合の 1 つのオプションとして、ホスト エイリアスを routerIP:port の形式で Router の IP アドレスと仮想ホストのポートに設定することもできます。次に例を示します。

192.168.1.31:9001

その上で、次の形式の curl コマンドを実行します。

curl http://routerIP:9001/proxy-base-path/resource-path

これは Edge UI で有効に機能するため、推奨されるオプションです。

複数の Router がある場合は、Rounter ごとにホスト エイリアスを追加して、各 Router の IP アドレスと仮想ホストのポートを指定します。

または、ホスト エイリアスを temp.hostalias.com などの値に設定することもできます。次に、それぞれのリクエストで Host ヘッダーを渡す必要があります。

curl -v http://routerIP:9001/proxy-base-path/resource-path -H 'Host: temp.hostalias.com'

または、ホスト エイリアスを /etc/hosts ファイルに追加します。たとえば、次の行を /etc/hosts に追加します。

192.168.1.31   temp.hostalias.com

すると DNS エントリがあるかのようにリクエストできます。

curl -v http://myapis.apigee.net:9001/proxy-base-path/resource-path