アナリティクス サービスの定期的なメンテナンス タスク

Edge for Private Cloud v4.19.01

Apigee Analytics Services タスクの多くは、標準の Postgres ユーティリティを使用して実施できます。Analytics データベースで行う日常的なメンテナンス タスク(VACUUM を使ったデータベース再編成、インデックスの再作成、ログファイルのメンテナンスなど)は、PostgreSQL データベースで行う作業と同じです。日常的な Postgres メンテナンスについては、http://www.postgresql.org/docs/9.1/static/maintenance.html をご覧ください。

PostgreSQL データベースのメンテナンスの詳細については、http://www.postgresql.org/docs/9.1/static/maintenance.html をご覧ください。

分析データのプルーニング

Apigee リポジトリ内の分析データの量が増えていくと、必要な保存期間を過ぎたデータの「プルーニング」が必要になります。特定の組織や環境のデータをプルーニングするには、次のコマンドを実行します。

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-postgresql pg-data-purge org_name env_name number_of_days_to_retain

このコマンドは、「analytics」スキーマ内の「childfactables」テーブルに問い合わせて、どの元データ パーティションがプルーニング対象のデータの日付に対応するかを特定し、特定したテーブルを除去します。テーブルが除去されると、そのパーティションに関連する「childfactables」内のエントリが削除されます。

childfactables は日次パーティション ファクトデータです。新しいパーティションが毎日作成され、日次パーティション テーブルにデータが取り込まれます。そのため、後で古いファクトデータが不要になったときに、そのデータに対応する childfactables を削除できます。