サーバーの自動起動の設定

Edge for Private Cloud v4.19.01

Edge Private Cloud のオンプレミス インストールは、リブート時に自動的に再起動されません。次のコマンドを使用すると、任意のノードで自動起動を有効または無効にできます。

ノードのすべてのコンポーネントを有効にするとき。

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-all enable_autostart

ノードのすべてのコンポーネントを無効にするとき。

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-all disable_autostart

ノードの特定のコンポーネントの自動起動を有効または無効にするとき。

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service component_name enable_autostart
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service component_name disable_autostart

ここで、component_name はコンポーネントを表します。有効な値は次のとおりです。

  • apigee-cassandra(Cassandra)
  • apigee-openldap(OpenLDAP)
  • apigee-postgresql(PostgreSQL データベース)
  • apigee-qpidd(Qpidd)
  • apigee-zookeeper(ZooKeeper)
  • edge-management-server(Management Server)
  • edge-message-processor(Message Processor)
  • edge-postgres-server(Postgres Server)
  • edge-qpid-server(Qpid Server)
  • edge-router(Edge Router)
  • edge-ui(Edge UI)

スクリプトは、実行するノードだけに影響します。すべてのノードに自動起動を構成する場合は、すべてのノードでスクリプトを実行します。

コンポーネントの起動順序は非常に重要であるため注意してください。

  1. 最初に、ZooKeeper、Cassandra、LDAP(OpenLDAP)を起動します。

    ZooKeeper と Cassandra をクラスタとしてインストールする場合、他の Apigee コンポーネントを起動する前に、クラスタが完全に稼働している必要があります。

  2. 次に、任意の Apigee コンポーネント(Management Server、Router、UI など)を起動します。Postgres Server の場合は、まず postgresql を起動し、Qpid Server の場合は、まず qpidd を起動します。

影響:

  • Apigee Edge 環境を完全に再起動するには、ZooKeeper と Cassandra を持つノードを他のノードの前に完全に起動する必要があります。
  • 1 つ以上の ZooKeeper と Cassandra ノードで他の Apigee コンポーネントを実行している場合は、自動起動の使用は推奨されません。代わりに、Apigee Edge の起動、停止、再起動、ステータスの確認に記載の順序でコンポーネントを起動します。

自動起動のトラブルシューティング

自動起動を構成しても、Edge で OpenLDAP サーバー起動の際に問題が発生した場合は、SELinux を無効にするか、すべてのノードで許可モードに設定してみてください。SELinux を構成するには、次のようにします。

  1. /etc/sysconfig/selinux ファイルを編集します。
    sudo vi /etc/sysconfig/selinux
  2. SELINUX=disabled または SELINUX=permissive を設定します。
  3. 編集内容を保存します。
  4. マシンを再起動してから Edge を再起動します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-all restart