ポータルの起動、停止、再起動

Edge for Private Cloud v4.19.01

Apigee Developer Services ポータル(略して「ポータル」)のコンポーネントを起動、停止、再起動するには、次の apigee-service コマンドを使用します。

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service component_name [ stop | start | restart ]

component_name は、次のいずれかにできます。

  • apigee-drupal-devportal
  • apigee-drupal-contrib
  • apigee-drupal
  • apigee-drush
  • apigee-php

次のスクリプトでは、スクリプトが実行されるシステムで実行するように構成された Apigee コンポーネントが検出され、検出されたコンポーネントのみをそのノードに対して正しい順序で起動または停止します。

  • すべての Apigee コンポーネントを停止する場合:
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-all stop
  • すべての Apigee コンポーネントを起動する場合:
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-all start
  • 実行中のコンポーネントを確認する場合:
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-all status