Edge apigee-setup ユーティリティのインストール

ノードに Edge をインストールするには、まず Edge apigee-setup ユーティリティをインストールします。ノードがインターネットで外部と接続されない環境の場合は、Apigee リポジトリのローカルコピーもインストールする必要があります。

デフォルトのインストール ディレクトリ: /opt/apigee

Edge のファイルはすべて /opt/apigee ディレクトリにインストールされます。このディレクトリは変更できません。ただし、必要であれば、/opt/apigee を別の場所にマッピングするシンボリック リンクを作成できます。詳細については、インストール要件をご覧ください。

前提条件: SELinux を無効にする

Edge apigee-setup ユーティリティまたはいずれかの Edge コンポーネントをインストールする前に、SELinux を無効にするか、permissive モードに設定する必要があります。必要に応じて、Edge のインストール後に SELinux を再度有効にします。

  • 一時的に SELinux を permissive モードに設定するには、次のコマンドを実行します。
    1. Linux 6.x オペレーティング システムの場合:
      sudo echo 0 > /selinux/enforce

      Edge のインストール後、SELinux を再度有効にするには、次のようにします。

      sudo echo 1 > /selinux/enforce
    2. Linux 7.x オペレーティング システムの場合:
      sudo setenforce 0

      Edge のインストール後、SELinux を再度有効にするには、次のようにします。

      sudo setenforce 1
  • 永続的に SELinux を無効にするか、または permissive モードに設定するには:
    1. /etc/sysconfig/selinux をエディタで開きます。
    2. SELINUX=disabled または SELINUX=permissive を設定します。
    3. 編集内容を保存します。
    4. ノードを再起動します。
    5. 必要であれば、Edge のインストール後に上記の手順を繰り返して SELINUX=enabled を設定することで、SELinux を再度有効にします。

前提条件: EPEL リポジトリを有効にする

Edge をインストール / 更新する、またはローカル リポジトリを作成するには、Extra Packages for Enterprise Linux(EPEL)を有効にする必要があります。使用するコマンドは、RedHat または CentOS のバージョンによって異なります。

  • Red Hat Enterprise Linux(RHEL)8.0 の場合は、RHEL 8 の前提条件をご覧ください。

  • Red Hat / CentOS / Oracle 7.x の場合:
    wget https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm
    sudo rpm -ivh epel-release-latest-7.noarch.rpm
  • Red Hat / CentOS / Oracle 6.x の場合:
    wget https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-6.noarch.rpm
    sudo rpm -ivh epel-release-latest-6.noarch.rpm
  • AWS-2 の場合:
    sudo amazon-linux-extras install epel -y
    sudo yum-config-manager --enable epel

前提条件: RedHat 7.4 および CentOS 7.4 の libdb4 ライブラリのバージョンを確認する

RedHat 7.4 および CentOS 7.4 では、インストールの前に libdb4 RPM のバージョンを確認します。Edge に必要なバージョンは 4.8 ですが、RedHat 7.4 および CentOS 7.4 の一部では 4.8 より後のバージョンがインストールされている場合があります。4.8 より後のバージョンになっている場合は、アンインストールすれば、Edge インストーラがバージョン 4.8 をインストールします。

バージョンの確認には、次のコマンドを使用します。

rpm -qa | grep libdb4

libdb4 RPM のバージョンが 4.8 より後の場合はそれをアンインストールします。

RHEL 8 の前提条件

Red Hat Enterprise Linux(RHEL)8 を実行するサーバーに Edge をインストールする場合は、インストールの前に次の手順を行います。

  1. Extra Packages for Enterprise Linux(EPEL)を有効にします。
    sudo dnf install https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-8.noarch.rpm
  2. Postgres と Nginx を無効にします。
    sudo dnf module disable postgresql
    sudo dnf module disable nginx
  3. Python 2 をインストールし、シンボリック リンクを作成します。
    sudo dnf install -y python2
    sudo ln -s /usr/bin/python2 /usr/bin/python

外部インターネット接続があるノードに Edge apigee-setup ユーティリティをインストールする

外部インターネット接続があるノードに Edge をインストールするには:

  1. Apigee リポジトリへのアクセスに使用する Apigee のユーザー名とパスワードを取得します。Apigee の FTP サイト用の username:password がすでにある場合は、その認証情報を使用できます。
  2. root としてノードにログインし、Edge RPM をインストールします。
  3. yum-utilsyum-plugin-priorities をインストールします。
    sudo yum install yum-utils
    sudo yum install yum-plugin-priorities
  4. SELinux を無効にします
  5. EPEL リポジトリを有効にします
  6. libdb4 のバージョンを確認します
  7. RHEL 8 にインストールする場合は、RHEL 8 の前提条件の手順を行ってください。
  8. Oracle 7.x にインストールする場合は、次のコマンドを実行します。
    sudo yum-config-manager --enable ol7_optional_latest
  9. AWS にインストールする場合は、次の yum-configure-manager コマンドを実行します。
    yum update rh-amazon-rhui-client.noarch
    sudo yum-config-manager --enable rhui-REGION-rhel-server-extras rhui-REGION-rhel-server-optional
  10. Edge bootstrap_4.51.00.sh ファイルを /tmp/bootstrap_4.51.00.sh にダウンロードします。
    curl https://software.apigee.com/bootstrap_4.51.00.sh -o /tmp/bootstrap_4.51.00.sh
  11. Edge apigee-service ユーティリティと依存関係をインストールします。
    sudo bash /tmp/bootstrap_4.51.00.sh apigeeuser=uName apigeepassword=pWord

    ここで、uName:pWord は Apigee から取得したユーザー名とパスワードです。pWord を省略すると、パスワードの入力を求められます。

    デフォルトでは、インストーラが Java 1.8 の有無を確認します。インストールされていない場合は自動的にインストールされます。JAVA_FIX オプションを使用して、Java インストールの処理方法を指定できます。JAVA_FIX の有効な値は次のとおりです。

    • I: OpenJDK 1.8 をインストール(デフォルト)
    • C: Java をインストールせずに続行
    • Q: 停止。この場合、Java を自身でインストールする必要があります。

    apigee-service ユーティリティをインストールすると、/etc/yum.repos.d/apigee.repo ファイルが作成されます。このファイルで Apigee リポジトリが定義されます。定義ファイルを表示するには、次のコマンドを使用します。

    cat /etc/yum.repos.d/apigee.repo

    リポジトリの内容を表示するには、次のコマンドを使用します。

    sudo yum -v repolist 'apigee*'
  12. apigee-service を使用して apigee-setup ユーティリティをインストールします。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-setup install
  13. apigee-setup を使用して、ノードに Edge コンポーネントをインストールして構成します。詳細については、ノードに Edge コンポーネントをインストールするをご覧ください。

トラブルシューティング

外部インターネット接続があるノードにインストールしようとすると、次のエラーが 1 つ以上発生することがあります。

Cannot open: https:// : @ software.apigee.com//apigee-repo-version.rpm

bootstrap.sh: Error: Repo configuration failed

error: package package_name is not installed

次の表に、これらのエラーの解決策を示します。

エラーの種類 考えられる解決策
パスワードに無効な文字が含まれている Apigee パスワードには特殊文字を使用しないでください。
接続に関する問題

次の ncat コマンドを実行して、ネットワーク接続をテストします。


nc -v software.apigee.com 443

次のようなメッセージが表示されることを確認します。


Connection to software.apigee.com 443 port [tcp/https] succeeded!

nc がインストールされていない場合は、次の telnet コマンドを実行します。


telnet software.apigee.com 443

コマンドが正常に実行されたら、Ctrl+C キーを押して、開いた接続を中止することができます。

いずれかのコマンドが失敗した場合、ネットワーク接続が制限されているか、ネットワークに接続できないことを意味します。ネットワーク管理者に確認してください。

認証情報が誤っている

ユーザー名とパスワードが正しいことを確認します。

たとえば、Apigee のユーザー名とパスワードで次のコマンドを使用するとエラーが発生するかどうかを確認します。


curl -i -u username:password https://software.apigee.com/apigee-repo.rpm
プロキシに関する問題 ローカル構成では下り(外向き)HTTP プロキシが使用されていますが、同じ構成をまだ yum パッケージ マネージャーに拡張していません。次のように環境変数を確認します。

echo $http_proxy
echo $https_proxy

下り(外向き)HTTP プロキシには、次のいずれかのオプションを使用してください。

  • /etc/yum.conf で HTTP プロキシ構成を追加する
  • /etc/environment でグローバル HTTP プロキシ構成を追加する

外部インターネット接続がないノードに Edge apigee-setup ユーティリティをインストールする

Edge ノードがファイアウォールの背後にあるか、インターネットへのアクセスが禁止されている場合は、インストール中に必要となるファイルを含む複数のリポジトリつまりミラーを作成する必要があります。これらのミラーはすべてのノードからアクセス可能である必要があります。ミラーをローカルに作成した後は、Edge のインストールの際に各ノードがそれらにアクセスできます。

インターネット接続のないノードでの Apigee Edge インストール プロセスでは、次のローカル リポジトリにアクセスできる必要があります。

ローカルに Apigee リポジトリを作成する

Apigee の内部リポジトリを作成するには、1 つのノードで外部インターネット接続を可能にして、Edge RPM と依存関係をダウンロードできるようにする必要があります。内部リポジトリを作成した後は、インストールに使用できるよう、そのリポジトリを別のノードに移動することも、そのノードを Edge ノードからアクセス可能にすることもできます。

ローカルに Agigee リポジトリを作成した場合、後日、最新の Edge リリース ファイルで更新する必要が生じることがあります。以降のセクションでは、ローカルに Apigee リポジトリを作成して更新する方法を説明します。

ローカルに Apigee リポジトリを作成するには:

  1. Apigee リポジトリへのアクセスに使用する Apigee のユーザー名とパスワードを取得します。Apigee の FTP サイト用のユーザー名とパスワードがすでにある場合は、その認証情報を使用できます。
  2. ノードに root としてログインし、Edge RPM をインストールします。
  3. 上記の手順に従って、SELinux を無効にします。
  4. Edge bootstrap_4.51.00.sh ファイルを /tmp/bootstrap_4.51.00.sh にダウンロードします。
    curl https://software.apigee.com/bootstrap_4.51.00.sh -o /tmp/bootstrap_4.51.00.sh
  5. Edge apigee-service ユーティリティと依存関係をインストールします。
    sudo bash /tmp/bootstrap_4.51.00.sh apigeeuser=uName apigeepassword=pWord

    ここで、uName:pWord は Apigee から取得したユーザー名とパスワードです。pWord を省略すると、パスワードの入力を求められます。

  6. ノードに apigee-mirror ユーティリティをインストールします。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-mirror install
  7. apigee-mirror ユーティリティを使用して、Apigee リポジトリを /opt/apigee/data/apigee-mirror/repos/ ディレクトリに同期させます。

    リポジトリのサイズを最小限に抑えるには、--only-new-rpms を指定して最新の RPM だけをダウンロードします。このダウンロードに必要なディスク容量は約 1.6 GB です。

    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-mirror sync --only-new-rpms

    古い RPM を含むリポジトリ全体をダウンロードする場合は、--only-new-rpms を省略します。リポジトリ全体のダウンロードに必要なディスク容量は約 6 GB です。

    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-mirror sync

    これで、Apigee リポジトリのローカルコピーが作成されました。次のセクションでは、このローカル リポジトリから Edge apigee-setup ユーティリティをインストールする方法を説明します。

  8. (省略可)ローカル リポジトリから、そのリポジトリをホストしている同じノードに Edge をインストールする場合は、最初に次のコマンドを実行する必要があります。
    1. ローカル リポジトリから bootstrap_4.51.00.sh を実行して apigee-service ユーティリティをインストールします。
      sudo bash /opt/apigee/data/apigee-mirror/repos/bootstrap_4.51.00.sh apigeeprotocol="file://" apigeerepobasepath=/opt/apigee/data/apigee-mirror/repos
    2. apigee-service を使用して apigee-setup ユーティリティをインストールします。
      /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-setup install
    3. apigee-setup を使用して、ノードに Edge コンポーネントをインストールして構成します。詳細については、ノードに Edge コンポーネントをインストールするをご覧ください。

ローカル リポジトリからリモートノードに apigee-setup をインストールする

ローカル リポジトリから Edge をインストールするには、2 つの方法があります。次のいずれかの方法を使用できます。

  • リポジトリの .tar ファイルを作成してノードにコピーし、その .tar ファイルから Edge をインストールします。
  • ローカル リポジトリを持つノードにウェブサーバーをインストールし、他のノードからアクセスできるようにします。Apigee から提供されているウェブサーバーは Nginx ですが、他のウェブサーバーを使用してもかまいません。

.tar ファイルからインストールする

.tar ファイルからインストールするには:

  1. ローカル リポジトリが存在するノードで次のコマンドを使用し、ローカル リポジトリを /opt/apigee/data/apigee-mirror/apigee-4.51.00.tar.gz という名前の単一の .tar ファイルにパッケージ化します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-mirror package
  2. Edge をインストールするノードに .tar ファイルをコピーします。たとえば、新しいノードの /tmp ディレクトリにコピーします。
  3. 新しいノードで、上記の手順に従って SELinux を無効にします。
  4. 新しいノードで、ローカルの Yum ユーティリティ リポジトリと EPEL リポジトリにアクセスできることを確認します。
  5. すべての外部インターネット リポジトリが無効になっていることを再確認します(インターネット アクセスのないマシンにインストールしているので、無効なはずです)。
    sudo yum repolist

    外部リポジトリがすべて無効になっていて、ローカルの Apigee リポジトリと内部リポジトリは有効になっている必要があります。

  6. 新しいノードで、ローカル リポジトリから yum-utilsyum-plugin-priorities をインストールします。
    sudo yum install yum-utils
    sudo yum install yum-plugin-priorities

    事前にオペレーション チームまたは組織内の他のグループが、Yum ツールをインストールできるようにローカル リポジトリをセットアップしておく必要があります。

  7. 新しいノードで、上記の説明に従って libdb4 のバージョンを確認します。
  8. Oracle 7.x にインストールする場合は、次のコマンドを実行します。
    sudo yum-config-manager --enable ol7_optional_latest
  9. AWS にインストールする場合は、次の yum-configure-manager コマンドを実行します。
    sudo yum-config-manager --enable rhui-REGION-rhel-server-extras rhui-REGION-rhel-server-optional
  10. 新しいノードで、.tar ファイルを /tmp ディレクトリに解凍します。
    tar -xzf apigee-4.51.00.tar.gz

    このコマンドにより、.tar ファイルが存在するディレクトリに repos という新しいディレクトリが作成されます。たとえば、/tmp/repos. です。

  11. /tmp/repos から Edge apigee-service ユーティリティと依存関係をインストールします。
    sudo bash /tmp/repos/bootstrap_4.51.00.sh apigeeprotocol="file://" apigeerepobasepath=/tmp/repos

    コマンドに repos ディレクトリへのパスを含める点に注意してください。

  12. apigee-service を使用して apigee-setup ユーティリティをインストールします。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-setup install
  13. apigee-setup を使用して、ノードに Edge コンポーネントをインストールして構成します。詳細については、ノードに Edge コンポーネントをインストールするをご覧ください。

Nginx ウェブサーバーを使用してリポジトリからインストールする

Nginx ウェブサーバーを使用してリポジトリからインストールするには:

  1. リポジトリが存在するノードに Nginx ウェブサーバーをインストールします。
    opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-mirror nginxconfig
  2. デフォルトで、Nginx は localhost というサーバー名とポート 3939 を使用するように構成されます。この値を変更するには、次の手順に従います。
    1. /opt/apigee/customer/application/mirror.properties をエディタで開きます。このファイルが存在しない場合は作成します。
    2. 次の値を必要に応じて設定します。
      conf_apigee_mirror_listen_port=3939
      conf_apigee_mirror_server_name=localhost
    3. Nginx を再起動します。
      /opt/nginx/scripts/apigee-nginx restart
  3. デフォルトでは、リポジトリに admin:admin のユーザー名とパスワードが必要です。この認証情報を変更するには、次の環境変数を設定します。
    MIRROR_USERNAME=uName
    MIRROR_PASSWORD=pWord
  4. 新しいノードで、yum-utilsyum-plugin-priorities を次のようにインストールします。
    sudo yum install yum-utils
    sudo yum install yum-plugin-priorities
  5. 新しいノードで、上記の手順に従って SELinux を無効にします。
  6. 新しいノードで、ローカルの EPEL リポジトリが有効になっていることを確認します。
  7. 新しいノードで、上記の説明に従って libdb4 のバージョンを確認します。
  8. リモートノードで、Edge bootstrap_4.51.00.sh ファイルを /tmp/bootstrap_4.51.00.sh にダウンロードします。
    curl http://uName:pWord@remoteRepo:3939/bootstrap_4.51.00.sh -o /tmp/bootstrap_4.51.00.sh

    ここで、uName:pWord は上記でリポジトリに設定したユーザー名とパスワード、remoteRepo はリポジトリ ノードの IP アドレスまたは DNS 名です。

  9. リモートノードで、Edge apigee-service ユーティリティと依存関係をインストールします。
    sudo bash /tmp/bootstrap_4.51.00.sh apigeerepohost=remoteRepo:3939 apigeeuser=uName apigeepassword=pWord apigeeprotocol=http://

    ここで、uName:pWord はリポジトリのユーザー名とパスワードです。

  10. リモートノードで、apigee-service を使用して apigee-setup ユーティリティをインストールします。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-setup install
  11. apigee-setup を使用して、リモートノードに Edge コンポーネントをインストールして構成します。詳細については、ノードに Edge コンポーネントをインストールするをご覧ください。

ローカルの Apigee リポジトリを更新する

リポジトリを更新するには、最新の bootstrap_4.51.00.sh ファイルをダウンロードしてから、新しい同期を実行する必要があります。

リポジトリを更新するには:

  1. Edge bootstrap_4.51.00.sh ファイルを /tmp/bootstrap_4.51.00.sh にダウンロードします。
    curl https://software.apigee.com/bootstrap_4.51.00.sh -o /tmp/bootstrap_4.51.00.sh
  2. Edge bootstrap_4.51.00.sh ファイルを実行します。
    sudo bash/tmp/bootstrap_4.51.00.sh apigeeuser=uName apigeepassword=pWord

    ここで、uName:pWord は Apigee から取得したユーザー名とパスワードです。pWord を省略すると、パスワードの入力を求められます。

  3. apigee-mirror を更新します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-mirror update
  4. 同期を行います。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-mirror sync --only-new-rpms
  5. リポジトリ全体を同期させる場合は、次のようにします。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-mirror sync

ローカルの Apigee リポジトリをクリーニングする

ローカル リポジトリをクリーニングすると、/opt/apigee/data/apigee-mirror と /var/tmp/yum-apigee-* が削除されます。

ローカル リポジトリをクリーニングするには、次のコマンドを使用します。

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-mirror clean

4.51.00 リポジトリで Edge 4.16.0x / 4.17.0x を追加または更新する

4.51.00 リポジトリで Edge 4.16.0x または 4.17.0x のインストールを維持する必要がある場合は、すべてのバージョンを含むリポジトリを保持できます。その後、そのリポジトリから任意のバージョンの Edge をインストールできます。

4.51.00 リポジトリに 4.16.0x / 4.17.0x を追加するには:

  1. apigee-mirror ユーティリティのバージョン 4.51.00 がインストールされていることを次のように確認します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-mirror version

    次のような結果が表示されます。ここで、xyz はビルド番号を示します。

    apigee-mirror-4.51.00-0.0.xyz
  2. apigee-mirror ユーティリティを使用して、Edge 4.16.0x または 4.17.0x をリポジトリにダウンロードします。コマンドの前に目的のバージョンを入力することに注意してください。
    apigeereleasever=4.17.01 /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-mirror sync --only-new-rpms

    後で 4.16.0x / 4.17.0x リポジトリを更新する場合にも、必要なバージョン番号を指定して同じコマンドを実行します。

  3. /opt/apigee/data/apigee-mirror/repos ディレクトリのファイル構造を調べます。
    ls /opt/apigee/data/apigee-mirror/repos

    次のファイルとディレクトリが表示されます。

    apigee
    apigee-repo-1.0-6.x86_64.rpm
    bootstrap_4.16.01.sh
    bootstrap_4.16.05.sh
    bootstrap_4.17.01.sh
    bootstrap_4.17.05.sh
    bootstrap_4.17.09.sh
    bootstrap_4.18.01.sh
    bootstrap_4.18.05.sh
    bootstrap_4.19.01.sh
    thirdparty

    Edge の全バージョン用の bootstrap ファイルがあることを確認できます。apigee ディレクトリには、Edge の各バージョンに対応する個別のディレクトリもあります。

  4. リポジトリを .tar ファイルにパッケージ化するには、次のコマンドを使用します。
    apigeereleasever=4.17.01 /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-mirror package

    このコマンドにより、すべての 4.17.0x リポジトリと 4.16.0x リポジトリが同じ .tar ファイルにパッケージ化されます。リポジトリの一部分だけをパッケージ化することはできません。

ローカル リポジトリまたは .tar ファイルから Edge をインストールする場合は、次のいずれかのコマンドを使用して、必ず正しい bootstrap ファイルを実行してください。この例では Edge 4.17.01 をインストールしています。

  • .tar ファイルからインストールする場合は、次のようにして、リポジトリから正しい bootstrap ファイルを実行します。
    sudo bash /tmp/repos/bootstrap_4.17.01.sh apigeeprotocol="file://" apigeerepobasepath=/tmp/repos

    インストールを完了させるには、上記の「.tar ファイルからインストールする」の残りの手順に従ってください。

  • Nginx ウェブサーバーを使用してインストールする場合は、次のようにして、リポジトリから正しい bootstrap ファイルをダウンロードしてインストールします。
    /usr/bin/curl http://uName:pWord@remoteRepo:3939/bootstrap_4.17.01.sh -o /tmp/bootstrap_4.17.01.sh
    sudo bash /tmp/bootstrap_4.17.01.sh apigeerepohost=remoteRepo:3939 apigeeuser=uName apigeepassword=pWord apigeeprotocol=http://

    インストールを完了させるには、上記の「Nginx ウェブサーバーを使用してリポジトリからインストールする」の残りの手順に従ってください。