Edge のアンインストール

Edge for Private Cloud v4.19.01

個々のコンポーネントまたはすべてのコンポーネントをアンインストールする、またはシステムから Edge を完全に削除することもできます。さらに、アップグレードした Edge をロールバックできます。

個々のコンポーネントのアンインストール

コンポーネントをアンインストールするには、apigee-service ユーティリティを次の形式で使用します。

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service component_name uninstall

component_name はアンインストールするコンポーネントを表します。component_name の有効な値は次のとおりです。

  • apigee-cassandra(Cassandra)
  • apigee-openldap(OpenLDAP)
  • apigee-postgresql(PostgreSQL データベース)
  • apigee-qpidd(Qpidd)
  • apigee-zookeeper(ZooKeeper)
  • edge-management-server(Management Server)
  • edge-message-processor(Message Processor)
  • edge-postgres-server(Postgres Server)
  • edge-qpid-server(Qpid Server)
  • edge-router(Edge Router)
  • edge-ui(Edge UI)

これらのコンポーネントに加えて、apigee-provision コンポーネントと apigee-validate コンポーネントもアンインストールできます。

たとえば、次のコマンドで Edge UI をアンインストールします。

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service edge-ui uninstall

このコマンドでは、データまたはログファイルは削除されません。コンポーネントを削除するだけです。

すべてのコンポーネントのアンインストール

ノードのすべての Apigee コンポーネントをアンインストールするには、apigee-service ユーティリティをアンインストールします。

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-service uninstall

このコマンドでは、データまたはログファイルは削除されません。コンポーネントを削除するだけです。

Edge の削除

システムから Edge を完全に削除するには、次のようにします。

  1. マシン上で稼働しているすべての Edge サービスを停止させます。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-all stop
  2. yum のキャッシュを消去します。
    sudo yum clean all
  3. Apigee RPM をすべて削除します。
    sudo rpm -e $(rpm -qa | egrep "(apigee-|edge-)")
  4. インストール ルート ディレクトリを削除します。
    sudo rm -rf /opt/apigee
  5. Nginx ディレクトリを削除します。
    sudo rm -rf /opt/nginx