新しい分析グループの追加

Edge for Private Cloud をインストールするとき、デフォルトで「axgroup-001」という名前の単一の分析グループが作成されます。インストール時に分析グループのデフォルトの名前を変更するには、インストール構成ファイルに AXGROUP プロパティを含めます。

# Specify the analytics group.
# AXGROUP=axgroup-001          # Default name is axgroup-001.

詳細については、ノードに Edge コンポーネントをインストールするをご覧ください。

後で新しい分析グループを追加する場合:

  1. 新しい分析グループを作成して構成します。
    1. axgroupNew という名前の分析グループを作成します。
      curl -u sysAdminEmail:passWord -H "Content-Type: application/json"
        -X POST 'https://MS_IP:8080/v1/analytics/groups/ax/axgroupNew'
    2. consumer-group-new という名前のコンシューマ グループを新しい分析グループに追加します。コンシューマ グループ名は、各分析グループのコンテキスト内で一意です。
      curl -u sysAdminEmail:passWord -X POST -H 'Accept:application/json'
        -H 'Content-Type:application/json'
        "https://MS_IP:8080/v1/analytics/groups/ax/axgroupNew/consumer-groups?name=consumer-group-new"
    3. 分析グループのコンシューマ タイプを「ax」に設定します。
      curl -u sysAdminEmail:passWord -X POST -H "Content-Type:application/json"
        "https://MS_IP:8080/v1/analytics/groups/ax/axgroupNew/properties?propName=consumer-type&propValue=ax"
    4. データセンター名を追加します。Edge のインストール時には、デフォルトで「dc-1」というデータセンター名が使用されます。ただし、複数のデータセンターがある場合は、それぞれに一意の名前を付けます。このステップはデータセンターが 1 つだけの場合は省略可能ですが、複数のデータセンターがある場合は実施することをおすすめします。
      curl -u sysAdminEmail:passWord -X POST -H "Content-Type:application/json"
        "https://MS_IP:8080/v1/analytics/groups/ax/axgroupNew/properties?propName=region&propValue=dc-1"
  2. Postgres サーバーの UUID を新しい分析グループに追加します。2 台の Postgres サーバーをマスター / スタンバイのペアとして構成している場合は、両方のサーバーを UUID のカンマ区切りのリストとして指定します。
    1. Postgres サーバーの UUID を取得するには、すべての Postgres サーバーノードで次の cURL コマンドを実行します。
      curl -u sysAdminEmail:passWord https://PG_IP:8084/v1/servers/self
    2. 単一の Postgres サーバーしかない場合は、そのサーバーを分析グループに追加します。
      curl -u sysAdminEmail:passWord -H "Content-Type: application/json"
        -X POST 'https://MS_IP:8080/v1/analytics/groups/ax/axgroupNew/servers?uuid=UUID&type=postgres-server&force=true'

      複数の Postgres サーバーがマスター / スタンバイのペアとして構成されている場合は、UUID のカンマ区切りのリストを指定してそれらのサーバーを追加します。

      curl -u sysAdminEmail:passWord -H "Content-Type: application/json"
        -X POST 'https://MS_IP:8080/v1/analytics/groups/ax/axgroupNew/servers?uuid=UUID_Master,UUID_standby&type=postgres-server&force=true'

      このコマンドは分析グループに関する情報を返します。Postgres サーバーの UUID は uuids の下の postgres-server プロパティに示されています。

      {
        "name" : "axgroupNew",
        "properties" : {
          "region" : "dc-1",
          "consumer-type" : "ax"
        },
        "scopes" : [ ],
        "uuids" : {
          "qpid-server" : [ ],
          "postgres-server" : [ "2cb7211f-eca3-4eaf-9146-66363684e220" ]
        },
        "consumer-groups" : [ {
          "name" : "consumer-group-new",
          "consumers" : [ ],
          "datastores" : [ ],
          "properties" : {
          }
        } ],
        "data-processors" : {
        }
      }
    3. Postgres サーバーをコンシューマ グループのデータストアに追加します。この呼び出しは、Qpid サーバーから Postgres サーバーに分析メッセージを転送するために必要です。
      curl -u sysAdminEmail:passWord -X POST -H 'Accept:application/json'
        -H 'Content-Type:application/json'
        "https://MS_IP:8080/v1/analytics/groups/ax/axgroupNew/consumer-groups/consumer-group-new/datastores?uuid=UUID"

      複数の Postgres サーバーがマスター / スタンバイのペアとして構成されている場合は、UUID のカンマ区切りのリストを指定してそれらのサーバーを追加します。

      curl -u sysAdminEmail:passWord -X POST -H 'Accept:application/json'
        -H 'Content-Type:application/json'
        "https://MS_IP:8080/v1/analytics/groups/ax/axgroupNew/consumer-groups/consumer-group-new/datastores?uuid=UUID_Master,UUID_standby"

      出力結果を見ると、consumer-groupsdatastores プロパティに UUID が示されています。

  3. すべての Qpid サーバーの UUID を新しい分析グループに追加します。この手順はすべての Qpid サーバーで行う必要があります。
    1. Qpid サーバーの UUID を取得するには、すべての Qpid サーバーノードで次の cURL コマンドを実行します。
      curl -u sysAdminEmail:passWord https://QP_IP:8083/v1/servers/self
    2. 分析グループに Qpid サーバーを追加します。
      curl  -u sysAdminEmail:passWord -H "Content-Type: application/json"
        -X POST 'https://MS_IP:8080/v1/analytics/groups/ax/axgroupNew/servers?uuid=UUID&type=qpid-server'
    3. コンシューマ グループに Qpid サーバーを追加します。
      curl  -u sysAdminEmail:passWord -X POST -H 'Accept:application/json'
        -H 'Content-Type:application/json'
        "https://MS_IP:8080/v1/analytics/groups/ax/axgroupNew/consumer-groups/consumer-group-new/consumers?uuid=UUID"

      このコマンドは次のような情報を返します。Qpid サーバーの UUID が uuids の下の qpid-server プロパティと consumer-groups の下の consumers プロパティに追加されたことがわかります。

      {
        "name" : "axgroupNew",
        "properties" : {
          "region" : "dc-1",
          "consumer-type" : "ax"
        },
        "scopes" : [ ],
        "uuids" : {
            "qpid-server" : [ "fb6455c3-f5ce-433a-b98a-bdd016acd5af" ],
            "postgres-server" : [ "2cb7211f-eca3-4eaf-9146-66363684e220" ]
        },
        "consumer-groups" : [ {
          "name" : "consumer-group-new",
          "consumers" : [ "fb6455c3-f5ce-433a-b98a-bdd016acd5af" ],
          "datastores" : [ "2cb7211f-eca3-4eaf-9146-66363684e220" ],
          "properties" : {
          }
        } ],
        "data-processors" : {
        }
      }
  4. 新しい AX グループの組織と環境をプロビジョニングします。
    curl -u sysAdminEmail:passWord -H "Content-Type: application/json"
      -X POST "https://MS_IP:8080/v1/analytics/groups/ax/axgroupNew/scopes?org=org_name&env=env_name"