Edge UI のパスワードを自動生成する

Edge for Private Cloud v4.18.05

Edge UI では、新規ユーザーのパスワードが自動的に生成されます。すると、通常はユーザーにメールが送られ、自動生成されたパスワードを変更できます。

デフォルトで、Edge UI は、Edge Management Server で定義したデフォルトのパスワード ルールに沿ったパスワードを自動生成します。このルールでは、パスワードは 8 文字以上で、最低でも特殊文字を 1 つと大文字を 1 つ含まなければなりません。Edge のパスワード ルールを構成する方法については、Edge のパスワードをリセットするをご覧ください。

Management Server のパスワード ルールをより厳格にすることもできます。たとえば、最低文字数を 10 文字に増やす、必要な特殊文字を複数にするなどです。Management Server のルールを変更すると、Edge UI も新しいルールに従ってパスワードを自動生成するように変更する必要があります。

Edge UI では、以下の 4 つのプロパティで自動生成するパスワード ルールを定義します。

conf_apigee-base_apigee.forgotPassword.underscore.minimum="1"
    conf_apigee-base_apigee.forgotPassword.specialchars.minimum="1"
    conf_apigee-base_apigee.forgotPassword.lowecase.minimum="1"
    conf_apigee-base_apigee.forgotPassword.uppercase.minimum="1"
    

上記のプロパティは、以下の手順で設定します。

  1. 次のように、エディタで ui.properties ファイルを開きます。ファイルが存在しない場合は作成します。
    vi /opt/apigee/customer/application/ui.properties
  2. 次のように、プロパティを設定します。
    conf_apigee-base_apigee.forgotPassword.underscore.minimum="2"
        conf_apigee-base_apigee.forgotPassword.specialchars.minimum="3"
        conf_apigee-base_apigee.forgotPassword.lowecase.minimum="2"
        conf_apigee-base_apigee.forgotPassword.uppercase.minimum="2"
  3. 変更を保存します。
  4. プロパティ ファイルのオーナーを「apigee」ユーザーにします。
    chown apigee:apigee /opt/apigee/customer/application/ui.properties
  5. Edge UI を再起動します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service edge-ui restart