Edge SMTP サーバーの構成

Edge for Private Cloud v4.18.05

SMTP サーバーを使用すると、Edge UI でメールを送信できます。たとえば Edge UI は、ユーザーの UI パスワード回復を支援するメールを送信できます。

インストール時に、SMTP 情報を指定できます。SMTP 情報を変更したり、インストール時に SMTP 構成を遅延する場合は、apigee-setup ユーティリティを使用して SMTP 構成を変更できます。

次の情報の一部または全部を変更できます。

  • SMTP ホスト(smtp.gmail.com など)
  • SMTP ポート(TLS / SSL を使用している場合は 465 など)
  • SMTP ユーザー名とパスワード
  • SMTP [From] のメールアドレス

SMTP 情報を更新するには、次のようにします。

  1. Edge のインストールに使用した構成ファイルを編集するか、次の情報を含む新しい構成ファイルを作成します。
    # Must include the sys admin password
        APIGEE_ADMINPW=sysAdminPW
        # SMTP settings
        SKIP_SMTP=n
        SMTPHOST=smtp.example.com
        SMTPUSER=smtp@example.com  # 0 for no username
        SMTPPASSWORD=smtppwd       # 0 for no password
        SMTPSSL=n
        SMTPPORT=25
        SMTPMAILFROM="My Company <myco@company.com>"
  2. すべての Edge UI ノードで apigee-setup ユーティリティを実行して、SMTP 設定を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/setup.sh -p ui -f configFile

    apigee-setup ユーティリティは Edge UI を再起動します。