Edge コンポーネントのロギングレベルの設定

Edge for Private Cloud v4.18.05

Edge コンポーネントは、デフォルトで INFO のロギングレベルを使用しますが、Edge コンポーネントごとにロギングレベルを設定することもできます。たとえば、Message Processor に DEBUG を設定し、Management Server に ERROR を設定できます。

設定可能なロギングレベルは次のとおりです。

  • ALL
  • DEBUG
  • ERROR
  • FATAL
  • INFO
  • OFF
  • TRACE
  • WARN

コンポーネントのロギングレベルを設定するには、コンポーネントのプロパティ ファイルにトークンを設定し、コンポーネントを再起動します。

  • Edge UI の場合、トークンは conf_logger_settings_application_log_levelconf_logger_settings_play_log_level です。これらに同じ値を設定します。
  • 他の Edge コンポーネントの場合、トークンは conf_system_log.level です。

Edge UI コンポーネントのロギングレベルを設定するには:

  1. エディタで /opt/apigee/customer/application/ui.properties を開きます。ファイルが存在しない場合は作成します。
  2. ui.properties の次のプロパティに必要なロギングレベルを設定します。たとえば、DEBUG に設定します。
    conf_logger_settings_application_log_level=DEBUG
        conf_logger_settings_play_log_level=DEBUG
  3. ファイルを保存します。
  4. プロパティ ファイルの所有者を apigee ユーザーにします。
    chown apigee:apigee /opt/apigee/customer/application/ui.properties
  5. Edge UI を再起動します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service edge-ui restart

Message Processor などの他のコンポーネントのロギングレベルを設定するには:

  1. エディタで /opt/apigee/customer/application/message-processor.properties を開きます。ファイルが存在しない場合は作成します。
  2. message-processor.properties の次のプロパティに必要なロギングレベルを設定します。たとえば、DEBUG に設定します。
    conf_system_log.level=DEBUG
  3. ファイルを保存します。
  4. プロパティ ファイルの所有者を apigee ユーザーにします。
    chown apigee:apigee /opt/apigee/customer/application/message-processor.properties
  5. Message Processor を再起動します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service edge-message-processor restart