インストール後

Edge のインストールが成功した後、通常はインストールの検証、設定の調整、構成のカスタマイズのためにいくつかの追加作業を行います。そのような作業を次の表にまとめます。

タスク 説明
Edge コンポーネントでコマンドを呼び出す apigee-service ユーティリティを使用して、各 Edge コンポーネントの起動、停止、再起動、ステータスの確認を行います。
Edge コンポーネントを構成する プロパティ ファイルを使用して、Edge コンポーネントのデフォルト設定を変更します。
apigee-validate を実行する テスト スクリプトを実行して、各コンポーネントのインストールに問題がないことを確認します。
whatshot JVM ヒープ設定を調整する 各ノードの Java メモリ設定を最適化します。
LDAP パスワード ポリシーを管理する デフォルトの LDAP パスワードを変更し、さまざまな認証設定を構成します。
apigee-monit をノードにインストールする ノード上のコンポーネントを監視して障害のあるコンポーネントの再起動を試みるツールをインストールし、使用します。
PostgreSQL パージジョブを設定する 分析サービスによって収集されたデータの不要な部分を削除します。
Cassandra nodetool repair を設定する すべてのノードの一貫性を確保するため、定期的に Cassandra リングのメンテナンスを行う必要があります。
自動起動を有効にする リブート時に Edge for Private Cloud が自動的に再起動するようにします。
新しい Edge UI をインストールする 新しい Edge UI は、Apigee Edge for Private Cloud のデベロッパーと管理者向けの強化されたユーザー インターフェースです。この UI をインストールすることをおすすめします。

これらは、Edge のインストール後によく行われる作業の一部にすぎません。その他の操作や管理作業については、Edge の構成方法操作をご覧ください。

Edge コンポーネントでコマンドを呼び出す

Edge インストールの管理に役立つ管理ユーティリティが /opt/apigee/apigee-service/bin にインストールされています。たとえば、apigee-all ユーティリティを使用すれば、ノード上のすべての Edge コンポーネントの起動、停止、再起動、ステータスの確認ができます。

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-all stop|start|restart|status|version

apigee-service ユーティリティは、個々のコンポーネントの制御や構成に使用します。apigee-service ユーティリティの実行形式は次のとおりです。

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service component_name action

ここで、component_name はコンポーネントを表します。このコンポーネントは、apigee-service を実行するノード上に存在する必要があります。構成に応じて、component_name には以下の値を指定できます。

  • apigee-cassandra(Cassandra)
  • apigee-openldap(OpenLDAP)
  • apigee-postgresql(PostgreSQL データベース)
  • apigee-qpidd(Qpidd)
  • apigee-zookeeper(ZooKeeper)
  • edge-management-server(Management Server)
  • edge-message-processor(Message Processor)
  • edge-postgres-server(Postgres Server)
  • edge-qpid-server(Qpid Server)
  • edge-router(Edge Router)
  • edge-ui(Edge UI)

これらのコンポーネントに加えて、構成によっては apigee-provision コンポーネントと apigee-validate コンポーネントに対しても apigee-service を呼び出すことができます。

たとえば、Edge Router を再起動するには、次のコマンドを実行します。

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service edge-router restart

ノードにインストールされているコンポーネントを確認するには、/opt/apigee ディレクトリを調べます。このディレクトリには、ノードにインストールされているすべての Edge コンポーネントのサブディレクトリがあります。各サブディレクトリには次の接頭辞が付いています。

  • apigee: Edge が使用するサードパーティ コンポーネント。例: apigee-cassandra
  • edge: Apigee 製の Edge コンポーネント。例: edge-management-server
  • edge-mint: Monetization コンポーネント。例: edge-mint-management-server

実行可能なアクションはコンポーネントによって異なりますが、次のアクションはすべてのコンポーネントでサポートされています。

  • start, stop, restart
  • status, version
  • backup, restore
  • install, uninstall

Edge コンポーネントを構成する

インストール後に Edge を構成するには、.properties ファイルと Edge ユーティリティを組み合わせて使用します。たとえば、Edge UI の TLS または SSL を構成するには、.properties ファイルを編集して必要なプロパティを設定します。.properties ファイルの変更を適用するには、対象の Edge コンポーネントを再起動する必要があります。

.properties ファイルは /opt/apigee/customer/application ディレクトリにあります。このディレクトリには、コンポーネントごとに固有の .properties ファイルが存在します。たとえば、router.propertiesmanagement-server.properties などです。

コンポーネントのプロパティを設定するには、対応する .properties ファイルを編集してから、そのコンポーネントを再起動します。

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service component restart

次に例を示します。

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service edge-router restart

Edge を更新するときは、/opt/apigee/customer/application ディレクトリにある .properties ファイルが読み取られます。つまり、そのコンポーネントに設定したプロパティは更新後も保持されます。

Edge の構成の詳細については、Edge の構成方法をご覧ください。

apigee-monit をノードにインストールする

ノードへのコンポーネントのインストールが完了した後、必要に応じて apigee-monit ユーティリティを追加できます。apigee-monit はノード上のコンポーネントを監視し、コンポーネントの障害を検知した場合はその再起動を試みます。詳細については、apigee-monit による自己回復をご覧ください。