Apigee Edge の起動、停止、再起動、確認

停止、起動の順序

サブシステムの停止順序と起動順序は重要です。同じノード上で実行される Edge コンポーネントを正しい順序で停止するスクリプトと起動するスクリプトが用意されています。

停止順序

複数のノードに Edge をインストールする場合、そのノードの Edge コンポーネントを次の停止順序で停止してください。

  1. Management Server(edge-management-server
  2. Message Processor(edge-message-processor
  3. Postgres Server(edge-postgres-server
  4. Qpid Server(edge-qpid-server
  5. Router(edge-router
  6. Edge UI(edge-ui
  7. Cassandra(apigee-cassandra
  8. OpenLDAP(apigee-openldap
  9. PostgreSQL データベース(apigee-postgresql
  10. Qpidd(apigee-qpidd
  11. ZooKeeper(apigee-zookeeper
  12. Apigee SSO(apigee-sso

起動順序

複数のノードに Edge をインストールする場合、そのノードの Edge コンポーネントを次の起動順序で起動してください。

  1. Cassandra(apigee-cassandra
  2. OpenLDAP(apigee-openldap
  3. PostgreSQL データベース(apigee-postgresql
  4. Qpidd(apigee-qpidd
  5. ZooKeeper(apigee-zookeeper
  6. Management Server(edge-management-server
  7. Message Processor(edge-message-processor
  8. Postgres Server(edge-postgres-server
  9. Qpid Server(edge-qpid-server
  10. Router(edge-router
  11. Edge UI(edge-ui
  12. Edge SSO(apigee-sso

すべてのコンポーネントの起動、停止、確認

次のスクリプトでは、スクリプトが実行されるシステムで実行するように構成された Apigee コンポーネントが検出され、検出されたコンポーネントのみをそのノードに対して正しい順序で起動または停止します。

  • すべての Apigee コンポーネントを停止する場合:
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-all stop
  • すべての Apigee コンポーネントを起動する場合:
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-all start
  • すべての Apigee コンポーネントを再起動する場合:
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-all restart
  • 実行中のコンポーネントを確認する場合:
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-all status

個々のコンポーネントの起動、停止、確認

apigee-service ツールを使用すると、特定のサーバー上の個々の Apigee コンポーネントの起動、停止、再起動、ステータスの確認を行えます。

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service component_name [start|stop|restart|status]

ここで、component_name はコンポーネントを表します。component_name の可能な値は次のとおりです(アルファベット順)。

  • apigee-cassandra(Cassandra)
  • apigee-openldap(OpenLDAP)
  • apigee-postgresql(PostgreSQL データベース)
  • apigee-qpidd(Qpidd)
  • apigee-zookeeper(ZooKeeper)
  • edge-management-server(Management Server)
  • edge-message-processor(Message Processor)
  • edge-postgres-server(Postgres Server)
  • edge-qpid-server(Qpid Server)
  • edge-router(Edge Router)
  • edge-ui(Edge UI)

たとえば、Management Server を起動、停止、または再起動するには、次のコマンドを実行します。

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service edge-management-server start
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service edge-management-server stop
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service edge-management-server restart

次のコマンドを使用して、個々の Apigee コンポーネントのステータスを確認することもできます。

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service component_name status

例:

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service edge-management-server status