Apache Zookeeper のメンテナンス タスク

4 文字コマンド

Apache ZooKeeper には、ZooKeeper のボーターノードとオブザーバー ノードの現在のステータスの判定に役立つ「4 文字コマンド」がいくつかあります。これらのコマンドを呼び出すには、nctelnet、または特定のポートにコマンドを送信する機能を持つ別のユーティリティを使用します。4 文字コマンドの詳細は、Apache ZooKeeper コマンド リファレンスをご覧ください。

古いスナップショット ファイルを削除する

Apache ZooKeeper は定期的なメンテナンスを自動的に実行し、システムへの更新が行われるたびに蓄積される古いスナップショット ファイルを削除します。/opt/apigee/apigee-zookeeper/conf/zoo.cfg の次の設定はこのプロセスを制御します。

## The number of snapshots to retain in dataDir:
    autopurge.snapRetainCount=5

    # Purge task interval in hours.
    # Set to "0" to disable auto purge feature.
    autopurge.purgeInterval=120

これらのプロパティを別の値に設定するには、次の手順に従います。

  1. /opt/apigee/customer/application/zookeeper.properties を編集して次のプロパティを設定します。ファイルが存在しない場合は作成します。
  2. zookeeper.properties で次のプロパティを設定します。
    # Set the snapshot count. In this example set it to 10:
          conf_zoo_autopurge.snapretaincount=10
    
          # Set the purge interval. In this example, set is to 240 hours:
          conf_zoo_autopurge.purgeinterval=240
  3. ファイルのオーナーが「apigee」ユーザーであることを確認します。
    chown apigee:apigee /opt/apigee/customer/application/zookeeper.properties
  4. 次のコマンドを使用して ZooKeeper を再起動します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-zookeeper restart

ログファイルのメンテナンス

Apache Zookeeper のログファイルは /opt/apigee/var/log/apache-zookeeper に保存されています。通常、ログファイルのメンテナンスは不要ですが、ZooKeeper ログの数が多すぎる場合やログのサイズが非常に大きい場合は、ZooKeeper の log4j プロパティを変更して最大ファイルサイズと最大ファイル数を設定できます。

  1. /opt/apigee/customer/application/zookeeper.properties を編集して次のプロパティを設定します。ファイルが存在しない場合は作成します。
  2. zookeeper.properties で次のプロパティを設定します。
    conf_log4j_log4j.appender.rollingfile.maxfilesize=10MB
        # max file size
        conf_log4j_log4j.appender.rollingfile.maxbackupindex=50 # max open files
  3. ファイルのオーナーが「apigee」ユーザーであることを確認します。
    chown apigee:apigee /opt/apigee/customer/application/zookeeper.properties
  4. 次のコマンドを使用して ZooKeeper を再起動します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-zookeeper restart