Apigee Adapter for Istio のコンセプト

Apigee Adapter for Istio を使用すると、Apigee API 管理で Istio を利用できます。

ドキュメント

Istio がサービスを管理

Istio は、マイクロサービスの接続、管理、保護を行うオープン プラットフォームです。Istio は、負荷分散、サービス間の認証、モニタリングなどの機能を提供します。これにより、サービスのコードを変更せずに、デプロイされたサービスのネットワークを簡単に構築できます。複数のサービスで次のような機能を利用できます。

  • トラフィック管理
  • 可観測性
  • ポリシーの適用
  • サービス ID とセキュリティ

詳しくは、Istio のドキュメントをご覧ください。

Apigee が API を管理

Apigee を使用すると、API を作成して他の開発者と共有できます。組織内の開発者に限らず、外部や未知の開発者とも API を共有できます。Apigee を使用する API チームは、異なる機能やサービスレベルを提供する API プロダクトに API を組み込むことで、このような共有が可能になります。Apigee では、API プロダクトの使用者や使用量を制御することもできます。

詳しくは、Apigee Edge のドキュメントをご覧ください。

API 管理での Istio の使用

Apigee アダプタを使用すると、Istio サービス メッシュの外部で公開されているサービスの API を Apigee で管理できるようになります。また、メッシュ内で実行されているサービス間でも API を管理できます。アダプタを使用すると、Istio サービス メッシュで実行されているサービスで、次のような Apigee API 管理機能を利用できます。

  • API の検出と文書化
  • セルフサービス API の適用
  • 利用状況の分析
  • 収益化

サービス メッシュにデプロイするサービスごとに作成したくない機能もあります。アダプタは、セキュリティ、キャッシュ保存、割り当ての適用などの機能を提供します。

また、アダプタは Apigee Edge Analytics プラットフォームにプッシュします。このデータは、Apigee Edge UI のダッシュボードで確認できます。

Apigee API 管理に Istio を使用するメリットについては、Apigee API 管理で Istio を使用するをご覧ください。

アダプタとは

Istio アーキテクチャで、アダプタMixer という Istio コンポーネントに接続するカスタム コンポーネントを意味します。Mixer には、構成可能なポリシーと制御メカニズムが用意されています。これにより、Istio サービス メッシュを通過するトラフィック フローにルールを適用できます。Mixer は通常、ロギング、モニタリング、割り当て、ACL チェックなどのコア機能を提供する異なるインフラストラクチャのバックエンドに接続するためにアダプタを使用します。また、メッシュ内で実行されているサービスに標準の Apigee Edge API キー、割り当て、分析機能を提供するために Apigee アダプタを使用します。図 1 はこのアーキテクチャを示したものです。

サービス メッシュは、Ingress ゲートウェイ、サービス A と通信する Envoy プロキシを備えたポッド、Apigee アダプタを含む 3 つのアダプタがある Mixer を含め、複数のコンポーネントで構成されています。
図 1. Apigee Mixer アダプタを含む Istio サービス メッシュ

詳細