インストール後

Edge for Private Cloud v4.19.01

Edge のインストールが成功した後、インストールの検証、設定の調整、構成のカスタマイズに必要な一般的なタスクがいくつかあります。これらのタスクは次のとおりです。

タスク 説明
Edge コンポーネントでコマンドを呼び出す apigee-service ユーティリティを使用して、各 Edge コンポーネントの起動、停止、再起動、ステータスの取得を行います。
Edge コンポーネントを構成する プロパティ ファイルを使用して、デフォルトの Edge コンポーネント設定を変更します。
apigee-validate を実行する テスト スクリプトを呼び出して、各コンポーネントのインストールが成功したことを確認します。
whatshot JVM ヒープ設定を調整する 各ノードの Java メモリ設定を最適化します。
LDAP パスワード ポリシーを管理する デフォルトの LDAP パスワードを変更し、さまざまな認証設定を構成します。
apigee-monit をノードにインストールする ノード上のコンポーネントを監視し、失敗した場合は再起動を試みるツールをインストールして使用します。
PostgreSQL パージジョブを設定する 分析サービスで収集した過剰データをプルーニングします。
Cassandra nodetool repair を設定する Cassandra リングで定期的なメンテナンスを行い、すべてのノードで一貫性を確保する必要があります。
自動起動を有効にする リブート時に自動的に再起動するよう Edge for Private Cloud に指示します。

これらは、Edge のインストール後に行う一般的なタスクの一部にすぎません。追加のオペレーションと管理タスクについては、Edge の構成方法オペレーションをご覧ください。

Edge コンポーネントでコマンドを呼び出す

Edge では /opt/apigee/apigee-service/bin に管理ユーティリティがインストールされ、Edge インストールの管理に使用できます。たとえば、apigee-all ユーティリティは、ノード上のすべての Edge コンポーネントの起動、停止、再起動、ステータスの決定に使用できます。

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-all stop|start|restart|status|version

個々のコンポーネントを管理して構成するには、apigee-service ユーティリティを使用します。apigee-service ユーティリティの形式は次のとおりです。

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service component_name action

component_name はコンポーネントを表します。コンポーネントは、apigee-service を実行するノード上に存在する必要があります。構成に応じて、component_name の値には次の使用可能値があります。

  • apigee-cassandra(Cassandra)
  • apigee-openldap(OpenLDAP)
  • apigee-postgresql(PostgreSQL データベース)
  • apigee-qpidd(Qpidd)
  • apigee-zookeeper(ZooKeeper)
  • edge-management-server(Management Server)
  • edge-message-processor(Message Processor)
  • edge-postgres-server(Postgres Server)
  • edge-qpid-server(Qpid Server)
  • edge-router(Edge Router)
  • edge-ui(Edge UI)

これらのコンポーネントに加え、構成によっては apigee-provision コンポーネントと apigee-validate コンポーネントで apigee-service も呼び出すことができます。

たとえば、Edge Router を再起動するには、次のコマンドを実行します。

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service edge-router restart

ノードにインストールされているコンポーネントのリストは、/opt/apigee ディレクトリを調べることで判別できます。このディレクトリには、ノード上にインストールされているすべての Edge コンポーネントのサブディレクトリがあります。各サブディレクトリには次の接頭辞が付けられます。

  • apigee: Edge で使用されるサードパーティ コンポーネント。例: apigee-cassandra
  • edge: Apigee からの Edge コンポーネント。例: edge-management-server
  • edge-mint: Monetization コンポーネント。例: edge-mint-management-server

特定のコンポーネントのアクションの完全なリストは、各コンポーネントで異なりますが、次のアクションはすべてのコンポーネントでサポートされます。

  • start, stop, restart
  • status, version
  • backup, restore
  • install, uninstall

Edge コンポーネントを構成する

Edge をインストール後に構成するには、.properties ファイルと Edge ユーティリティを組み合わせて使用します。たとえば、Edge UI で TLS / SSL を構成するには、.properties ファイルを編集して必要なプロパティを設定します。.properties ファイルの変更後は、影響が及ぶ Edge コンポーネントを再起動する必要があります。

.properties ファイルは /opt/apigee/customer/application ディレクトリにあります。各コンポーネントのディレクトリには独自の .properties ファイルがあります。たとえば、router.propertiesmanagement-server.properties などのファイルです。

コンポーネントのプロパティを設定するには、対応する .properties ファイルを編集してから、そのコンポーネントを再起動します。

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service component restart

例:

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service edge-router restart

Edge を更新すると /opt/apigee/customer/application ディレクトリの .properties ファイルが読み取られます。つまり、更新後も、そのコンポーネントで設定されたプロパティは保持されます。

Edge の構成の詳細については、Edge の構成方法をご覧ください。

apigee-monit をノードにインストールする

ノードへのコンポーネントのインストールが完了したら、必要に応じて apigee-monit ユーティリティを追加できます。apigee-monit がノード上のコンポーネントを監視し、失敗した場合は再起動を試みます。詳細については、apigee-monit による自己修復をご覧ください。