覚えておく必要があるインストール プロセスの重要データ

Edge for Private Cloud v4.19.01

メンテナンス タスクを行うには、システムのインストール プロセス時に設定された Apigee Edge 環境に関する情報をいくつか事前に把握しておく必要があります。運用チームから取得する必要がある情報は次のとおりです。

  • ポッド:
    • ゲートウェイ ポッドの名前(デフォルトは「gateway」)
    • 中央ポッドの名前(デフォルトは「central」)
    • 分析ポッドの名前(デフォルトは「analytics」)
  • リージョン名(デフォルトは「dc-1」)
  • 管理ユーザーの ID とパスワード

Apigee のバージョン番号や Apigee コンポーネントの一意の ID(UUID)など、その他の重要情報は次のように確認できます。

  • 次のコマンドを使用すると、ノードにインストールされたすべての Edge コンポーネントのステータスを表示できます。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-all status
  • 次のコマンドを使用すると、ノードにインストールされたすべての Edge コンポーネントのバージョン番号を表示できます。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-all version
  • 次の API 呼び出しを使用すると、インストールされている Edge コンポーネントの UUID を表示できます。
    curl http://management_server_IP:port_num/v1/servers/self -u adminEmail:password

    ここで、management_server_IP は Management Server ノードの IP アドレスか DNS 名、port_num は以下のいずれかです。

    • Router の場合は 8081
    • Message Processor の場合は 8082
    • Qpid の場合は 8083
    • Postgres の場合は 8084