API Monitoring へのアクセス

以下で説明されているように、UIAPI を使用して API Monitoring にアクセスできます。API Monitoring にアクセスするには、以下の API Monitoring の役割で説明されている役割のいずれかに Edge ユーザーを割り当てる必要があります。

API Monitoring の役割

すべての Edge ユーザーに役割を割り当てる必要があります。ユーザーの役割によって、ユーザーが Edge で実行できる操作が決まります。Edge 組織には、各種ユーザータイプに基づいて権限を事前定義する組み込みの役割が用意されています。また、自分で定義したカスタム役割にユーザーを割り当てることもできます。

次の表に示されているように、いくつかの事前定義された役割により、ユーザーは API Monitoring の機能にアクセスできます。また、Edge では、API Monitoring 管理者API Monitoring ユーザーという 2 つの組み込みの役割が定義されています。API Monitoring にのみアクセスできる権限が必要な場合、これらの役割を使用します。これらの役割を使用する利点は、ユーザーが API Monitoring しか使用できないように制限できることであり、API プロキシの作成、更新、削除などの他の操作は実行できないようにできることです。

API Monitoring にアクセスするには、ユーザーを次のいずれかの役割に割り当てます。役割の割り当てについて詳しくは、役割の割り当てをご覧ください。

役割 説明
API Monitoring 管理者 API Monitoring を使用するのに必要なリソースのみに対する完全な CRUD アクセス権を持ちます。API Monitoring に対しては以下を行う権限があります。
  • 指標、ログ、コレクション、アラート、カスタム レポートを表示する
  • アラートとコレクションを作成、更新、削除する
  • カスタム レポートを作成、更新、削除する
API Monitoring ユーザー API Monitoring を使用するのに必要なリソースのみに対する読み取り専用アクセス権を持ちます。API Monitoring に対しては以下を行う権限があります。
  • 指標、ログ、コレクション、アラート、カスタム レポートを表示する

: この役割を割り当てられたユーザーは、アラートと通知を設定することも、カスタム レポートを作成および編集することもできません。
組織管理者 組織内のすべてのリソースに対する完全な CRUD アクセス権を持ちます。API Monitoring に対しては以下を行う権限があります。
  • 指標、ログ、コレクション、アラート、カスタム レポートを表示する
  • アラートとコレクションを作成、更新、削除する
  • カスタム レポートを作成、更新、削除する
読み取り専用の組織管理者 組織内のすべてのリソースに対する読み取り専用アクセス権を持ちます。API Monitoring に対しては以下を行う権限があります。
  • 指標、ログ、コレクション、アラート、カスタム レポートを表示する

: この役割を割り当てられたユーザーは、アラートと通知を設定することも、カスタム レポートを作成することもできません。
運用管理者 API をデプロイおよびテストするのに必要なリソースに対する完全な CRUD アクセス権と、他のリソースに対する読み取り専用アクセス権を持ちます。API Monitoring に対しては以下を行う権限があります。
  • 指標、ログ、コレクション、アラート、カスタム レポートを表示する
  • アラートとコレクションを作成、更新、削除する

: この役割を割り当てられたユーザーは、カスタム レポートを作成できません。

UI へのアクセス

  1. 適切な役割を持つユーザーで https://apigee.com/edge にログインします。
  2. モニタリングする組織に切り替えます。

    組織に切り替える。

  3. [Analyze] > [API Monitoring] を選択します。API Monitoring サブメニューが表示されます。

    API Monitoring サブメニュー

  4. サブメニューで [Overview] を選択します。API Monitoring ダッシュボードが表示されます。詳しくは、API Monitoring ダッシュボードを詳しく見るをご覧ください。

API へのアクセス

API Monitoring の Management API の使用をご覧ください。