ログファイルの場所の設定

デフォルトでは、Edge コンポーネントのログファイルは /opt/apigee/var/log/component_name ディレクトリに作成されます。ここで、component_name は次のいずれかになります。

  • apigee-cassandra(Cassandra)
  • apigee-openldap(OpenLDAP)
  • apigee-postgresql(PostgreSQL データベース)
  • apigee-qpidd(Qpidd)
  • apigee-zookeeper(ZooKeeper)
  • edge-management-server(Management Server)
  • edge-message-processor(Message Processor)
  • edge-postgres-server(Postgres Server)
  • edge-qpid-server(Qpid Server)
  • edge-router(Edge Router)
  • edge-ui(Edge UI)

このリストに加えて、/opt/apigee/var/log/apigee-setup ディレクトリにもセットアップ プロセスのログが作成されます。

Edge UI を除く Edge コンポーネントのログファイルのデフォルトの場所を変更するには、次の手順に沿います。

  1. 次のファイルを作成します。
    /opt/apigee/etc/component_name.d/APIGEE_APP_LOGDIR.sh
  2. ファイルに次のプロパティを追加します。
    APIGEE_APP_LOGDIR=/directory/path

    ここで、/directory/path にはログファイルのディレクトリを指定します。

  3. このディレクトリへのアクセスを apigee ユーザーに許可します。
    chown apigee:apigee /directory/path
  4. コンポーネントを再起動します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service component_name restart

コンポーネント構成ファイルの名前と場所の詳細については、プロパティ ファイルの場所をご覧ください。