[Error Code Analysis] ダッシュボード

このダッシュボードの内容

[Error Code Analysis] ダッシュボードには、API プロキシおよびターゲットのエラー率に関する情報が表示されます。[Error Code Analysis] ダッシュボードの動作は次のとおりです。

  • プロキシエラーの計算にはレスポンス コードが使用されます。

  • ターゲット エラーの計算にはターゲット レスポンス コードが使用されます。

[Error Code Analysis] ダッシュボードでレポートされるエラーは、[API Proxy Performance] ダッシュボードでレポートされるエラーと異なる場合があります。後者のダッシュボードでは、is_error フロー変数に基づいてエラー率が計算されるためです。この変数は API プロキシで明示的に設定できるため、プロキシ レスポンスまたはターゲット レスポンスのエラーコードには関連しません。

エラー率計算時の動作は次のとおりです。

  • プロキシではターゲット エラーを処理でき、引き続き、成功レスポンスを返します。この場合、エラーはターゲット エラーとしてはカウントされますが、プロキシエラーとしてはカウントされません。

  • ターゲット レスポンスが成功であるか存在せず、プロキシからエラーが返された場合、エラーはプロキシに対してカウントされます。

  • プロキシとターゲットの両方からエラーが返された場合、エラーはターゲットでカウントされます。

動画: [Error Code Analysis] ダッシュボードの概要を説明する短い動画をご覧ください。

[Error Code Analysis] ダッシュボード(一部のみ表示)

[Error Code Analysis] ダッシュボードを開くには、サイド ナビゲーション バーで [Analyze] > [API Metrics] > [Error Code Analysis] の順に選択します。次に示すダッシュボードが開きます。

このダッシュボードの測定内容

エラー構成

指標 説明
Total Errors 指定された期間に Apigee Edge 組織で確認されたすべてのリクエストおよびレスポンスに起因するプロキシエラーとターゲット エラーの合計数です。
Proxy Errors 指定された期間に Apigee Edge 組織で確認されたプロキシエラー(レスポンス コードで判別されるもの)の合計数です。クライアントからのリクエスト全体が Apigee Edge で受信されてから、そのリクエストがバックエンド ターゲットに送信されるまでの間に測定されたプロキシエラーが対象となります。
Target Errors 指定された期間に Apigee Edge 組織で確認されたターゲット エラー(ターゲット レスポンス コードで判別されるもの)の合計数です。Apigee Edge からバックエンド ターゲットにリクエスト全体が送信されてから、レスポンスがクライアント アプリに返されるまでの間に測定されたターゲット エラーが対象となります。

プロキシエラー

指標 説明
Total Proxy Errors 指定された期間に Apigee Edge 組織で確認されたプロキシエラーの合計数です。クライアントからのリクエスト全体が Apigee Edge で受信されてから、そのリクエストがバックエンド ターゲットに送信されるまでの間に測定されたプロキシエラーが対象となります。
4XX HTTP 4xx エラーの原因となったプロキシエラーの数を示します。HTTP ステータス コードの完全なリストについては、HTTP 仕様の「Status Code Definitions」をご覧ください。
5XX HTTP 5xx エラーの原因となった API リクエストの数を示します。HTTP ステータス コードの完全なリストについては、HTTP 仕様の「Status Code Definitions」をご覧ください。

ターゲット エラー

指標 説明
Total Target Errors 指定された期間に Apigee Edge 組織で確認されたターゲット エラーの合計数です。Apigee Edge からバックエンド ターゲットにリクエスト全体が送信されてから、レスポンスがクライアント アプリに返されるまでの間に測定されたターゲット エラーが対象となります。
4XX HTTP 4xx エラーの原因となったターゲット エラーの数です。HTTP ステータス コードの完全なリストについては、HTTP 仕様の「Status Code Definitions」をご覧ください。
5XX HTTP 5xx エラーの原因となったターゲット エラーの数です。HTTP ステータス コードの完全なリストについては、HTTP 仕様の「Status Code Definitions」をご覧ください。

プロキシ別のエラー

指標 説明
<Proxy name>

指定された期間に Apigee Edge 組織で確認されたプロキシエラーの合計数を個々のプロキシ別に示します。棒にカーソルを合わせると、各プロキシ リクエスト フローおよびターゲット リクエスト フローにそれぞれ起因するエラーの数が表示されます。

クライアントからのリクエスト全体が Apigee Edge で受信されてから、そのリクエストがバックエンド ターゲットに送信されるまでの間に測定されたプロキシエラーが対象となります。

ターゲット別のエラー

指標 説明
<Target name>

指定された期間に Apigee Edge 組織で確認されたターゲット エラーの合計数を個々のターゲット別に示します。ターゲットに到達しなかった呼び出しの数は、[Target Not Contacted] 列にリストされます。棒にカーソルを合わせると、各プロキシ レスポンス フローおよびターゲット レスポンス フローにそれぞれ起因するエラーの数が表示されます。

Apigee Edge からバックエンド ターゲットにリクエスト全体が送信されてから、レスポンスがクライアント アプリに返されるまでの間に測定されたターゲット エラーが対象となります。グラフには、プロキシ レスポンス フローおよびターゲット レスポンス フローにそれぞれ起因するエラーの数が表示されます。

レスポンス コード別のプロキシエラー

指標 説明
<Response Code>

指定された期間に Apigee Edge 組織で確認されたプロキシエラーの合計数を返されたレスポンス コード別に示します。棒にカーソルを合わせると、各レスポンス コードが返されたエラーの数が表示されます。

レスポンス コード別のターゲット エラー

指標 説明
<Response Code>

指定された期間に Apigee Edge 組織で確認されたターゲット エラーの合計数を返されたレスポンス コード別に示します。棒にカーソルを合わせると、各レスポンス コードが返されたエラーの数が表示されます。

このダッシュボードについて知っておく必要があるその他の事項

すべてのプロキシの指標が表示されます。ダッシュボードの上部にある [Proxy] プルダウン メニューを使用すると、特定のプロキシにドリルダウンできます。

各チャートの右側にあるリスト領域では、インタラクティブに操作できます。リスト内の行を選択すると、チャート内のその表示が切り替わります。

このダッシュボードでは、標準的なコントロールを使用します。たとえば、日付およびデータの集約セレクタ、グラフにカーソルを合わせて詳細なコンテキストを表示、CSV へのデータのエクスポートなどです。詳しくは、Analytics ダッシュボードの使用をご覧ください。