Apigee Edge 4.18.01 または 4.18.05 を 4.19.06 に更新する

このセクションでは、次のアップグレードを行う方法について説明します。

  • 4.18.01 から 4.19.06 へのアップグレード
  • 4.18.05 から 4.19.06 へのアップグレード

更新を行うユーザー

更新を行うユーザーは、Edge をインストールしたユーザーか root ユーザーである必要があります。

Edge RPM をインストールした後は、すべてのユーザーが構成できます。

更新する必要のあるコンポーネント

すべての Edge コンポーネントを更新する必要があります。Edge では、コンポーネントのバージョンが複数である設定はサポートしていません。

プロパティ設定の自動伝播

/opt/apigee/customer/application にある .properties ファイルを編集してプロパティを設定した場合、それらの値は更新の際にも保持されます。

更新の前提条件

Apigee Edge をアップグレードする前に、次の前提条件を確認してください。

  • すべてのノードをバックアップする
    安全上の理由から、更新を行う前にすべてのノードを完全にバックアップすることをおすすめします。現在の Edge バージョンのバックアップ手順に従ってください。

    これにより、新しいバージョンへの更新が失敗した場合に備えたバックアップ計画を立てることができます。バックアップの詳細については、バックアップと復元をご覧ください。

  • Edge が動作していることを確認する
    次のコマンドを使用して、更新中に Edge が動作していることを確認します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-all status

新しい Edge UI

このセクションでは、新しい Edge UI に関する注意事項を示します。

Edge UI のインストール

初期インストールが完了した後、Edge UI をインストールすることをおすすめします。Edge UI は、Apigee Edge for Private Cloud のデベロッパーと管理者向けの強化されたユーザー インターフェースです。

詳細については、新しい Edge UI をインストールするをご覧ください。

Edge UI の更新

4.18.0x でベータ版の Edge UI(以前は「New Edge エクスペリエンス」または「UE」と呼ばれていました)をインストールした場合は、これをアンインストールしてバージョン 4.19.01 または 4.19.06 の Edge UI を新規インストールする必要があります。詳細については、Private Cloud 用の新しい Edge UI をご覧ください。

インストール構成が Edge 4.18.01 から変更されていることにご注意ください(4.18.05 からは変更されていません)。Edge 4.19.06 リリースの Edge UI では、Edge 4.18.01 リリースから構成ファイルが変更されています。新しいプロパティについては、インストール構成の Edge 4.18.01 からの変更点をご覧ください。

更新が失敗した場合の対応

更新に失敗した場合は、問題の解決を試みたうえで update.sh を再度実行できます。更新は複数回実行でき、最後に終了したところから続行されます。

失敗した結果、前のバージョンへのロールバックが必要になった場合は、4.19.06 のロールバックをご覧ください。

更新情報のロギング

デフォルトでは、update.sh ユーティリティからのログ情報は次のファイルに書き込まれます。

/opt/apigee/var/log/apigee-setup/update.log

update.sh ユーティリティを実行しているユーザーにこのディレクトリへのアクセス権がない場合は、/tmp ディレクトリの update_username.log というファイルにログが書き込まれます。

ユーザーに /tmp へのアクセス権がない場合、update.sh ユーティリティは失敗します。

ゼロダウンタイムでの更新

ゼロダウンタイムでの更新(ローリング アップデート)により、Edge をダウンさせることなく、インストールした Edge を更新できます。

ゼロダウンタイムでの更新は、ノードが 5 台以上の構成でのみ利用可能です。

ゼロダウンタイムでのアップグレードの重要点は、各 Router をロードバランサから一度に 1 台ずつ削除することです。削除した Router と、その同じマシンにあるすべてのコンポーネントを更新してから、Router をロードバランサに再び追加します。

  1. マシンの更新順序に記載された正しい順序でマシンを更新します。
  2. Router を更新するときは、任意の Router を 1 台選択し、サーバー(Message Processor または Router)の到達可能性の有効化 / 無効化の説明に従ってその Router を到達不能な状態にします。
  3. 選択した Router と、その同じマシンにある他のすべての Edge コンポーネントを更新します。すべての Edge 構成で、Router と Message Processor は同じノードにあります。
  4. Router を到達可能な状態に戻します。
  5. 残りの Router に対し、2~4 の手順を繰り返します。
  6. 残りすべてのマシンで更新を続行します。

更新の前後で次の点に注意してください。

  • Router と Message Processor の共存ノード:
    • 更新前 – 次のことを行います。
      1. Router を到達不能な状態にします。
      2. Message Processor を到達不能な状態にします。
    • 更新後 – 次のことを行います。
      1. Message Processor を到達可能な状態にします。
      2. Router を到達可能な状態にします。
  • Router 単独のノード:
    • 更新前に、Router を到達不能な状態にします。
    • 更新後に、Router を到達可能な状態にします。
  • Message Processor 単独のノード:
    • 更新前に、Message Processor を到達不能な状態にします。
    • 更新後に、Message Processor を到達可能な状態にします。

サイレント構成ファイルの使用

サイレント構成ファイルを更新コマンドに渡す必要があります。サイレント構成ファイルは、Edge 4.18.0x のインストールに使用したものと同じである必要があります。

外部インターネット接続があるノードで 4.19.06 に更新する

次の手順に従って、ノード上の Edge コンポーネントを更新します。

  1. Cassandra の修復オペレーションを行う CRON ジョブが構成されている場合は、更新が完了するまでそのジョブを無効にします。
  2. ノードに root としてログインし、Edge RPM をインストールします。
  3. yum-utilsyum-plugin-priorities をインストールします。
    sudo yum install yum-utils
        sudo yum install yum-plugin-priorities
  4. Edge apigee-setup ユーティリティのインストールの説明に従って、SELinux を無効にします。
  5. Oracle 7.x にインストールする場合は、次のコマンドを実行します。
    sudo yum-config-manager --enable ol7_optional_latest
  6. AWS にインストールする場合は、次の yum-configure-manager コマンドを実行します。
    yum update rh-amazon-rhui-client.noarch
        sudo yum-config-manager --enable rhui-REGION-rhel-server-extras rhui-REGION-rhel-server-optional
  7. Edge 4.19.06 の bootstrap_4.19.06.sh ファイルを /tmp/bootstrap_4.19.06.sh にダウンロードします。
    curl https://software.apigee.com/bootstrap_4.19.06.sh -o /tmp/bootstrap_4.19.06.sh
  8. Edge 4.19.06 の apigee-service ユーティリティと依存関係をインストールします。
    sudo bash /tmp/bootstrap_4.19.06.sh apigeeuser=uName apigeepassword=pWord

    uName:pWord は、Apigee から取得したユーザー名とパスワードです。pWord を省略すると、パスワードの入力が求められます。

    デフォルトでは、Java 1.8 がすでにインストールされているかどうかが確認されます。インストールされていない場合は自動的にインストールされます。JAVA_FIX オプションを使用して、Java のインストールの処理方法を指定できます。JAVA_FIX の有効な値は次のとおりです。

    • I: OpenJDK 1.8 をインストールします(デフォルト)。
    • C: Java をインストールせずに続行します。
    • Q: 終了します。この場合は、Java を自分でインストールする必要があります。
  9. apigee-service を使用して apigee-setup ユーティリティを更新します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-setup update
  10. 次の例のように、Management Server で apigee-validate ユーティリティを更新します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-validate update
  11. 次の例のように、Management Server で apigee-provision ユーティリティを更新します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-provision update
  12. マシンの更新順序に記載された順に、各ノードで update ユーティリティを実行します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c component -f configFile

    ここで、component は更新する Edge コンポーネントです。有効な値は次のとおりです。

    • 「cs」= Cassandra
    • 「edge」= Edge UI 以外のすべての Edge コンポーネント。これには、Management Server、Message Processor、Router、QPID Server、Postgres Server が含まれます。
    • 「ldap」= OpenLDAP
    • 「ps」= postgresql
    • 「qpid」= qpidd
    • 「sso」= Apigee SSO(SSO がインストールされている場合)
    • 「ui」= Edge UI
    • 「zk」= Zookeeper

    configFile は、4.18.0x のインストール時に Edge コンポーネントの定義に使用したのと同じ構成ファイルです。

    component を「all」に設定することですべてのコンポーネントに対して update.sh を実行できますが、これができるのは Edge オールインワン(AIO)インストール プロファイルがある場合だけです。次に例を示します。

    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c all -f ./sa_silent_config
  13. Edge UI コンポーネントが実行されているすべてのノードで Edge UI コンポーネントを再起動します(まだ再起動していない場合)。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service edge-ui restart
  14. インストールのテストの説明に従って Management Server で apigee-validate ユーティリティを実行し、更新をテストします。

後で更新をロールバックする場合は、4.19.06 のロールバックの手順に従ってください。

ローカル リポジトリから 4.19.06 に更新する

Edge ノードがファイアウォールの内側にあるか、インターネット経由での Apigee リポジトリへのアクセスが禁止されている場合は、Apigee リポジトリのローカル リポジトリ(ミラー)から更新を行うことができます。

ローカル Edge リポジトリを作成した後、Edge をローカル リポジトリから更新する方法は 2 通りあります。

  • リポジトリの .tar ファイルを作成してノードにコピーし、.tar ファイルから Edge を更新する。
  • ローカル リポジトリが存在するノードにウェブサーバーをインストールし、他のノードからそのウェブサーバーにアクセスする。Apigee から提供されているウェブサーバーは Nginx ですが、他のウェブサーバーを使用してもかまいません。

ローカルの 4.19.06 リポジトリから更新するには:

  1. Edge apigee-setup ユーティリティのインストールの「ローカルに Apigee リポジトリを作成する」の手順に従って、4.19.06 リポジトリをローカルに作成します。
  2. .tar ファイルから apigee-service をインストールするには:
    1. ローカル リポジトリが存在するノードで次のコマンドを使用し、ローカル リポジトリを /opt/apigee/data/apigee-mirror/apigee-4.19.06.tar.gz という名前の単一の .tar ファイルにパッケージ化します。
      /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-mirror package
    2. Edge を更新するノードに .tar ファイルをコピーします。たとえば、新しいノードの /tmp ディレクトリにコピーします。
    3. 新しいノードで、.tar ファイルを /tmp ディレクトリに解凍します。
      tar -xzf apigee-4.19.06.tar.gz

      このコマンドにより、.tar ファイルが存在するディレクトリに repos という新しいディレクトリが作成されます。たとえば、/tmp/repos が作成されます。

    4. /tmp/repos から Edge apigee-service ユーティリティと依存関係をインストールします。
      sudo bash /tmp/repos/bootstrap_4.19.06.sh apigeeprotocol="file://" apigeerepobasepath=/tmp/repos

      コマンドに repos ディレクトリへのパスが含まれている点に注意してください。

  3. Nginx ウェブサーバーを使用して apigee-service をインストールするには:
    1. Edge apigee-setup ユーティリティのインストールの「Nginx ウェブサーバーを使用してリポジトリからインストールする」の手順に従って、Nginx ウェブサーバーを構成します。
    2. リモートノードで、Edge bootstrap_4.19.06.sh ファイルを /tmp/bootstrap_4.19.06.sh にダウンロードします。
      /usr/bin/curl http://uName:pWord@remoteRepo:3939/bootstrap_4.19.06.sh -o /tmp/bootstrap_4.19.06.sh

      ここで、uName:pWord は以前にリポジトリに設定したユーザー名とパスワードで、remoteRepo はリポジトリが存在するノードの IP アドレスまたは DNS 名です。

    3. リモートノードで、Edge apigee-setup ユーティリティと依存関係をインストールします。
      sudo bash /tmp/bootstrap_4.19.06.sh apigeerepohost=remoteRepo:3939 apigeeuser=uName apigeepassword=pWord apigeeprotocol=http://

      uName:pWord は、リポジトリのユーザー名とパスワードです。

  4. 次の例のように、apigee-service を使用して apigee-setup ユーティリティを更新します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-setup update 
  5. 次の例のように、Management Server で apigee-validate ユーティリティを更新します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-validate update
  6. 次の例のように、Management Server で apigee-provision ユーティリティを更新します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-provision update
  7. マシンの更新順序に記載された順に、各ノードで update ユーティリティを実行します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c component -f configFile

    ここで

    • component は更新する Edge コンポーネントです。通常は次のコンポーネントを更新します。
      • 「cs」= Cassandra
      • 「edge」= Edge UI 以外のすべての Edge コンポーネント。これには、Management Server、Message Processor、Router、QPID Server、Edge Postgres Server が含まれます。
      • 「ldap」= OpenLDAP
      • 「ps」= postgresql
      • 「qpid」= qpidd
      • 「sso」= Apigee SSO(SSO がインストールされている場合)
      • 「ui」= Edge UI
      • 「zk」= Zookeeper
    • configFile は、4.18.0x のインストール時に Edge コンポーネントの定義に使用したのと同じ構成ファイルです。

    component を「all」に設定することですべてのコンポーネントに対して update.sh を実行できますが、これができるのは Edge オールインワン(AIO)インストール プロファイルがある場合だけです。次に例を示します。

    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c all -f /tmp/sa_silent_config
  8. Edge UI コンポーネントが実行されているすべてのノードで Edge UI コンポーネントを再起動します(まだ再起動していない場合)。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service edge-ui restart
  9. インストールのテストの説明に従って Management Server で apigee-validate ユーティリティを実行し、更新をテストします。

後で更新をロールバックする場合は、4.19.06 のロールバックの手順に従ってください。

マシンの更新順序

Edge 構成内のマシンの更新順序は重要です。

  • 他のノードを更新する前に、すべての Cassandra ノードと ZooKeeper ノードを更新する必要があります。
  • 複数の Edge コンポーネント(Management Server、Message Processor、Router、QPID Server。Postgres Server は該当しない)を搭載しているマシンでは、-c edge オプションを使用してすべてのコンポーネントを同時に更新します。
  • 複数のマシンで行うよう指示されているステップは、記載されたマシンの順に行います。
  • Monetization の更新に関して特別な手順はありません。これは -c edge オプションを指定した場合に更新されます。

1 ノード スタンドアロン構成のアップグレード

1 ノード スタンドアロン構成を 4.19.06 にアップグレードするには:

  1. すべてのコンポーネントを更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c all -f configFile
  2. apigee-adminapi がインストールされている場合は、 ユーティリティを更新します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-adminapi update

2 ノード スタンドアロン構成のアップグレード

2 ノード スタンドアロン構成では、次のコンポーネントを更新します。

Edge のトポロジとノード番号の一覧については、インストール トポロジをご覧ください。

  1. マシン 1 の Cassandra と ZooKeeper を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c cs,zk -f configFile
  2. マシン 2 の Qpid と Postgres を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c qpid,ps -f configFile
  3. マシン 1 の LDAP を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c ldap -f configFile
  4. マシン 2、1 の Edge コンポーネントを更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c edge -f configFile
  5. マシン 1 の UI を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c ui -f configFile
  6. apigee-adminapi がインストールされている場合は、マシン 1 の ユーティリティを更新します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-adminapi update
  7. Apigee SSO がインストールされている場合は、マシン 1 の Apigee SSO を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c sso -f sso_config_file

    ここで、sso_config_fileSSO をインストールしたときに作成した構成ファイルです。

  8. マシン 1 の Edge UI コンポーネントを再起動します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service edge-ui restart

5 ノード構成のアップグレード

5 ノード構成では、次のコンポーネントを更新します。

Edge のトポロジとノード番号の一覧については、インストール トポロジをご覧ください。

  1. マシン 1、2、3 の Cassandra と ZooKeeper を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c cs,zk -f configFile
  2. マシン 4 の Qpid と Postgres を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c qpid, ps -f configFile
  3. マシン 5 の Qpid と Postgres を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c qpid, ps -f configFile
  4. マシン 1 の LDAP を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c ldap -f configFile
  5. マシン 4、5、1、2、3 の Edge コンポーネントを更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c edge -f configFile
  6. マシン 1 の UI を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c ui -f configFile
  7. apigee-adminapi がインストールされている場合は、マシン 1 の ユーティリティを更新します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-adminapi update
  8. Apigee SSO がインストールされている場合は、マシン 1 の Apigee SSO を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c sso -f sso_config_file

    ここで、sso_config_fileSSO をインストールしたときに作成した構成ファイルです。

  9. マシン 1 の Edge UI コンポーネントを再起動します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service edge-ui restart

9 ノードクラスタ構成のアップグレード

9 ノードクラスタ構成では、次のコンポーネントを更新します。

Edge のトポロジとノード番号の一覧については、インストール トポロジをご覧ください。

  1. マシン 1、2、3 の Cassandra と ZooKeeper を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c cs,zk -f configFile
  2. マシン 6、7 の Qpid を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c qpid -f configFile
  3. マシン 8 の Postgres を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c ps -f configFile
  4. マシン 9 の Postgres を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c ps -f configFile
  5. マシン 1 の LDAP を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c ldap -f configFile
  6. マシン 6、7、8、9、1、4、5 の順に Edge コンポーネントを更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c edge -f configFile
  7. マシン 1 の UI を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c ui -f configFile
  8. apigee-adminapi がインストールされている場合は、マシン 1 の ユーティリティを更新します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-adminapi update
  9. Apigee SSO がインストールされている場合は、マシン 1 の Apigee SSO を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c sso -f sso_config_file

    ここで、sso_config_fileSSO をインストールしたときに作成した構成ファイルです。

  10. マシン 1 の Edge UI コンポーネントを再起動します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service edge-ui restart

13 ノードクラスタ構成のアップグレード

13 ノードクラスタ構成では、次のコンポーネントを更新します。

Edge のトポロジとノード番号の一覧については、インストール トポロジをご覧ください。

  1. マシン 1、2、3 の Cassandra と ZooKeeper を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c cs,zk -f configFile
  2. マシン 12、13 の Qpid を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c qpid -f configFile
  3. マシン 8 の Postgres を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c ps -f configFile
  4. マシン 9 の Postgres を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c ps -f configFile
  5. マシン 4、5 の LDAP を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c ldap -f configFile
  6. マシン 12、13、8、9、6、7、10、11 の順に Edge コンポーネントを更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c edge -f configFile
  7. マシン 6、7 の UI を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c ui -f configFile
  8. apigee-adminapi がインストールされている場合は、マシン 6、7 の ユーティリティを更新します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-adminapi update
  9. Apigee SSO がインストールされている場合は、マシン 6、7 の Apigee SSO を更新します。
    /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c sso -f sso_config_file

    ここで、sso_config_fileSSO をインストールしたときに作成した構成ファイルです。

  10. マシン 6、7 の Edge UI コンポーネントを再起動します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service edge-ui restart

12 ノードクラスタ構成のアップグレード

12 ノードクラスタ構成では、次のコンポーネントを更新します。

Edge のトポロジとノード番号の一覧については、インストール トポロジをご覧ください。

  1. Cassandra と ZooKeeper を更新します。
    1. データセンター 1 のマシン 1、2、3 で、次のコマンドを実行します。
      /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c cs,zk -f configFile
    2. データセンター 2 のマシン 7、8、9 で、次のコマンドを実行します。
      /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c cs,zk -f configFile
  2. qpidd を更新します。
    1. データセンター 1 のマシン 4、5 で、次の手順を実施します。
      1. マシン 4 の qpidd を更新します。
        /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c qpid -f configFile
      2. マシン 5 の qpidd を更新します。
        /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c qpid -f configFile
    2. データセンター 2 のマシン 10、11 で、次の手順を実施します。
      1. マシン 10 の qpidd を更新します。
        /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c qpid -f configFile
      2. マシン 11 の qpidd を更新します。
        /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c qpid -f configFile
  3. Postgres を更新します。
    1. データセンター 1 のマシン 6 で、次のコマンドを実行します。
      /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c ps -f configFile
    2. データセンター 2 のマシン 12 で、次のコマンドを実行します。
      /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c ps -f configFile
  4. LDAP を更新します。
    1. データセンター 1 のマシン 1 で、次のコマンドを実行します。
      /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c ldap -f configFile
    2. データセンター 2 のマシン 7 で、次のコマンドを実行します。
      /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c ldap -f configFile
  5. Edge コンポーネントを更新します。
    1. データセンター 1 のマシン 4、5、6、1、2、3 で、次のコマンドを実行します。
      /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c edge -f configFile
    2. データセンター 2 のマシン 10、11、12、7、8、9 で、次のコマンドを実行します。
      /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c edge -f configFile
  6. UI を更新します。
    1. データセンター 1 のマシン 1 で、次のコマンドを実行します。
      /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c ui -f configFile
    2. データセンター 2 のマシン 7 で、次のコマンドを実行します。
      /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c ui -f configFile
    3. マシン 1、7 の Edge UI コンポーネントを再起動します。
      /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service edge-ui restart
  7. apigee-adminapi がインストールされている場合は、 ユーティリティを更新します。
    1. データセンター 1 のマシン 1 で、次のコマンドを実行します。
      /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-adminapi update
    2. データセンター 2 のマシン 7 で、次のコマンドを実行します。
      /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service apigee-adminapi update
  8. Apigee SSO がインストールされている場合は、Apigee SSO を更新します。
    1. データセンター 1 のマシン 1 で、次のコマンドを実行します。
      /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c sso -f sso_config_file
    2. データセンター 2 のマシン 7 で、次のコマンドを実行します。
      /opt/apigee/apigee-setup/bin/update.sh -c sso -f sso_config_file
    3. ここで、sso_config_fileSSO をインストールしたときに作成した構成ファイルです。

非標準構成のアップグレード

実装している構成が標準外の場合は、次の順に Edge コンポーネントを更新します。

  1. ZooKeeper
  2. Cassandra
  3. qpidd、ps
  4. LDAP
  5. Edge(すべてのノードで「-c edge」プロファイルを指定することを意味します)。更新順序は Qpid Server、Edge Postgres Server、Management Server、Message Processor、Router の順です。
  6. Edge UI
  7. apigee-adminapi
  8. Apigee SSO

更新が完了したら、Edge UI コンポーネントを実行しているすべてのマシンで Edge UI コンポーネントを再起動してください。