XMLtoJSON ポリシー

概要

このポリシーは、メッセージを拡張マークアップ言語(XML)形式から JavaScript Object Notation(JSON)に変換します。これにより、メッセージの変換方法を制御するための選択肢が多彩になります。

XML 形式のレスポンスを JSON 形式のレスポンスに変換することが目的であると仮定した場合、このポリシーはレスポンス フロー(たとえば Response / ProxyEndpoint / PostFlow)に接続されます。

説明

代表的な仲介シナリオでは、多くの場合、受信リクエスト フローでの JSON to XML ポリシーを送信レスポンス フローでの XML to JSON ポリシーとペアで使用されます。ポリシーをこのように結び付けることで、XML のみをネイティブ サポートするバックエンド サービスに対して JSON API を公開できます。

API が、JSON あるいは XML を必要とする可能性のある多様なクライアント アプリで消費されるシナリオでは、JSON to XML ポリシーと XML to JSON ポリシーを条件に応じて実行するよう構成することで、レスポンス形式を動的に設定できます。このシナリオの実装については、フロー変数と条件をご覧ください。


サンプル

JSON と XML の間の変換について詳しくは、http://community.apigee.com/articles/1839/converting-between-xml-and-json-what-you-need-to-k.html をご覧ください。

レスポンスを変換する

<XMLToJSON name="ConvertToJSON">
  <Options>
  </Options>
  <OutputVariable>response</OutputVariable>
  <Source>response</Source>
</XMLToJSON>

この構成(XML を JSON に変換するために必要な最小限の構成)は、XML 形式のレスポンス メッセージをソースとして受け取り、出力変数 response に入力される JSON 形式のメッセージを作成します。Edge はこの変数の内容を、自動的に次の処理ステップのメッセージとして使用します。


要素リファレンス

このポリシーで構成できる要素と属性は、以下のとおりです。

<XMLToJSON async="false" continueOnError="false" enabled="true" name="XML-to-JSON-1">
    <DisplayName>XML to JSON 1</DisplayName>
    <Source>response</Source>
    <OutputVariable>response</OutputVariable>
    <Options>
        <RecognizeNumber>true</RecognizeNumber>
        <RecognizeBoolean>true</RecognizeBoolean>
        <RecognizeNull>true</RecognizeNull>
        <NullValue>NULL</NullValue>
        <NamespaceBlockName>#namespaces</NamespaceBlockName>
        <DefaultNamespaceNodeName>&</DefaultNamespaceNodeName>
        <NamespaceSeparator>***</NamespaceSeparator>
        <TextAlwaysAsProperty>true</TextAlwaysAsProperty>
        <TextNodeName>TEXT</TextNodeName>
        <AttributeBlockName>FOO_BLOCK</AttributeBlockName>
        <AttributePrefix>BAR_</AttributePrefix>
        <OutputPrefix>PREFIX_</OutputPrefix>
        <OutputSuffix>_SUFFIX</OutputSuffix>
        <StripLevels>2</StripLevels>
        <TreatAsArray>
            <Path unwrap="true">teachers/teacher/studentnames/name</Path>
        </TreatAsArray>
    </Options>
    <!-- Use Options or Format, not both -->
    <Format>yahoo</Format>
</XMLToJSON>

<XMLtoJSON> 属性

<XMLtoJSON async="false" continueOnError="false" enabled="true" name="XML-to-JSON-1">

次の表に、ポリシーのすべての親要素に共通の属性を記載します。

属性 説明 デフォルト 要否
name

ポリシーの内部名。name 属性の値には、文字、数字、スペース、ハイフン、アンダースコア、ピリオドを使用できます。255 文字を超える値を指定することはできません。

必要に応じて、管理 UI プロキシ エディタで <DisplayName> 要素を使用してポリシーに別のわかりやすい名前でラベルを付けます。

なし 必須
continueOnError

ポリシーが失敗した場合にエラーを返すには、false に設定します。これはほとんどのポリシーで想定される動作です。

ポリシーが失敗してもフロー実行を続行するには、true に設定します。

false 省略可
enabled

ポリシーを適用するには true に設定します。

ポリシーを無効にするには false に設定します。その場合、ポリシーはフローに接続されていているとしても適用されません。

true 省略可
async

この属性は非推奨となりました。

false 非推奨

<DisplayName> 要素

name 属性に加えて、管理 UI プロキシ エディタのポリシーに別のわかりやすい名前でラベルを付けるために使います。

<DisplayName>Policy Display Name</DisplayName>
デフォルト:

なし

この要素を省略した場合、ポリシーの name 属性の値が使用されます

要否: 省略可
型: 文字列

<Source> 要素

JSON に変換する XML メッセージを含む変数、リクエスト、またはレスポンスです。

ソース メッセージの HTTP Content-type ヘッダーを application/xml に設定する必要があります。設定されていない場合、ポリシーは適用されません。

<Source> が定義されていない場合は、メッセージとして処理されます(ポリシーがリクエスト フローに接続されている場合はリクエスト、ポリシーがレスポンス フローに接続されている場合はレスポンスに解決される)。

ソース変数を解決できない場合、あるいはメッセージ以外のタイプに解決される場合、ポリシーはエラーを返します。

<Source>response</Source>
デフォルト リクエストまたはレスポンス(ポリシーが API プロキシフローに追加されている場所によって決まる)。
要否 省略可
メッセージ

<OutputVariable> 要素

XML to JSON 形式変換の出力を格納します。これは通常はソースと同じ値です。つまり、通常は XML レスポンスが JSON レスポンスに変換されます。

XML メッセージのペイロードが解析されて JSON に変換され、XML 形式のメッセージの HTTP Content-type ヘッダーは application/json に設定されます。

OutputVariable が指定されていない場合、sourceOutputVariable として扱われます。たとえば、sourceresponse である場合、OutputVariable のデフォルトは response になります。

<OutputVariable>response</OutputVariable>
デフォルト リクエストまたはレスポンス(ポリシーが API プロキシフローに追加されている場所によって決まる)。
要否 <Source> 要素で定義された変数が文字列型の場合、この要素は必須です。
メッセージ

<Options>

Options により、XML から JSON への変換を制御できます。特定の変換設定を追加できる <Options> グループ、または事前定義オプションのテンプレートを参照できる <Format> 要素を使用します。<Options><Format> の両方を使用することはできません。

<Format> を使用しない場合は <Options> が必要です。

<Options>/<RecognizeNumber> 要素

true の場合、XML ペイロードの数値フィールドは元の形式を維持します。

<RecognizeNumber>true</RecognizeNumber>

以下の XML の例を考えてみましょう。

<a>
  <b>100</b>
  <c>value</c>
</a>

true の場合、次のように変換されます。

{
    "a": {
        "b": 100,
        "c": "value"
    }
}

false の場合、次のように変換されます。

{
    "a": {
        "b": "100",
        "c": "value"
    }
}
デフォルト false
要否 省略可
ブール値

<Options>/<RecognizeBoolean> 要素

変換の際に true/false ブール値が維持され、文字列に変換されません。

<RecognizeBoolean>true</RecognizeBoolean>

次の XML 例の場合、以下のように変換されます。

<a>
  <b>true</b>
  <c>value</c>
</a>

true の場合、次のように変換されます。

{
    "a": {
        "b": true,
        "c": "value"
    }
}

false の場合、次のように変換されます。

{
    "a": {
        "b": "true",
        "c": "value"
    }
}
デフォルト false
要否 省略可
ブール値

<Options>/<RecognizeNull> 要素

空の値を null 値に変換できます。

<RecognizeNull>true</RecognizeNull>

次の XML の場合、以下のように変換されます。

<a>
  <b></b>
  <c>value</c>
</a>

true の場合、次のように変換されます。

{
  "a": {
    "b": null,
    "c": "value"
  }
}

false の場合、次のように変換されます。

{
  "a": {
    "b": {},
    "c": "value"
  }
}
デフォルト false
要否 省略可
ブール値

<Options>/<NullValue> 要素

変換されるメッセージ内の null 値を構成するものを示します。デフォルトでは、値は NULL です。

<NullValue>NULL</NullValue>
デフォルト NULL
要否 省略可
文字列

<Options>/<NamespaceBlockName> 要素
<Options>/<DefaultNamespaceNodeName> 要素
<Options>/<NamespaceSeparator> 要素

これらの要素を一緒に使用します。

<NamespaceBlockName>#namespaces</NamespaceBlockName>
<DefaultNamespaceNodeName>&</DefaultNamespaceNodeName>
<NamespaceSeparator>***</NamespaceSeparator>

以下の XML の例を考えてみましょう。

<a xmlns="http://ns.com" xmlns:ns1="http://ns1.com">
  <ns1:b>value</ns1:b>
</a>

NamespaceSeparator が指定されていない場合、次の JSON 構造が生成されます。

{
    "a": {
        "b": "value"
    }
}

NamespaceBlockName 要素、DefaultNamespaceNodeName 要素、NamespaceSeparator 要素がそれぞれ #namespaces&*** として指定されている場合、次の JSON 構造が生成されます。

{
    "a": {
        "#namespaces": {
            "&": "http://ns.com",
            "ns1": "http://ns1.com"
        },
        "ns1***b": "value"
    }
}
デフォルト 上の例をご覧ください。
要否 省略可
ただし、<NamespaceBlockName> を指定する場合は、その他の 2 つの要素も指定する必要があります。
文字列

<Options>/<TextAlwaysAsProperty> 要素
<Options>/<TextNodeName> 要素

これらの要素を一緒に使用します。

true に設定すると、XML 要素のコンテンツが文字列プロパティに変換されます。

<TextAlwaysAsProperty>true</TextAlwaysAsProperty>
<TextNodeName>TEXT</TextNodeName>

次の XML の場合、以下のように変換されます。

<a>
  <b>value1</b>
  <c>value2<d>value3</d>value4</c>
</a>

TextAlwaysAsPropertytrue に設定され、TextNodeNameTEXT として指定されている場合、次の JSON 構造が生成されます。

{
  "a": {
    "b": {
      "TEXT": "value1"
    },
    "c": {
      "TEXT": [
        "value2",
        "value4"
        ],
        "d": {
          "TEXT": "value3"
        }
      }
    }
}

TextAlwaysAsPropertyfalse に設定され、TextNodeNameTEXT として指定されている場合、次の JSON 構造が生成されます。

{
  "a": {
    "b": "value1",
    "c": {
      "TEXT": [
        "value2",
        "value4"
      ],
      {
        "d": "value3",
      }
    }
}
デフォルト <TextAlwaysAsProperty>: false
<TextNodeName>: 該当なし
要否 省略可
<TextAlwaysAsProperty>: ブール値
<TextNodeName>: 文字列

<Options>/<AttributeBlockName> 要素
<Options>/<AttributePrefix> 要素

これらの要素を一緒に使用します。

値を JSON ブロックにグループ化して、属性名に接頭辞を追加できます。

<AttributeBlockName>FOO_BLOCK</AttributeBlockName>
<AttributePrefix>BAR_</AttributePrefix>

以下の XML の例を考えてみましょう。

<a attrib1="value1" attrib2="value2"/>

XML to JSON の例で定義されているように、両方の属性(AttributeBlockNameAttributePrefix)が指定されている場合、次の JSON 構造が生成されます。

{
  "a": {
    "FOO_BLOCK": {
      "BAR_attrib1": "value1",
      "BAR_attrib2": "value2"
    }
  }
}

AttributeBlockName のみを指定すると、次の JSON 構造が生成されます。

{
    "a": {
        "FOO_BLOCK": {
            "attrib1": "value1",
            "attrib2": "value2"
        }
    }
}

AttributePrefix のみを指定すると、次の JSON 構造が生成されます。

{
    "a": {
        "BAR_attrib1": "value1",
        "BAR_attrib2": "value2"
    }
}

どちらも指定されていない場合、次の JSON 構造が生成されます。

{
    "a": {
        "attrib1": "value1",
        "attrib2": "value2"
    }
}
デフォルト 上の例をご覧ください。
要否 省略可
文字列

<Options>/<OutputPrefix> 要素
<Options>/<OutputSuffix> 要素

これらの要素を一緒に使用します。

<OutputPrefix>PREFIX_</OutputPrefix>
<OutputSuffix>_SUFFIX</OutputSuffix>

以下の XML の例を考えてみましょう。

<a>value</a>

XML to JSON の例で定義されているように、両方の属性(OutputPrefixOutputSuffix)が指定されている場合、次の JSON 構造が生成されます。

PREFIX_{
    "a": "value"
}_SUFFIX

OutputPrefix のみを指定すると、次の JSON 構造が生成されます。

PREFIX_{
  "a" : "value"
}

OutputSuffix のみを指定すると、次の JSON 構造が生成されます。

{
  "a" : "value"
}_SUFFIX

OutputPrefixOutputSuffix のいずれも指定されていない場合、次の JSON 構造が生成されます。

{
    "a": "value"
}
デフォルト 上の例をご覧ください。
要否 省略可
文字列

<Options>/<StripLevels> 要素

<Options>
    <StripLevels>4</StripLevels>
</Options>

SOAP などの XML ペイロードには、変換後の JSON に含めたくない親レベルが多数あることがあります。以下の例では、SOAP レスポンスに多数のレベルが含まれています。

<soap:Envelope xmlns:soap="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/Schemata-instance" xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema">
  <soap:Body>
      <GetCityWeatherByZIPResponse xmlns="http://ws.cdyne.com/WeatherWS/">
          <GetCityWeatherByZIPResult>
              <State>CO</State>
              <City>Denver</City>
              <Description>Sunny</Description>
              <Temperature>62</Temperature>
          </GetCityWeatherByZIPResult>
      </GetCityWeatherByZIPResponse>
  </soap:Body>
</soap:Envelope>

State、City、Description、および Temperature レベルに達するまでに 4 つのレベルがあります。<StripLevels> を使用しない場合、変換した後の JSON レスポンスは次のようになります。

{
   "Envelope" : {
      "Body" : {
         "GetCityWeatherByZIPResponse" : {
            "GetCityWeatherByZIPResult" : {
               "State" : "CO",
               "City" : "Denver",
               "Description" : "Sunny",
               "Temperature" : "62"
            }
         }
      }
   }
}

JSON レスポンスの最初の 4 つのレベルを削除する場合は、<StripLevels>4</StripLevels> を設定します。これにより、次の JSON が生成されます。

{
  "State" : "CO",
  "City" : "Denver",
  "Description" : "Sunny",
  "Temperature" : "62"
}

除去できるレベルは、複数の子を含んでいる最初の要素までです。これが意味するところについては、より複雑な JSON の例を見てみましょう。

{
   "Envelope" : {
      "Body" : {
         "GetCityForecastByZIPResponse" : {
            "GetCityForecastByZIPResult" : {
               "ResponseText" : "City Found",
               "ForecastResult" : {
                  "Forecast" : [
                     {
                        "ProbabilityOfPrecipiation" : {
                           "Nighttime" : "00",
                           "Daytime" : 10
                        }  ...

この例のレベル 3 は GetCityForecastByZIPResponse です。子要素は 1 つだけです。したがって、<StripLevels>3</StripLevels> を使用する(最初の 3 つのレベルを削除する)場合、JSON は次のようになります。

{
   "GetCityForecastByZIPResult" : {
      "ResponseText" : "City Found",
      "ForecastResult" : {
         "Forecast" : [
            {
               "ProbabilityOfPrecipiation" : {
                  "Nighttime" : "00",
                  "Daytime" : 10
               }  ...

GetCityForecastByZIPResult には複数の子要素があります。これが複数の子要素を持つ最初の要素であるため、この最後のレベルを <StripLevels>4</StripLevels> を使用して削除できます。これにより、次の JSON が得られます。

{
   "ResponseText" : "City Found",
   "ForecastResult" : {
      "Forecast" : [
         {
            "ProbabilityOfPrecipiation" : {
               "Nighttime" : "00",
               "Daytime" : 10
            }  ...

レベル 4 が複数の子を含んだ最初のレベルであるため、これより下のレベルは除去できません。除去レベルを 5、6、7 といった具合に設定しても、引き続き上記のレスポンスが取得されます。

デフォルト 0 (レベル除去なし)
要否 省略可
整数

<Options>/<TreatAsArray>/<Path> 要素

<Options>
    <TreatAsArray>
        <Path unwrap="true">teachers/teacher/studentnames/name</Path>
    </TreatAsArray>
</Options>

これらの要素の組み合わせにより、XML ドキュメントの値を確実に JSON 配列に入れることができます。これは、たとえば子要素の数が(1 から複数まで)異なる可能性があり、値が常に配列内に入るようにする場合に役立ちます。こうすることで、配列からデータを毎回同じように取得できるため、コードを安定させることができます。たとえば、$.teachers.teacher.studentnames[0] は配列内の値の数に関係なく、配列内の最初の生徒名の値を取得します。

XML to JSON のデフォルトの動作を確認し、<TreatAsArray>/<Path> を使用して出力を制御する方法を見てみましょう。

XML ドキュメントに複数の子の値を持つ要素が含まれている場合(通常は要素の maxOccurs='unbounded' のスキーマに基づきます)、XML to JSON ポリシーは自動的に配列に格納します。たとえば、次の XML ブロックを見てみましょう。

<teacher>
    <name>teacherA</name>
    <studentnames>
        <name>student1</name>
        <name>student2</name>
    </studentnames>
</teacher>

これは、特殊なポリシー構成なしで、以下の JSON に自動的に変換されます。

{
  "teachers" : {
      "teacher" : {
          "name" : "teacherA",
          "studentnames" : {
              "name" : [
                 "student1",
                 "student2"
              ]}
           }
      }
}

2 つの生徒名が配列に入っています。

ただし、1 つの生徒しか XML ドキュメントに存在しない場合、XML to JSON ポリシーは自動的にこの値を、文字列の配列でなく、ひとつの文字列として扱います。これを、下の例で示します。

{
  "teachers" : {
      "teacher" : {
          "name" : "teacherA",
          "studentnames" : {
              "name" : "student1"
              }
          }
      }
}

これまでの例では、同様のデータが、あるものは配列に、またあるものはひとつの文字列にと、さまざまな方法で変換されていました。ここで、<TreatAsArray>/<Path> 要素を使用して出力を制御できます。たとえば、生徒名の値が 1 つしかなくても、常に配列に入れられるようにできます。このように構成するには、配列に入れたい値を持つ要素へのパスを、以下のようにして見つけます。

<Options>
    <TreatAsArray>
        <Path>teachers/teacher/studentnames/name</Path>
    </TreatAsArray>
</Options>

上の構成によって、次のような JSON が作成されます。

{
  "teachers" : {
      "teacher" : {
          "name" : "teacherA",
          "studentnames" : {
              "name" : ["student1"]
              }
            ]
          }
      }
}

student1 が配列の中に入るようになりました。これで、生徒が 1 人か複数かにかかわらず、次の JSONPath を使用してコード内の JSON 配列から取得できます。 $.teachers.teacher.studentnames.name[0]

<Path> 要素にも unwrap 属性があります。これについては次のセクションで説明します。

デフォルト なし
要否 省略可
文字列

属性

 <Options>
    <TreatAsArray>
        <Path unwrap="true">teachers/teacher/studentnames/name</Path>
    </TreatAsArray>
</Options>
属性 説明 要否
unwrap

デフォルト: false

JSON 出力から要素を削除します。これを使用することで、JSON を合理化、つまりフラット(「ラップ解除」)にします。値を取得するために必要な JSONPath も短くなります。たとえば、$.teachers.teacher.studentnames.name[*] の代わりに、JSON を Flatten 変換した $.teachers.studentnames[*] を使用できます。

以下に JSON の例を示します。


{
  "teachers" : {
      "teacher" : {
          "name" : "teacherA",
          "studentnames" : {
              "name" : [
                 "student1",
                 "student2"
              ]}...

この例では、teacher 要素と受講者名の name 要素は不要になりそうなものです。そのため、これらは削除またはラップ解除できます。<Path> 要素を構成する方法は次のとおりです。


<TreatAsArray>
    <Path unwrap="true">teachers/teacher</Path>
    <Path unwrap="true">teachers/teacher/studentnames/name</Path>
</TreatAsArray>

unwrap 属性を true に設定し、ラップ解除する要素のパスを指定します。JSON 出力は次のようになります。


{
  "teachers" : [{
      "name" : "teacherA",
      "studentnames" : ["student1","student2"]
      }]...

<Path> 要素は <TreatAsArray> 要素内にあるため、パス内の両方の要素が JSON 出力では配列として扱われます。

省略可 ブール値

その他の例と機能のチュートリアルについては、次の Apigee コミュニティの記事をご覧ください: https://community.apigee.com/content/kbentry/33374/new-edge-minifeature-the-treatasarray-option-in-th.html

<Format>

Format により、XML から JSON への変換を制御できるようになります。このトピックで説明した特定の Options 要素の組み合わせが含まれている、事前定義テンプレートの名前を入力します。事前定義された形式には次のものがあります。xml.comyahoogooglebadgerFish

<Format> 要素か <Options> グループのいずれかを使用します。<Format><Options> の両方は使用できません。

以下は、それぞれの事前定義テンプレートの形式定義です。

xml.com

<RecognizeNull>true</RecognizeNull>
<TextNodeName>#text</TextNodeName>
<AttributePrefix>@</AttributePrefix>

yahoo

<RecognizeNumber>true</RecognizeNumber>
<TextNodeName>content</TextNodeName>

google

<TextNodeName>$t</TextNodeName>
<NamespaceSeparator>$</NamespaceSeparator>
<TextAlwaysAsProperty>true</TextAlwaysAsProperty>

badgerFish

<TextNodeName>$</TextNodeName>
<TextAlwaysAsProperty>true</TextAlwaysAsProperty>
<AttributePrefix>@</AttributePrefix>
<NamespaceSeparator>:</NamespaceSeparator>
<NamespaceBlockName>@xmlns</NamespaceBlockName>
<DefaultNamespaceNodeName>$</DefaultNamespaceNodeName>

要素の構文:

<Format>yahoo</Format>
デフォルト 使用可能な形式の名前を入力します。
xml.comyahoogooglebadgerFish
要否 <Options> を使用しない場合は必須です。
文字列

スキーマ


エラー リファレンス

This section describes the fault codes and error messages that are returned and fault variables that are set by Edge when this policy triggers an error. This information is important to know if you are developing fault rules to handle faults. To learn more, see What you need to know about policy errors and Handling faults.

Runtime errors

These errors can occur when the policy executes.

Fault code HTTP status Cause Fix
steps.xmltojson.ExecutionFailed 500 This error occurs when the input payload (XML) is empty or the input XML is invalid or malformed.
steps.xmltojson.InCompatibleType 500 This error occurs if the type of the variable defined in the <Source> element and the <OutputVariable> element are not the same. It is mandatory that the type of the variables contained within the <Source> element and the <OutputVariable> element matches.
steps.xmltojson.InvalidSourceType 500 This error occurs if the type of the variable used to define the <Source> element is invalid.The valid types of variable are message and string.
steps.xmltojson.OutputVariableIsNotAvailable 500 This error occurs if the variable specified in the <Source> element of the XML to JSON policy is of type string and the <OutputVariable> element is not defined. The <OutputVariable> element is mandatory when the variable defined in the <Source> element is of type string.
steps.xmltojson.SourceUnavailable 500 This error occurs if the message variable specified in the <Source> element of the XML to JSON policy is either:
  • out of scope (not available in the specific flow where the policy is being executed) or
  • can't be resolved (is not defined)

Deployment errors

These errors can occur when you deploy a proxy containing this policy.

Error name Cause Fix
EitherOptionOrFormat If one of the elements <Options> or <Format> is not declared in the XML to JSON Policy, then the deployment of the API proxy fails.
UnknownFormat If the <Format> element within the XML to JSON policy has an unknown format defined, then the deployment of the API proxy fails. Predefined formats include: xml.com, yahoo, google, and badgerFish.

Fault variables

These variables are set when a runtime error occurs. For more information, see What you need to know about policy errors.

Variables Where Example
fault.name="fault_name" fault_name is the name of the fault, as listed in the Runtime errors table above. The fault name is the last part of the fault code. fault.name = "SourceUnavailable"
xmltojson.policy_name.failed policy_name is the user-specified name of the policy that threw the fault. xmltojson.XMLtoJSON-1.failed = true

Example error response

{
  "fault": {
    "faultstring": "XMLToJSON[XMLtoJSON-1]: Source xyz is not available",
    "detail": {
      "errorcode": "steps.xml2json.SourceUnavailable"
    }
  }
}

Example fault rule

<faultrule name="VariableOfNonMsgType"></faultrule><FaultRule name="XML to JSON Faults">
    <Step>
        <Name>AM-SourceUnavailableMessage</Name>
        <Condition>(fault.name Matches "SourceUnavailable") </Condition>
    </Step>
    <Step>
        <Name>AM-BadXML</Name>
        <Condition>(fault.name = "ExecutionFailed")</Condition>
    </Step>
    <Condition>(xmltojson.XMLtoJSON-1.failed = true) </Condition>
</FaultRule>

関連トピック

JSON to XML: JSON to XML ポリシー