組織ユーザーの管理

このトピックでは、組織ユーザーを作成、管理する方法について説明します。これらの作業を行うには、組織管理者である必要があります。

組織管理者について

Agipee Edge 組織でエンティティを作成、読み取り、編集、削除する明示的な権限は、組織管理者から組織ユーザーに付与されます。権限は役割に基づいており、1 つの役割には具体的な権限のセットが含まれています。この権限体系は、役割ベースのアクセス制御(RBAC)とも呼ばれます。

組織ユーザーはどんな Edge エンティティを扱うか

組織ユーザーは、以下のようなさまざまなエンティティを処理します。

  • API プロキシ
  • API プロダクト
  • デベロッパー アプリ
  • デベロッパー
  • 環境(Trace ツール セッションとデプロイ)
  • カスタム レポート(分析)

どの程度の処理が許可されるかは、組織管理者がユーザーに割り当てる役割に応じて異なります。役割の割り当てもご覧ください。

ユーザーの表示

New Edge エクスペリエンスで組織ユーザーを表示するには、[Admin] > [Users] を選択します。

従来の Edge で組織ユーザーを表示するには、[Admin] > [Organization Users] を選択します。

ユーザーごとに以下の情報を確認できます。

  • 名前: ユーザーの作成時に入力したユーザーの名前。
  • プライマリ メール: ユーザーの作成時に入力したメールアドレス。
  • 役割: アクセス権限のレベルを決定するユーザーの役割。デフォルトでは、Apigee のすべての機能へのフルアクセスを付与するユーザー役割がすべてのユーザーに与えられます。役割の割り当てもご覧ください。

ユーザーの追加

組織ユーザーを追加するには:

  1. Edge 管理 UI に組織管理者としてログインします。
  2. [Admin] > [Users] を選択します。
    組織管理者以外のユーザーに対しては、このメニューは表示されません。
  3. [+ User] をクリックします。[Add a User] 画面が表示されます。
  4. ユーザーのメールアドレスを入力します。
  5. ユーザーに割り当てる役割を選択します。
    1 ユーザーに複数の役割を追加できます。
  6. [Save] をクリックします。

Apigee アカウントがすでに作成済みであれば、Apigee Edge へのログイン後に新しい組織がユーザーに表示されます。Apigee アカウントが作成済みでない新しいユーザーには、アカウント有効化、パスワードのリセット、ログイン手順を記載したメールが送信されます。

ユーザー プロフィールと割り当てられている役割の編集

新しいユーザーの作成時または既存のユーザーの編集時に、ユーザー プロフィールを編集し、1 つ以上の役割をユーザーに追加できます。役割の割り当てもご覧ください。

ユーザー プロフィールと割り当てられている役割を編集するには:

  1. [Admin] > [Users] を選択します。
  2. 既存のユーザーの名前をクリックします。
  3. [編集] をクリックします。
  4. 自分の姓名だけを変更できます。他のユーザーの姓名は変更できません。
  5. 次のように役割を追加または削除します。
    • 役割を追加するには、[Roles] フィールドの中をクリックし、プルダウンから新しい役割を選択します。
    • 役割を削除するには、その役割の x をクリックします。
  6. 必要に応じて、前のステップを繰り返して役割を追加します。
  7. [Save] をクリックします。

組織からのユーザーの削除

組織からユーザーを削除するには、組織管理者である必要があります。

  1. [Admin] > [Users] を選択します。
  2. 削除するユーザーに関連付けられている [Actions] 列で [Remove] をクリックします。

ユーザーを Apigee から完全に削除するには、Apigee サポートにご連絡ください。