クラウドベースの Edge インストールでの TLS の使用

次の図は、Edge クラウドのお客様が TLS を構成する場所を示しています。

Edge は Apigee によってクラウドにデプロイされているため、Apigee では Edge 管理 UI と API に対して TLS アクセスが構成済みです。そのため、お客様は次の表の最初の 2 行で示している HTTPS URL を使用して管理 UI と API にアクセスできます。

アプリから API へのアクセスと Apigee からバックエンド サービスへのアクセスについては、お客様が TLS を構成する必要があります。次の表は、クラウドベースの Edge インストールに対してお客様が TLS アクセスを構成する場所を説明しています。

ソース

宛先

TLS アクセス

1

API デベロッパー

Edge 管理 UI

TLS アクセスは Apigee によって事前構成されています。事前定義された URL https://enterprise.apigee.com を使用して Edge 管理 UI にアクセスします。

2

API デベロッパー

Edge 管理 API

TLS アクセスは Apigee によって事前構成されています。事前定義された URL https://api.enterprise.apigee.com を使用して Edge 管理 API にアクセスします。

3

API クライアント(アプリ)

API

有料サービスのお客様は仮想ホストを使用した場合に TLS アクセスが構成されています。無料アカウントとトライアル アカウントでは、API プロキシからの TLS アクセスを構成できません。

Symantec、VeriSign などの信頼できる事業体による証明書の署名が必要です。自己署名証明書、または自己署名 CA によって署名されたリーフ証明書は使用できません。

詳しくは Cloud 用 API への TLS アクセスの構成をご覧ください。

4

Edge

ターゲット エンドポイント

お客様が Edge 上で TLS 構成を処理します。バックエンド サーバーでも、TLS を正しく構成する必要があります。

詳しくは Edge からバックエンドへの TLS の構成(Cloud、Private Cloud)をご覧ください。

詳細: