地域別集計と GeoMap の有効化

地域別集計を使用すると、地域、大陸、国、都市などの地理的属性に基づいて API 呼び出しの分析データを収集できます。この分析データから、API リクエストの場所を示す GeoMap を Edge UI に表示できます。

地域別集計では、サードパーティのデータベースから地理データが抽出され、それらのデータが Edge で収集された分析データに追加されます。地理情報には、API プロキシに対して行われたリクエストの都市、国、大陸、タイムゾーン、地域が含まれます。

地域別集計を使用するには、この地理情報が含まれている MaxMind GeoIP2 データベースを購入する必要があります。詳細については、https://www.maxmind.com/en/geoip2-databases をご覧ください。

地域別集計の有効化

デフォルトでは、地域別集計は有効になっていません。地域別集計を有効にするには、次の作業を行う必要があります。

  • すべての Qpid サーバーに MaxMind データベースをインストールし、Qpid サーバーでこのデータベースが使用されるように構成します。
  • Edge UI で GeoMap の表示を有効にします。

すべての Edge Qpid サーバーに MaxMind データベースをインストールする

次の手順に従って、すべての Edge Qpid サーバーに MaxMind データベースをインストールします。

  1. MaxMind GeoIP2 データベースを入手します。
  2. Qpid サーバーノードに次のフォルダを作成します。
    /opt/apigee/maxmind
  3. Maxmind GeoIp2 データベースを /opt/apigee/maxmind にダウンロードします。
  4. データベース ファイルの所有者を「apigee」ユーザーに変更します。
    chown apigee:apigee /opt/apigee/maxmind/GeoIP2-City_20160127.mmdb
  5. データベースに対する権限を 744 に設定します。
    chmod 744 /opt/apigee/maxmind/GeoIP2-City_20160127.mmdb
  6. /opt/apigee/customer/application/qpid-server.properties で次のトークンを設定します。このファイルが存在しない場合は作成します。
    conf_ingestboot-service_vdim.geo.ingest.enabled=true
        conf_ingestboot-service_vdim.geo.maxmind.db.path=/opt/apigee/maxmind/GeoIP2-City_20160127.mmdb

    MaxMind GeoIP2 データベースを別の場所に保存した場合は、それに応じて path プロパティを編集します。

    このデータベース ファイルにはバージョン番号が含まれています。更新されたデータベース ファイルを後で入手した場合は、バージョン番号が異なる可能性があります。代わりの方法として、データベース ファイルへのシンボリック リンクを作成し、qpid-server.properties でそのシンボリック リンクを使用することもできます。

    たとえば、「GeoIP2-City_20160127.mmdb」に対して「GeoIP2-City-current.mmdb」というシンボリック リンクを作成します。そうすれば、ファイル名が異なる新しいデータベースを後で入手した場合にシンボリック リンクを更新するだけで済みます。Qpid サーバーを再構成して再起動する必要はありません。

  7. qpid-server.properties ファイルの所有者を「apigee」ユーザーに変更します。
    chown apigee:apigee /opt/apigee/customer/application/qpid-server.properties
  8. Qpid サーバーを再起動します。
    /opt/apigee/bin/apigee-service/bin/apigee-service edge-qpid-server restart
  9. すべての Qpid ノードでこのプロセスを繰り返します。
  10. 地域別集計が機能していることを確認するには:
    1. サンプルの API プロキシに対して複数の API プロキシ呼び出しをトリガーします。
    2. 集計が完了するまで約 5~10 分待ちます。
    3. コンソールを開き、Edge Postgres サーバーに接続します。
      psql -h /opt/apigee/var/run/apigee-postgresql/ -U apigee -d apigee
    4. テーブル analytics.agg_geo に対して SELECT クエリを実行し、地理的属性を含む行を表示します。
      select * from analytics.agg_geo;

      クエリ結果に Maxmind GeoIp2 データベースから抽出された ax_geo_city, ax_geo_country, ax_geo_continent, ax_geo_timezone, ax_geo_region の各列が出力されていれば、正常に機能しています。

      agg_geo テーブルにデータが格納されていない場合は、/opt/apigee/var/log/edge-qpid-server/logs/ にある Qpid サーバーのログを調べて、例外が出力されていないか確認します。

Edge UI で GeoMap を有効にする

次の手順に従って、Edge UI で GeoMap を有効にします。

  1. /opt/apigee/customer/application/ui.properties で次のトークンを設定して、GeoMap を有効にします。このファイルが存在しない場合は作成します。
    conf_apigee_apigee.feature.disablegeomap=false
  2. ui.properties ファイルの所有者を「apigee」ユーザーに変更します。
    chown apigee:apigee /opt/apigee/customer/application/ui.properties
  3. Edge UI を再起動します。
    /opt/apigee/bin/apigee-service/bin/apigee-service edge-ui restart
  4. Edge UI で、[Analytics] > [GeoMap] を選択して地域別集計データを表示します。

MaxMind GeoIP2 データベースの更新

MaxMind は、MaxMind GeoIP2 データベースの定期的な更新を送信しています。更新されたデータベースを入手した場合は、次の手順に従って Edge にインストールします。

  1. 更新された MaxMind GeoIP2 データベースを入手します。
  2. Maxmind GeoIp2 データベースを /opt/apigee/maxmind にダウンロードします。
  3. データベース ファイルの名前を確認します。/opt/apigee/customer/application/qpid-server.properties で定義された古いファイルとファイル名が同じである場合は、次のステップに進みます。ファイル名が異なる場合は、qpid-server.properties ファイルを編集して新しいデータベース ファイルの名前を指定してから、上記の説明に従って Qpid サーバーを再起動する必要があります。

    代わりの方法として、データベース ファイルへのシンボリック リンクを作成することもできます。たとえば、「GeoIP2-City_20160127.mmdb」に対して「GeoIP2-City-current.mmdb」というシンボリック リンクを作成します。そうすれば、ファイル名が異なる新しいデータベースを後で入手した場合にシンボリック リンクを更新するだけで済みます。Qpid サーバーを再構成する必要はありません。

  4. データベース ファイルの所有者を「apigee」ユーザーに変更します。
    chown apigee:apigee /opt/apigee/maxmind/GeoIP2-City_20160127.mmdb
  5. データベースに対する権限を 744 に設定します。
    chmod 744 /opt/apigee/maxmind/GeoIP2-City_20160127.mmdb
  6. Qpid サーバーを再起動します。
    /opt/apigee/bin/apigee-service/bin/apigee-service edge-qpid-server restart
  7. すべての Qpid ノードでこのプロセスを繰り返します。