HTTP リクエスト / レスポンス ヘッダーの制限の設定

Edge Router と Message Processor では、リクエスト / レスポンス ヘッダーのサイズと行サイズの制限が事前に定義されています。

Router の制限を構成する

Router では、/opt/apigee/customer/application/router.properties の次のプロパティを編集して、デフォルト値を変更します。

# Request buffers
      # default:
      # conf_load_balancing_load.balancing.driver.large.header.buffers=8 16k
      # new value:
      conf_load_balancing_load.balancing.driver.large.header.buffers=8 32k

      # Response buffers
      # default:
      # conf_load_balancing_load.balancing.driver.proxy.buffer.size=64k
      # new value:
      conf_load_balancing_load.balancing.driver.proxy.buffer.size=128k

ファイルが存在しない場合は作成します。

conf_load_balancing_load.balancing.driver.large.header.buffers では、最初のパラメータがバッファの数を指定し、2 番目のパラメータが各バッファのサイズを指定します。バッファは動的に割り当てられ、使用後に解放されます。この設定は、リクエスト ヘッダーが 1 KB を超えた場合にのみ使用されます。ヘッダー リクエストの URI が 1 KB 未満の場合、バッファサイズを大きくしても使用されません。

conf_load_balancing_load.balancing.driver.proxy.buffer.size では、レスポンス バッファのサイズを指定します。

Edge Router は Nginx を使用して実装されます。これらのプロパティの詳細については、以下をご覧ください。

プロパティの変更後に Router を再起動する必要があります。

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service edge-router restart

Message Processor の制限を構成する

バックエンド サービスへの送信リクエストを処理する Message Processor では、/opt/apigee/customer/application/message-processor.properties の次のプロパティを編集して、デフォルト値を変更します。

conf/http.properties+HTTPRequest.line.limit=7k
    conf/http.properties+HTTPRequest.headers.limit=25k
    conf/http.properties+HTTPResponse.line.limit=2k
    conf/http.properties+HTTPResponse.headers.limit=25k

ファイルが存在しない場合は作成します。

プロパティの変更後、Message Processor を再起動する必要があります。

/opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service edge-message-processor restart