複数の Edge UI インスタンスのサポート

高可用性シナリオでは、複数の Edge UI インスタンスをインストールできます。ただし、2 つの Edge UI インスタンスをインストールした後、それぞれのインスタンス間でプロパティ設定を同期させる目的で、インストール後のタスクを行う必要があります。

具体的には、次のプロパティに同じ値が入るように 2 つの UI インスタンスを構成してください。

application.secret=value
mail.smtp.credential=value
apigee.mgmt.credential=value

さらに、TLS を使用するようにこれらを構成する場合は、両方のインスタンスで必ず同じ証明書と鍵を使用する必要があります。

HTTP を使用する Edge UI インスタンスを構成する

  1. 1 つ目の Edge UI インスタンスをホストしているノードにログインします(UI 自体にログインするのではなく、ノード上のユーザーとしてログインします)。
  2. /opt/apigee/edge-ui/conf/apigee.conf をエディタで開き、後で使用するために次のプロパティの値をコピーします。
    mail.smtp.credential="value"
    apigee.mgmt.credential="value"
  3. /opt/apigee/edge-ui/conf/application.conf をエディタで開き、後で使用するために次のプロパティの値をコピーします。
    application.secret="value"
  4. 2 つ目の Edge UI インスタンスをホストしているノードにログインします。
  5. 2 つ目の UI インスタンスの /opt/apigee/customer/application/ui.properties をエディタで開きます。ファイルが存在しない場合は作成します。
  6. /opt/apigee/customer/application/ui.properties に次のプロパティを追加します。ここには、1 つ目の UI インスタンスからコピーした値が含まれます。
    conf_application_application.secret="value"
    conf_apigee_mail.smtp.credential="value"
    conf_apigee_apigee.mgmt.credential="value"

    これらの値の前に conf_application_ または conf_apigee_ を付加することに注意してください。

  7. ファイルを保存します。
  8. /opt/apigee/customer/application/ui.properties の所有者を「apigee」ユーザーにします。
    chown apigee:apigee /opt/apigee/customer/application/ui.properties
  9. 2 つ目の UI インスタンスを再起動します。
    /opt/apigee/apigee-service/bin/apigee-service edge-ui restart

これで、ユーザーは両方の UI インスタンスにログインできます。

TLS / HTTPS を使用する Edge UI インスタンスを構成する

  1. 管理 UI の TLS の構成の説明に従って、1 つ目の UI インスタンスが TLS / HTTPS を使用するように構成します。
  2. 上記の説明に従い 2 つ目の Edge UI インスタンスを HTTP 用に構成して、必要なプロパティを同期させます。
  3. 証明書と鍵を含む JKS ファイルを、1 つ目の UI インスタンスから、2 つ目の UI インスタンスをホストするノードにコピーします。
  4. 管理 UI の TLS の構成の説明に従って、2 つ目の UI インスタンスが TLS / HTTPS を使用するように構成します。