Google BigQuery 拡張機能

バージョン 1.0.0

BigQuery テーブルに行を挿入します。テーブルの行をリストします。

前提条件

ここでは、この拡張機能の構成と使用に関するリファレンスを提供します。ExtensionCallout ポリシーで API プロキシ経由で拡張機能を使用する前に、次のことを行う必要があります。

  1. お使いのアカウントで BigQuery API が有効になっていることを確認します。

  2. 行を追加する前に、BigQuery のデータセットテーブルスキーマ付き)が作成されていることを確認します。

  3. GCP Console でサービス アカウント キーを作成します

  4. 拡張機能の追加と構成を行うときに、構成リファレンスを使用して、生成されたキーの JSON ファイルのコンテンツを使用します。

Google BigQuery について

Google BigQuery はサーバーレスでスケーラブルなエンタープライズ データ ウェアハウスであり、Google のインフラストラクチャの処理能力を活用して SQL クエリを超高速で実行できます。インフラストラクチャの管理が不要なため、有用な情報を見つけるためのデータ分析に専念できます。また、データベースの操作には使い慣れた SQL を使用でき、データベース管理者も必要ありません。

実際の操作を通じた機能紹介については、Google BigQuery クイックスタートをお試しください。

アクション

insert

挿入する行とデータセット / テーブル ID を指定して、一連のレコードをデータセットとして直接 BigQuery に挿入します。

構文

<Action>insert</Action>
    <Input><![CDATA[{
      "dataset" : dataset-to-insert,
      "table" : table-to-receive-data,
      "rows" : array-of-rows-to-insert
    }]]></Input>
    

<Action>insert</Action>
    <Input><![CDATA[{
      "dataset" : "TestData",
      "table" : "TestTable",
      "rows" : [
        {"technology":"CRISPR","inventorFirstName":"Jennifer","inventorLastName":"Doudna"},
        {"technology":"World Wide Web","inventorFirstName":"Tim","inventorLastName":"Berners-Lee"}
        {"technology":"Alternating current","inventorFirstName":"Nikola","inventorLastName":"Tesla"}
      ]
    }]]></Input>
    

リクエスト パラメータ

パラメータ 説明 デフォルト 必須
dataset BigQuery に挿入するデータセットの ID。 文字列 なし
rows テーブルに挿入する行。 配列 なし
table データを受信するテーブルの名前。 文字列 なし

レスポンス

なし

listRows

テーブル ID とデータセット ID によって指定されたテーブル内の行のリストを取得します。

構文

<Action>listRows</Action>
    <Input><![CDATA[{
      "dataset" : ID-of-dataset-to-examine,
      "limit" : maximum-rows-to-list,
      "startIndex" : row-index-at-which-to-start-list
      "table" : ID-of-table-to-examine
    }]]></Input>
    

<Action>listRows</Action>
    <Input><![CDATA[{
      "dataset" : "TestData",
      "limit" : 2,
      "startIndex" : 1,
      "table" : "TestTable"
    }]]></Input>
    

リクエスト パラメータ

パラメータ 説明 デフォルト 必須
dataset 行のリストを取得するデータセットの ID。 文字列 なし
limit リストを取得する最大行数。 整数 なし ×
startIndex リスト取得を開始する行のインデックス。 整数 なし ×
table 行のリストを取得するテーブルの ID。 文字列 なし

レスポンス

rows の配列。

{
      "rows": [
        {"technology":"World Wide Web","inventorFirstName":"Tim","inventorLastName":"Berners-Lee"}
        {"technology":"Alternating current","inventorFirstName":"Nikola","inventorLastName":"Tesla"}
      ]
    }
    
パラメータ 説明 デフォルト 必須
rows リクエストに対して返された行の配列。 配列 なし

構成リファレンス

この拡張機能を API プロキシで使用するように構成してデプロイする場合は、以下のプロパティを使用します。Apigee Console で拡張機能を構成する手順については、拡張機能の追加と構成をご覧ください。

拡張機能の共通プロパティ

以下のプロパティはすべての拡張機能に存在します。

プロパティ 説明 デフォルト 必須
name この拡張機能の構成に指定する名前。 なし
packageName Apigee Edge によって指定された、拡張機能パッケージの名前。 なし
version 構成する拡張機能が含まれる拡張機能パッケージのバージョン番号。 なし
configuration 追加する拡張機能に固有の構成値。こちらの拡張機能パッケージのプロパティをご覧ください。 なし

この拡張機能パッケージのプロパティ

この拡張機能に固有の以下の構成プロパティに値を指定します。

プロパティ 説明 デフォルト 必須
projectId データがある GCP プロジェクトの ID。 なし
credentials Apigee Edge コンソール内で入力する場合は、サービス アカウント キーのファイルの内容です。管理 API を使用して設定する場合は、サービス アカウント キー のファイルから生成された、base64 でエンコード済みの値です。 なし