Google Cloud Natural Language 拡張機能

バージョン 1.2.0

この拡張機能により、Google Cloud Natural Language API にアクセスできます。

この拡張機能を使用すると、カテゴリを適用してコンテンツを分類できるだけでなく、コンテンツに反映されている感情をポジティブからネガティブまでの基準で分析できます。

ここでは、この拡張機能を構成して使用する方法についてのリファレンスを提供します。Apigee コンソールで拡張機能を構成する手順については、拡張機能の追加と構成をご覧ください。

アクション

classifyContent

テキスト部分を分析し、そのテキストに適用されるコンテンツ カテゴリのリストを返します。

Natural Language API のこの機能について詳しくは、コンテンツの分類コンテンツ カテゴリをご覧ください。

リクエスト パラメータ

<Input><![CDATA[{
      "data" : "content-to-analyze"
    }]]></Input>
    
パラメータ 説明 デフォルト 必須
data 分析対象のコンテンツ。 文字列 なし

レスポンス

コンテンツが分類されるカテゴリと信頼スコアを格納する項目からなるカテゴリ配列。

sentenceSentiment

指定されたテキストを分析して、そのテキストに反映されている感情的な考え方を明かにします。具体的には、執筆者の考え方がポジティブか、ネガティブか、ニュートラルかを判断します。

Natural Language API のこの機能について詳しくは、感情分析Natural Language API の基本をご覧ください。

リクエスト パラメータ

<Input><![CDATA[{
      "data" : "content-to-analyze"
    }]]></Input>
    
パラメータ 説明 デフォルト 必須
data 分析対象のコンテンツ。 文字列 なし

レスポンス

ドキュメント全体と、ドキュメントに含まれる各センテンスに対する感情スコアを(配列として)格納するオブジェクト。このオブジェクトには、ドキュメントと各センテンスの両方について、次のプロパティが含まれます。

  • Content プロパティ。分析されたコンテンツを示します。
  • Score プロパティ。コンテンツに反映されている感情を 1 から -1 の範囲で示します。正の数値はポジティブな感情を意味し、負の数値はネガティブな感情を意味します。
  • Magnitude プロパティ。コンテンツ全体に反映されている感情(ポジティブとネガティブの両方)の強度を 0.0 から +inf の範囲で示します。

entitySentiment

指定されたテキストを分析して、テキスト内の各エンティティについて表現された感情(ポジティブまたはネガティブ)を判断します。エンティティについての感情は、数値のスコアと強度の値によって表され、そのエンティティが言及されるたびに感情が判断されます。このスコアを集計して、そのエンティティの全体的な感情スコアと強度が計算されます。

Google Cloud Natural Language API のエンティティ分析について詳しくは、エンティティ感情分析感情分析の値の解釈をご覧ください。

リクエスト パラメータ

<Input><![CDATA[{
      "data" : "content-to-analyze"
    }]]></Input>
    
パラメータ 説明 デフォルト 必須
data 分析対象のコンテンツ。 文字列 なし

レスポンス

テキストに含まれるエンティティに対する感情スコアを格納するオブジェクトの配列。このオブジェクトには、ドキュメントと各センテンスの両方について、次のプロパティが含まれます。

  • Name プロパティ。
  • Type プロパティ。エンティティのタイプを示します。
  • Score プロパティ。エンティティに対する感情を 1 から -1 の範囲で示します。正の数値はポジティブな感情を意味し、負の数値はネガティブな感情を意味します。
  • Magnitude プロパティ。エンティティに対する感情(ポジティブとネガティブの両方)の強度を 0.0 から +inf の範囲で示します。

構成リファレンス

この拡張機能を API プロキシで使用するように構成してデプロイする場合は、以下のプロパティを使用します。

拡張機能の共通プロパティ

以下のプロパティはすべての拡張機能に存在します。

プロパティ 説明 デフォルト 必須
name この拡張機能の構成に指定する名前。 なし
packageName Apigee Edge によって指定された、拡張機能パッケージの名前。 なし
version 構成する拡張機能が含まれる拡張機能パッケージのバージョン番号。 なし
configuration 追加する拡張機能に固有の構成値。こちらの拡張機能パッケージのプロパティをご覧ください。 なし

この拡張機能パッケージのプロパティ

この拡張機能に固有の以下の構成プロパティに値を指定します。

プロパティ 説明 デフォルト 必須
credentials Apigee Edge コンソール内で入力する場合は、サービス アカウントのキーファイルの内容です。管理 API を使用して設定する場合は、サービス アカウントのキーファイルから生成された、base64 でエンコード済みの値です。 なし