DeleteOAuthV1Info ポリシー

概要

OAuth v1.0a リクエスト トークン、ベリファイア、アクセス トークンを削除する。

サンプル

アクセス トークンの削除

以下は、OAuth 1.0a アクセス トークンを削除するためのポリシーの例です。この例では、リクエスト メッセージ上で削除するアクセス トークンを見つけるために、token という名前のヘッダーを検索します。

<DeleteOAuthV1Info name="DeleteAccessToken">
     <AccessToken ref="request.header.token"></AccessToken>
</DeleteOAuthV1Info>

ベリファイアの削除

以下は、OAuth 1.0a ベリファイアを削除するためのポリシーの例です。この例では、リクエスト メッセージ上でベリファイアを見つけるために、verifier という名前のクエリ パラメータを検索します。

<DeleteOAuthV1Info name="DeleteAccessToken">
     <Verifier ref="request.queryparam.verifier"></Verifier>
</DeleteOAuthV1Info>

要素リファレンス

要素リファレンスでは、SetOAuthV1 ポリシーの要素と属性を記述します。

<DeleteOAuthV1Info async="false" continueOnError="false" enabled="true" name="Delete-OAuth-v10-Info-1">
    <DisplayName>Delete OAuth v1.0 Info-1</DisplayName>
    <Properties/>
    <AccessToken ref="request.header.token"/>
    <!--<RequestToken ref="request.header.token"></RequestToken>-->
    <!--<Verifier ref="request.header.verifier"></Verifier>-->
</DeleteOAuthV1Info>

<DeleteOAuthV1Info> 属性

<DeleteOAuthV1Info async="false" continueOnError="false" enabled="true" name="Delete-OAuth-v1-Info-1">
属性 説明 デフォルト 要否
async

リクエスト / レスポンス フローを処理するプールとは異なるスレッドプールでポリシーを実行するように指定するには、true に設定します。デフォルトは false です。

この設定は、内部最適化にのみ使用されます。

false 省略可
continueOnError

多くの場合、障害の発生時にポリシーがエラーを返すように設定します。この属性を true に設定すると、フロー実行が失敗したときに続行されます。

false 省略可
enabled ポリシーを適用するかどうかを設定します。false に設定すると、ポリシーは「オフ」になり、適用されません(ポリシーはフローに接続されたままになります)。 true 省略可
name

ポリシーの内部名。この名前は、ポリシーをフローに接続するときに Step 要素で参照されます。

注: 名前に使用できる文字は、A-Z0-9._\-$ % のみです。管理 UI では、この他にも制限があります。たとえば、英数字以外の文字は自動的に削除されます。

なし 必須

<AccessToken> 要素

削除するアクセス トークンが格納されている変数を指定します。たとえば、アクセス トークンが 「access_token」というクエリ パラメータとしてリクエスト メッセージに接続されている場合は、request.queryparam.token を指定します。トークンを参照する有効な変数を使用できます。まれなケースですが、リテラル トークン文字列を渡すこともできます。

 <AccessToken ref="request.header.token"></AccessToken>
デフォルト: なし
要否: アクセス トークンを削除する場合は必須です。
型: 文字列

属性

属性 説明 デフォルト 要否
ref

アクセス トークン変数。通常、フロー変数から取得します。たとえば、request.header.tokenrequest.queryparam.token などです。

なし 省略可

<DisplayName> 要素

管理 UI のプロキシ エディタでポリシーに設定する自然言語のラベル名です。省略すると、ポリシーの name 属性が使用されます。

<DisplayName>DeleteOAuthV1Info 1</DisplayName>
デフォルト: ポリシーの name 属性の値。
要否: 省略可
型: 文字列

<RequestToken> 要素

削除するリクエスト トークンが配置されている変数を識別します。たとえば、リクエスト トークンが 「code」というクエリ パラメータとしてリクエスト メッセージに添付されている場合は、request.queryparam.token を指定します。トークンを参照する有効な変数を使用できます。まれなケースですが、リテラル トークン文字列を渡すこともできます。

 <RequestToken ref="request.header.token"></RequestToken>
デフォルト: なし
要否: リクエスト トークンを削除する場合は必須です。
型: 文字列

属性

属性 説明 デフォルト 要否
ref

リクエスト トークン変数です。通常、フロー変数から取得します。たとえば、request.header.tokenrequest.queryparam.token などです。

なし 省略可

<Verifier> 要素

削除するベリファイア コードが配置されている変数を識別します。たとえば、ベリファイア コードが 「verifier」というクエリ パラメータとしてリクエスト メッセージに添付されている場合は、request.queryparam.verifier を指定します。トークンを参照する有効な変数を使用できます。まれなケースですが、リテラル トークン文字列を渡すこともできます。

 <Verifier ref="request.header.verifier"></Verifier>
デフォルト: なし
要否: リクエスト トークンを削除する場合は必須です。
型: 文字列

属性

属性 説明 デフォルト 要否
ref

ベリファイアを含む変数です。通常、フロー変数から取得します。たとえば、request.header.verifierrequest.queryparam.verifier などです。

なし 省略可

エラーコード

成功すると、ポリシーは 200 ステータスを返します。

失敗すると、ポリシーは 404 と次のような出力を返します。出力は削除対象(アクセス トークン、リクエスト トークン、検証コード)によって異なります。

    HTTP/1.1 404 Not Found
    Content-Type: application/json
    Content-Length: 144
    Connection: keep-alive

    {"fault":{"faultstring":"Invalid Access Token","detail":{"errorcode":"keymanagement.service.invalid_request-access_token_invalid"}}}

    

スキーマ

各ポリシータイプは XML スキーマ(.xsd)によって定義されます。ポリシー スキーマは GitHub から入手できます。

関連トピック