制限

API プログラム実装を作成、管理、確認する際は、プロダクトの構成に関する次の制限に注意してください。Apigee プロダクトは、これらの制限内で構成すると安定性とパフォーマンスが確保されるように設計されています。構成の制限内に収まっていることを追跡して確実にするのは、お客様の責任です(下記の表で「現在の使用状況の確認方法」の列をご覧ください)。これらの制限を超えると、API レイテンシの増加、API スループットの低下、API 呼び出しの失敗といった症状が 1 つ以上現れる可能性があります。制限超過による例外に関連するサポートケースを提出したお客様は、必要な変更を構成に加えるよう求められる場合があります。

制限は自動的に適用される場合とそうでない場合があります(下記の表で「現在の適用状況」の列をご覧ください)。Apigee に現在適用されていない制限が自動的に適用されるようにする場合、影響を受けるユーザーが事前に是正措置を取れるよう、制限の自動適用について通知するために商業上合理的な努力を行います。

以下の構成の制限は、Apigee Public Cloud サービスと Private Cloud(オンプレミス)サービスの両方に適用されます。これらの制限が適用されるかどうかは、プランのエンタイトルメントとは無関係です。このトピックに記載されている機能の一部は、Apigee Public Cloud でのみ利用できます。

ファイルと構成にはサイズと文字数の制限も適用されます(詳細についてはこちらをご覧ください)。

このページに記載する制限が更新された場合に通知が届くように登録してください。

機能領域 上限 現在の適用状況 現在の使用状況の確認方法

API プロキシ

API プロキシまたは共有フローの zip ファイルのバンドルサイズ(Hosted Targets と Node.js を除くプロキシ) 15 MB 使用状況を確認

Hosted Targets のバンドルサイズ

Hosted Targets は現在 Apigee Public Cloud でのみ使用可能です。

250 MB 計画済み 使用状況を確認

Hosted Targets

Hosted Targets の機能はプランのエンタイトルメントです。
詳しくは、Apigee Edge Cloud 比較マトリクスのスペックシートをご覧ください。

履歴に保持される API プロキシ リビジョン数 50 計画済み 使用状況を確認
API プロキシのリソース ファイルサイズ(XSL、JavaScript、Python、JAR などのファイル)。Hosted Targets リソースは含まれません。 15 MB 使用状況を確認
拡張機能 拡張機能はプランのエンタイトルメントです。
詳しくは、Apigee Edge Cloud スペックシートをご覧ください。
使用状況を確認

割り当て

分散された割り当ての同期間隔 10 秒以上 使用状況を確認

永続性: キャッシュ、KVM

環境スコープでのキャッシュ数 100 計画済み 使用状況を確認
キャッシュ内のアイテム数 キャッシュごとに 2,500,000 アイテム 計画済み 計画済み
キャッシュ キーサイズ 2 KB 使用状況を確認
キャッシュ値のサイズ 512 KB 使用状況を確認
キャッシュの有効期限 180 秒以上、30 日以下 計画済み 使用状況を確認
組織スコープでの Key-Value マップ(KVM)数 100 計画済み 使用状況を確認
環境スコープでの Key-Value マップ(KVM)数 100 計画済み 使用状況を確認
プロキシ スコープでの Key-Value マップ(KVM)数 100(所定の組織で定義されているすべての API プロキシの間で共有) 計画済み 使用状況を確認
KVM 内のアイテム数 1 つの組織のすべてのスコープの KVM 全体で合計 500 万個のアイテム 計画済み 使用状況を確認:
組織
環境
API プロキシ
API プロキシ リビジョン
Key-Value マップ(KVM)のキーサイズ 2 KB 使用状況を確認:
組織
環境
API プロキシ
API プロキシ リビジョン
Key-Value マップ(KVM)値のサイズ 10 KB 計画済み 使用状況を確認

キー、デベロッパー、アプリ、プロダクト

コンシューマ キー(API キー)サイズ 2 KB 使用状況を確認
コンシューマ シークレット サイズ 2 KB 使用状況を確認
デベロッパー、デベロッパー アプリ、API プロダクト、OAuth アクセス トークン、他の Edge エンティティに設定可能なカスタム属性の数 18 使用状況を確認:
デベロッパー
デベロッパー アプリ
API プロダクト
アクセス トークン
カスタム属性名のサイズ 1 KB 使用状況を確認:
デベロッパー
デベロッパー アプリ
API プロダクト
アクセス トークン
カスタム属性値のサイズ 2 KB 使用状況を確認:
デベロッパー
デベロッパー アプリ
API プロダクト
アクセス トークン
組織ごとのデベロッパー 100 万 計画済み 使用状況を確認

OAuth

OAuth アクセス トークンの有効期限 180 秒以上、30 日以下 計画済み 使用状況を確認
OAuth リフレッシュ トークンの有効期限 1 日以上、2 年以下 計画済み 計画済み
OAuth アクセス トークンとリフレッシュ トークンのサイズ 2 KB 使用状況を確認
OAuth トークンに設定可能なカスタム属性の数 18 使用状況を確認

環境と組織

Management API の呼び出し回数
  • 1 分間に 10,000 回の呼び出し(有料プランの場合)
  • 1 分間に 600 回の呼び出し(評価版の組織)
計画済み
環境あたりのターゲット サーバー数 500 計画済み 使用状況を確認
環境あたりの仮想ホスト数 20 計画済み 使用状況を確認
環境あたりの TLS 証明書数 100 計画済み 使用状況を確認

システム

API プロキシのリクエスト URL のサイズ 7 KB 使用状況を確認
リクエスト ヘッダーのサイズ 30 KB 使用状況を確認
レスポンス ヘッダーのサイズ 25 KB 使用状況を確認
リクエスト サイズストリーミングされていない HTTP リクエストの場合) 10 MB 使用状況を確認
レスポンス サイズストリーミングされていない HTTP リクエストの場合) 10 MB API プロキシに対して cURL を実行
リクエスト / レスポンス サイズストリーミングされた HTTP リクエスト / レスポンスの場合) 上限なし。ただし、接続が予期せず終了した場合、接続を再度開始する必要があります。 × なし

API Monitoring

API Monitoring のアラート数 20 使用状況を確認
API Monitoring のコレクション アイテム数 20 使用状況を確認

分析 API

Asynchronous Query API の呼び出し回数 1 時間に 7 回の呼び出し 計画済み なし
Metrics API の呼び出し回数

Postgres の場合、1 分間に 40 回の呼び出し

BigQuery の場合、1 分間たり 12 回の呼び出し

計画済み なし
Data Export API の呼び出し回数

組織 / 環境ごとに 1 か月間に 70 回の呼び出し

収益化が有効な場合: 組織 / 環境ごとに 1 か月間に 70 回の呼び出し(標準データ)、組織 / 環境ごとに 1 か月間に 70 回の呼び出し(収益化データ)

計画済み なし

OpenAPI 仕様

OpenAPI 仕様 4 MB(下の注記を参照) ローカル システム上のファイルサイズを確認

上記の情報は現時点でのプロダクトの制限を表しています。投稿または一般公開の際に、プロダクトの機能や上記の制限が変更されることがあります。