ポリシー リファレンスの概要

Edge には、すぐに使用できるポリシーがあらかじめ用意されています。これらのポリシーを使用すれば、コードを記述したりバックエンド サービスを変更したりすることなく、API の拡張、トラフィックの制御、パフォーマンスの向上、セキュリティの強化、API の操作性向上に対処できます。

さらに、Apigee では、JavaScript、Python、Java、XSLT スタイルシート形式でカスタム ロジックを実装するために使用できる拡張ポリシーも提供しています。

ポリシーのカテゴリ

Apigee では、次のカテゴリのポリシーを提供しています。

トラフィック管理ポリシー 仲介ポリシー セキュリティ ポリシー 拡張ポリシー

キャッシングの構成、割り当て量の制御、トラフィック急増による影響の軽減、同時実行レート制限の設定に対処したり、API トラフィック関連のその他の機能を実行したりできます。

メッセージを変換、解析、検証できるだけでなく、エラーとアラートを起動できます。

OAuth、API キー検証、および脅威から保護するその他の機能を使用して API へのアクセスを制御できます。

カスタム ポリシーの機能(サービス呼び出し、メッセージ データ収集など)を定義して、Java、JavaScript、および Python スクリプトで呼び出すことができます。

* 一部の Edge プランでのみ使用可能
† オンプレミス インストールのみ