環境 Key-Value マップの作成と編集

このトピックでは、管理 UI で Key-Value マップ(KVM)を作成および編集する方法について説明します。UI で作成する KVM は環境をスコープとします。KVM とスコープについて詳しくは、Key-Value マップの使い方をご覧ください。

Edge for Private Cloud の Edge UI での暗号化された KVM の有効化

暗号化された KVM は、Edge for Private Cloud バージョン 4.17.01 以降でサポートされています。ただし、Edge UI での暗号化された KVM のサポートは、デフォルトでは無効になっています。暗号化された KVM を Edge UI でサポートできるようにするには、次の手順に従います。

  1. Edge UI サーバーで、ui.properties ファイルをエディタで開きます。ファイルが存在しない場合は、作成します。
    > vi /opt/apigee/customer/application/ui.properties
  2. conf_apigee_apigee.feature.kvmencryption トークンを true に設定します。
    conf_apigee_apigee.feature.kvmencryption=true
  3. 変更を保存します。
  4. ui.properties のオーナーを「apigee」に変更します。
    > chown apigee:apigee /opt/apigee/customer/application/ui.properties
  5. Edge UI を再起動します。
    > /<inst_root>/apigee/apigee-service/bin/apigee-service edge-ui restart

環境 Key-Value マップの作成と編集

以下の手順では、管理 UI で Key-Value マップを作成または編集する方法について説明します。この方法で作成された Key-Value マップは、環境スコープにあります。たとえば、Key-Value マップを「test」環境で作成すると、「prod」環境で実行されている API プロキシはその Key-Value マップにアクセスできません。

  1. 管理 UI で、[APIs] > [Environment Configuration] を選択します。
  2. Key-Value マップの構成対象の [Environment] を選択します(testprod など)。
  3. [Key Value Maps] タブで、[+Key Value Map] をクリックして新しい Key-Value マップを作成します(または、既存の Key-Value マップを展開して [Edit] をクリックします)。
  4. Key-Value マップを暗号化する場合は、[Encrypted] を選択します。UI では、値はアスタリスク(*****)で表示されます。暗号化は、マップ全体で設定されます。エントリごとに暗号化を設定することはできません。
    Key-Value マップは作成時にのみ暗号化できます。作成後に Key-Value マップを暗号化または復号することはできません。
  5. [+Entry] ボタンをクリックして、新しい Key-Value ペアを追加します。

  6. Key-Value のプロパティを、以下の表の説明に従って入力します。
    プロパティ名 デフォルト値 説明
    Key なし

    API プロキシでデータ値のアクセスに使用するキー名。

    Core Persistence Services(後述を参照)対応組織の場合は、キー名が 2 KB を上回らないようにしてください。

    新しい Edge UI では、名前に「/」(スラッシュ)を含めることはできません。

    Value なし

    キーの値。数字、文字、特殊文字を任意の組み合わせで入力します。

    KVM の合計サイズが 15 MB を上回らないようにしてください。

  7. [Save] をクリックします。

キーの数が 150 個を上回るマップを表示または変更する場合は、UI から管理 API を使用するよう促されます。