Offline Trace ツールの使用

Offline Trace ツールとは

Offline Trace ツールを使用すると、以前に保存されたトレース セッションを表示および分析できます。保存されたトレース セッションは、基本的にトレース セッションの「記録」であり、トラブルシューティングや詳細な分析が必要な場合に役立ちます。Offline Trace ツールの UI は、「ライブ」の Trace ツールと似ています。Trace ツールの UI およびトレース セッションの保存については、Trace ツールの使用をご覧ください。

トレース セッションのダウンロード

トレース セッションをダウンロードするには:

  1. Trace ツールの使用の説明に従って、Trace ツールを開きます。
  2. トレースを実行します。
  3. トレースが完了したら、[Download Trace Session] を選択します。

ダウンロードされたトレースは、XML 形式で格納されます。

Offline Trace ツールを開く

新しい Edge UI を使用して Offline Trace ツールを開くには、サイド ナビゲーション バーで [Develop] > [Offline Trace] を選択します。

Edge Classic UI を使用して Offline Trace ツールを開くには:

  1. メインの Apigee Edge メニューから [APIs] > [API Proxies] を選択します。
  2. [API Proxies] ページで、[Offline Trace] をクリックします。

トレース ファイルの読み込み

Offline Trace ツールで [Choose File] をクリックし、システムからダウンロードしたトレース ファイルを選択します。