監査: API、プロダクト、組織の履歴

Apigee Edge には、問題のトラブルシューティングおよび API の使用の管理に役立つ「履歴」機能が用意されています。この履歴機能では、これまで API と API プロダクトに対して実行されてきた操作(作成、更新、読み取り、削除、デプロイ、デプロイ解除)を表示できます。各操作の実行ユーザー、操作の実行日時、リクエスト URI、レスポンス コードを確認できます。更新操作については、API 呼び出しで渡されたリクエスト本文を表示することもできます。

組織の監査履歴は 400 日間保持されます。

API の履歴の取得

API の履歴を表示するには:

  1. [API proxies] ページのサマリリストで API を選択します。
  2. [API detail] ページで、[Project] をクリックして、[API Proxy History] を選択します。

    この操作により API の履歴が表示されます。

  3. 履歴の日付範囲は、[Showing data for last] の横にあるメニューから選択することで、過去 1 日、1 週間、2 か月、3 か月、1 年に変更できます。
  4. 更新操作については、操作の [Request Body] 列の [Show] をクリックすることで、リクエスト本文を表示できます。

API プロダクトの履歴の取得

API プロダクトの履歴を表示するには:

  1. [Products] ページでプロダクトの [Actions] 列の [History] を選択します。

    この操作により API プロダクトの履歴が表示されます。

  2. 履歴の日付範囲は、[Date Range] の横にあるメニューから選択することで、過去 1 日、1 週間、2 か月、3 か月、1 年に変更できます。
  3. 更新操作については、操作の [Request Body] 列の [Show] をクリックすることで、リクエスト本文を表示できます。

組織の履歴の表示

組織レベルの変更を表示するには(Organization Administrator 役割)、次の手順に従います。

新しい Edge エクスペリエンスの場合:

  1. [Admin] > [Audit Logs] を選択します。
  2. 行われた管理 API 呼び出し、実行された操作など、特定のログの詳細情報を表示するには、行内をクリックします。

動画: 新しい Edge エクスペリエンスで組織の履歴を表示する方法について詳しく説明する短い動画をご覧ください。

従来の Edge の場合:

  1. [Admin] > [Organization History] を選択します。
  2. 行われた管理 API 呼び出し、実行された操作など、特定の変更の詳細情報を表示するには、行の [Details] をクリックします。