ステップ 5: メッセージ フロー変数をログに記録する

前のステップでは、「This is a test」という静的なメッセージをログに記録しました。それよりも実際的なユースケースとしては、API プロキシフローでメッセージ フロー変数の値をログに記録します。

このステップでは、client フロー変数のプロパティであるクライアント IP アドレスをログに記録します。

拡張機能を使用してクライアント IP アドレスをログに記録するには:

  1. API プロキシ エディタで、[Develop] タブを選択します。
  2. 拡張機能のロギング ポリシーをクリックし、message の値を次のように変更します。
    FROM:
        "message": "This is a test"
        TO:
        "message": "Client IP: {client.ip}"
  3. [Save] をクリックしてプロキシを保存します。
  4. [Trace] タブを選択します。
  5. [Start Trace Session] をクリックし、[Send] をクリックします。
  6. GCP Console を開いて [Logging] に移動します。
  7. 次の項目を選択します。
    • Global
    • example-log
    • Last Hour

    クライアント IP アドレスを含むログエントリが表示されるはずです。

  8. Stackdriver ログエントリを削除して最初からログを作成するには、gcloud beta logging logs delete をご覧ください。

次のステップ

これで、すべてのステップを完了しました。