Edge の永続性ツール

概要

Apigee Edge のキャッシュには、短期間の保存と長期間の保存があります。レスポンス キャッシュと汎用キャッシュ用のポリシーがあります。キャッシュの管理には管理 API を使用します。

バックエンド レスポンスのキャッシュ保存

Response Cache ポリシーを使用すると、バックエンド リソースのレスポンスをキャッシュに保存できます。

これは、バックエンド データが定期的に更新される場合に便利な機能です。ResponseCache ポリシーにより、バックエンド データソースへの呼び出しを減らすことができます。

ResponseCache ポリシーでは、特定の HTTP レスポンス キャッシュ ヘッダーを参照して、そのディレクティブに応じてアクションを実行するように Edge を構成することもできます。たとえば、Edge では、バックエンド ターゲットからのレスポンスで Cache-Control ヘッダーを使用できます。このヘッダーを使用すると、キャッシュにあるレスポンスの最大保存期間を制御できます。詳細については、HTTP レスポンス ヘッダーのサポートをご覧ください。

短期保存の汎用キャッシュ

汎用キャッシュ用のポリシーを使用すると、プロキシが必要とするオブジェクトを複数のリクエスト / レスポンス セッションで共有できます。

Populate Cache ポリシーLookupCache ポリシーInvalidateCache ポリシーを使用すると、キャッシュに保存されたデータをランタイムに挿入、取得またはフラッシュできます。

たとえば、以下の情報を一時的に格納できます。

  • セッション管理のセッション ID
  • 送信呼び出しの認証情報(API キー、OAuth アクセス トークンなど)
  • アプリでページ制御が必要なレスポンスの内容

ランタイムに、キャッシュ ポリシーによりプロキシ変数とユーザーが指定した構成済みキャッシュの間で値がコピーされます。値がキャッシュに保存されると、ユーザーが指定した変数からキャッシュに値がコピーされます。値がキャッシュから取得されると、プロキシで使用できるように値が変数にコピーされます。

コードの例については、例: 汎用キャッシュをご覧ください。

Key-Value マップ(KVM)による長期保存

構造化データを暗号化または暗号化されていない状態で無期限に保存するには、任意の Key-Value ペアを含む Key-Value マップ(KVM)を作成します。たとえば、以下の情報を保存できます。

  • IP アドレスを国コードに関連付けるマップ
  • ホワイトリスト / ブラックリストの IP アドレスリスト
  • 長い URL を短縮形の URL に関連付けるマップ
  • 割り当て数、OAuth トークンの有効期限など、環境固有のデータ

KVM は、組織、環境、apiproxy のいずれかのスコープで作成します。たとえば、Key-Value ペアを組織のすべての API で使用するには、組織スコープで KVM を作成します。特定の API プロキシにのみ Key-Value へのアクセスを許可するには、apiproxy スコープで KVM を作成します。Key-Value マップの作成、管理、取得はいくつかの方法で行うことができます。詳細については、Key-Value マップの使い方をご覧ください。

管理 API によるキャッシュの管理

メッセージ フロー内のポリシーのスコープ外でキャッシュを作成、更新、削除、クリアする場合は、キャッシュ管理 API を使用します。