拡張機能とは

拡張機能を使用すると、外部リソースを API プロキシに統合できます。たとえば、Google Cloud Storage などの Google Cloud Platform サービスを統合できます。API プロキシは、ランタイムに拡張機能を使用して、外部リソースとのリクエストやレスポンスの交換を行います。

拡張機能のランタイム フレームワーク

ランタイムに、拡張機能は仲介者として機能し、API プロキシと外部リソース間のリクエストとレスポンスを処理します。

拡張機能によるランタイムの処理は次のとおりです。

  1. クライアント リクエストAPI プロキシに渡され、プロキシのポリシーに従ってリクエスト フローが処理されます。
  2. リクエスト フローがプロキシの Extension Callout ポリシーに渡され、環境にデプロイされた拡張機能にデータが渡されます。このデータには、拡張機能が指定する外部リソースにリクエストを送信するために必要な値が含まれています。
  3. 拡張機能がリクエストを外部リソースに送信し、外部リソースからレスポンスを受信します。
  4. 拡張機能がレスポンスを Extension Callout ポリシーに渡し、プロキシコードによって処理されます。
  5. レスポンスがクライアントに返されるまで、リクエスト フローがプロキシ経由で継続します。

拡張機能の操作

拡張機能は、特定の外部リソースと一緒に開発され、構成されます。拡張機能を使用するには、Apigee Edge の管理者と API プロキシの開発者が次の操作を行う必要があります。

  • Apigee Edge の拡張機能の構成とデプロイは、組織管理者が行います。ビジネスの要件に適した値を指定して構成します。この構成により、API プロキシの開発者が使用する拡張機能のインスタンスが作成されます。たとえば、Google Cloud Storage の特定のバケットにアクセスする拡張機能を構成し、必要な認証情報を設定します。
  • API プロキシの開発者は、API プロキシに Extension Callout ポリシーを追加して、構成済みの拡張機能を API プロキシで使用します。プロキシの構成では、次の情報を指定します。
    • 使用する拡張機能
    • 拡張機能のアクション(拡張機能に対する機能の呼び出し)
    • アクション呼び出しで渡すアクション パラメータ。ランタイムに、ポリシーが拡張機能を使用して、プロキシのフローの一部として外部リソースにアクセスします。

拡張機能のドキュメント

拡張機能については、以下のトピックで詳しく説明しています。