チュートリアル: 拡張機能の使用

拡張機能は、API プロキシと外部リソースとの間を仲介するものです。このチュートリアルでは、拡張機能について説明し、次のプロセスをガイドします。

  • 拡張機能を作成する
  • 組織に追加する
  • (追加演習)メッセージ フロー変数をログに記録する
  • API プロキシに追加する

前提条件

このチュートリアルを開始する前に、次のことをすべて行ってください。

領域 必要事項 完了チェック
新しい Edge 体験 Apigee では、Apigee Public Cloud 組織の拡張機能を有効にする必要があります。有効にすると、新しい Edge 体験の Admin メニューに拡張機能メニューが表示されます。

表示されない場合は、Apigee サポートに連絡してくだい。

Google Cloud Platform
  1. Google Cloud Platform のプロジェクトをまだ用意していなければ作成します。API プロキシはこのプロジェクトを使用してログエントリを書き込みます。
  2. Stackdriver アカウントの作成の説明に沿って、Google Cloud Platform(GCP)プロジェクトの Stackdriver ロギングを有効にします。
サービス アカウント
  1. GCP に対する認証を使用して GCP Service Account(SA)を作成または選択します。SA は GCP コンソールの [IAM & Admin] > [Service アカウント] で作成できます。
  2. [Logging] > [Logs Writer] で SA に「Logs Writer」の役割を割り当てます。詳しくは、サービス アカウントへの役割の付与をご覧ください。
  3. SA JSON ファイルをダウンロードして拡張機能を構成します。詳細については、サービス アカウントの作成と管理をご覧ください。

それでは始めましょう

Apigee Edge で拡張機能を使用する方法

  1. ステップ 1: Edge に拡張機能を追加する
  2. ステップ 2: テスト用の拡張機能を構成する
  3. ステップ 3: ExtensionCallout ポリシーを使用する
  4. ステップ 4: プロキシをデプロイする
  5. ステップ 5: メッセージ フロー変数をログに記録する