Apigee 評価版の組織からデータを移行する

Apigee Edge 組織内のコードを評価版の組織の間で移行したり、評価版の組織から有料の組織に移行したりできます。Apigee 移行ツールを使用するとコードの大半を移行できるため、手動でコピーしなければならないコードがほんのわずかになります。

Apigee 移行ツールは、Grunt という JavaScript タスクランナーを使用するオープンソースのツールです。このツールは、操作対象となる両方の組織について、Apigee 管理 API を呼び出します。

このツールは migrate tool という GitHub リポジトリ内にあります。

移行されるデータ

このツールを使うと、以下に関するデータをインポートしたりエクスポートしたりできます。

  • デベロッパー
  • プロキシ(最新バージョン)
  • 共有フロー
  • プロダクト
  • アプリ
  • アプリのキー
  • KVM(組織と環境)

以下のようなデータは、CSV ファイルから Apigee 組織にインポートすることもできます。

  • デベロッパー
  • アプリ
  • アプリのキー
  • KVM(組織と環境)

移行されないデータ

以下のエンティティは、このツールによるプロセスの一環として移行されないのでご注意ください。通常、これらのエンティティは Apigee Edge コンソールを使用して手動で移行する必要があります。

  • キャッシュ リソースとキャッシュに保存された値。プロキシをデプロイする前に、キャッシュ リソースを再作成してください。
  • 環境リソース(ターゲット サーバー、仮想ホスト、キーストアなど)。詳細については、次を参照してください。
  • 「暗号化された」Key-Value マップの KVM エントリ。管理 API では、暗号化された値を取得できません。必ず移行元の組織内で使用している値をメモしてから、これらの値を手動で新しい組織に追加してください。
  • 組織または環境レベルのリソース(.jar ファイル、.js ファイルなど)。
  • アナリティクス データ。このデータを移行することはできません。
  • フローフック。UI を使用して、フローフックをダウンロードし、新しい組織にインポートできます。

Apigee 移行ツールを使用する

Apigee 移行ツールは、Grunt というタスクランナーを使用するオープンソースの Node.js ツールです。このツールをダウンロードした後、移行元と移行先の組織に関する情報を使用してツールを構成します。その上で、移行ツールを実行して組織の構成要素をエクスポートしたりインポートしたりします。

おおまかには、移行は次のステップで構成されます。

  1. 移行元と移行先の組織に関する情報を収集します。たとえば、次の情報が必要になります。
    • 管理 API 呼び出しで使用するベース URL(例: https://api.enterprise.apigee.com)。
    • 組織管理者のユーザー ID とパスワード。たとえば、Apigee Edge 管理コンソールにログインするために使用する認証情報です。
    • 移行元の組織の名前と環境。
    • 移行された情報のデプロイ先となるターゲット組織の環境の名前。
  2. 組織に関する情報を使用してツールを構成します。
  3. 移行ツールで定義された Grunt タスクを実行して、組織のデータをローカル ドライブにエクスポートし、そこから別の組織にデータをインポートします。
  4. 移行したデータが新しい組織内で正常に機能することを確認します。

移行を開始するには、migration tool リポジトリ内のドキュメントに沿って、ツールをインストール、構成、実行してください。