キャッシュと永続性の追加

Apigee Edge は、複数のリクエストにまたがるデータを実行時に永続化させるキャッシュ処理を提供しています。キャッシュには、Populate CacheLookupCacheInvalidateCacheResponse Cache などのポリシーを使用してアクセスできます。

組織には、共有キャッシュへのアクセス権があります。共有キャッシュは多く場合、便利に使用できます。パフォーマンスの微調整が必要な場合には、独自のキャッシュを構成することもできます。

キャッシュの使用には、以下の目的が考えられます。

  • レイテンシとトラフィックの低減。 表現の再利用によってリクエストに短時間で応答します。
  • トランザクション間でのデータ保持。 HTTP トランザクション間で再利用できるセッション データを保存できます。
  • セキュリティの維持。 キャッシュ エントリへのアクセスにスコープを設けて、特定の環境内だけで、あるいは API プロキシだけがアクセスできるようにします。

永続性の利用

以下のトピックでは、Edge が提供する永続性機能の背景や例について説明しています。

永続性に関するポリシーのサポート

ポリシーが、汎用キャッシュ、バックエンド レスポンスのキャッシュ、Key-Value マップをどのようにサポートしているかを説明しています。

例: 汎用キャッシュの使用

Populate Cache ポリシーLookupCache ポリシーInvalidateCache ポリシーを組み合わせて使うコードを示します。

キャッシュキーの使い方

キャッシュ エントリの一意な ID を作成する方法について説明しています。

環境キャッシュの作成と編集

あらかじめ用意された共有キャッシュでは目的が達成できない場合に、独自のキャッシュを作成します。

キャッシュの仕組み

キャッシュ システムの構成、およびキャッシュのデフォルトとポリシーとのやり取りについて説明しています。

Key-Value マップの使い方

暗号化された、あるいは暗号化されていない、期限切れでない Key-Value ペアの集まりを作成、管理する

HTTP レスポンス ヘッダーのサポート

ResponseCache ポリシーを使った場合の HTTP レスポンス ヘッダーの処理について説明しています。

ポリシー リファレンス

永続性に関しては以下のポリシーを使用します。

PopulateCache ポリシー

汎用キャッシュにデータを記録します。

LookupCache ポリシー

汎用キャッシュからデータを参照します。

InvalidateCache ポリシー

汎用キャッシュからエントリを削除します。

ResponseCache ポリシー

バックエンド リソースを対象にデータの参照と記録を行います。

Key Value Map Operations ポリシー

長期の永続性のために Key-Value マップストアを使用します。

API リファレンス

キャッシュの操作には以下の API を使用します。

キャッシュ エントリのクリア

キャッシュキーを使用してキャッシュ エントリをクリアします。

環境にキャッシュを作成する

環境にキャッシュを作成します。

キャッシュに関する情報を取得する

キャッシュに関する情報を取得します。

全キャッシュ エントリのクリア

キャッシュ エントリをクリアします。キャッシュキー接頭辞でスコープを指定できます。

環境内のキャッシュをリストする

環境内のキャッシュをリストします。

環境内のキャッシュを更新する

環境内のキャッシュを更新します。

キャッシュの削除

キャッシュを削除します。

Key-Value マップ

永続性の Key-Value ペアのコレクション(マップ)を複数のスコープで作成および管理します。