ステップ 2: テスト用の拡張機能を構成する

拡張機能を追加したので、次はこの拡張機能のインスタンスを構成して使用できます。

拡張機能を構成するには:

  1. テスト環境向けに構成するために、[Extensions] > [(追加した拡張機能の名前)] ページで [test] をクリックします。

    [Configurations: test] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. 次の値を入力して拡張機能を構成し、Stackdriver Logging サービスで使用できるようにします。
    フィールド 説明
    Version 使用する拡張機能のバージョン番号を選択します。同じ拡張機能の複数のバージョンがシステムにインストールされている場合があります。
    GCP Project ID GCP プロジェクト ID を入力します。これは、Stackdriver ログインが有効にされていて、ログ書き込みの役割が割り当てられたサービス アカウントを使用しているプロジェクトです(プロジェクト ID とプロジェクト名は異なる場合があります)。

    次の図では、例として「my-gcp-project」が使用されています。ただし、この例でメッセージをログに記録するには、実際のプロジェクト ID を使用する必要があります。

    プロジェクト ID を確認するには、GCP Console を開いて [IAM と管理] > [設定] に移動します。

    Credentials 前提条件の一環としてダウンロードした、サービス アカウントの JSON ファイルの内容を貼り付けます。Edge により JSON ファイルは自動的に Base64 でエンコードされます。
  3. [Save] ボタンをクリックします。
  4. 拡張機能をテスト環境にデプロイするには、[test] 行にある [Deploy] をクリックします。

    拡張機能をデプロイすると、同じ環境にデプロイされた API プロキシからのリクエストに対して拡張機能が有効になります。これらのリクエストを行うには、ExtensionCallout ポリシーを使用します。

    [Deploy] をクリックすると、「Deploying...」といったメッセージが表示されます。デプロイが完了するまでには数分かかることがありますが、それほど長くはかかりません。

    Apigee Edge が拡張機能のデプロイを完了すると、次の例に示すように、拡張機能のステータスが [Deployed] に変わります。

  5. 拡張機能がデプロイされていることを確認するには、次の例に示すように、ページの最上部にある [Extensions] パンくずリストをクリックします。

    デプロイした拡張機能がリストに表示されるはずです。リストが長い場合は、ページの最上部にあるフィルタ ボックスに拡張機能の名前を入力してリストをフィルタリングできます。

次のステップ

ステップ 1 ステップ 2 ステップ 3: ExtensionCallout ポリシーを使用する ステップ 4 ステップ 5