19.02.19 - Apigee Edge for Public Cloud リリースノート

Apigee Edge のドキュメントを表示しています。
Apigee X のドキュメントをご覧ください。

2019 年 2 月 19 日(火)、Apigee Edge for Public Cloud 向けアナリティクスのベータ版をリリースしました。

新機能とアップデート

このリリースでの新機能と最新情報は次のとおりです。

非同期カスタム分析レポートのベータ版リリース

これまでは、アナリティクスのカスタム レポートは同期的にしか実行できませんでした。同期レポートの場合は、レポート リクエストを実行し、分析サーバーがレスポンスを返すまでリクエストがブロックされます。ただし、レポートでは大量のデータ(数百 GB など)の処理が必要になる場合があるため、タイムアウトにより同期レポートが失敗することがあります。

このベータ版リリースでは、カスタム レポートの非同期実行機能が追加されました。非同期レポート(ベータ版)の場合、レポート リクエストを発行して、後で結果を取得します。次のような状況では、非同期クエリ処理が適切な代替手段になることがあります。

  • レポートの分析と作成に長い時間がかかる場合。
  • グループ化ディメンションが多いなどのクエリを複雑にする制約を伴うデータを分析する場合。
  • 一部のユーザーや組織のデータ量が大幅に増加したことが判明したときにクエリを管理する場合。

カスタム レポートは、Edge UI から非同期で実行するか、Edge API を使用して実行できます。収益化レポートは、こちらで説明されているように、非同期で実行することもできます。

分析データのエクスポートのベータ版リリース

Apigee Analytics は、API を介して送受信される幅広いデータを収集して分析します。また、インタラクティブなダッシュボードやカスタム レポートなど、API プロキシのパフォーマンスの傾向を特定するツールなど、可視化ツールを提供します。

これで、この分析データを Apigee Analytics から Google Cloud Storage や BigQuery などの独自のデータ リポジトリにエクスポートできるようになりました。さらに、Google Cloud BigQuery と TensorFlow が提供する強力なクエリ機能と機械学習機能を活用して、独自のデータ分析を実行できます。

詳しくは、アナリティクスからデータをエクスポートする(ベータ版)をご覧ください。