Apigee リリース プロセス

このトピックでは、Apigee プロダクトのリリース プロセスについて説明します。

概要

Apigee Edge では、お客様に最新のサービスと機能強化を可能な限り最高の状態でご利用いただくため、Public Cloud、Private Cloud、Apigee ハイブリッド、Edge Microgateway プロダクトのバージョンに継続的なリリースモデルを採用しています。

計画的なダウンタイムを除き、すべてのリリースを中断なくプロダクトでご利用いただけます。計画的なダウンタイムについては、予定日の少なくとも 5 営業日前までにその旨をお知らせいたします。Apigee プロダクトは、デベロッパー、お客様、従業員、パートナーによるエンタープライズ サービスへのアクセスを可能にするミッション クリティカルなインフラストラクチャであるため、新しいリリースに対して社内外の関係者と事前に計画を立て、準備を行う必要があります。この事前計画をサポートするため、リリースの予定について明確にお知らせいたします。

リリース通知の受信

リリース通知を受信するには、こちらのページに移動して [Subcribe to Updates] ボタンをクリックしてください。

リリース番号について

Public Cloud と Private Cloud のリリース番号は、おおよそのリリース日を表しています。例:

  • Public Cloud リリース 19.03.01 は 2019 年 3 月 1 日頃のリリースを表しています。
  • Private Cloud リリース 4.19.01 は、2019 年 1 月のリリースを表しています。

Private Cloud リリースには Public Cloud リリースが含まれています。バージョン番号を比較すると、Private Cloud リリースに Public Cloud リリースが含まれているかどうか確認できます。上記の例で、Public Cloud リリース 19.03.01 は 2019 年 3 月 1 日以降にリリースされているため、2019 年 1 月にリリースされた Private Cloud リリース 4.19.01 に含まれていません。Private Cloud リリースに含まれている Public Cloud リリースに関する正式な情報については、メジャー バージョン(機能リリース)の Private Cloud リリースノートをご覧ください。

Apigee Edge Public Cloud のリリース プロセス

  • リリースの準備は毎週月曜日から木曜日までに実施します。
  • リリースの準備中に https://status.apigee.com にアクセスすると、リリースの進捗状況に関する情報が表示されます。
  • リリースが完了すると、http://apigee.com/docs/release-notes/content/apigee-edge-release-notes にリリースノートが掲載されます。
  • 計画的なダウンタイムを除き、すべてのリリースを中断なく Apigee Edge でご利用いただけます。計画的なダウンタイムについては、予定日の少なくとも 5 営業日前までにその旨をお知らせいたします。
  • Global Services Center(GSC)は、リリース準備期間かどうかに関係なく、いつでもご利用いただけます。サポート チケットの作成が必要な場合にご利用ください。
  • ホットフィックスと緊急パッチは、緊急性が高いため、このプロセスから除外しています。事前の通知なしに可能な限り早くリリースいたします。
  • リリース番号は YY.MM.DD の形式です。

Apigee Edge for Private Cloud のリリース プロセス

このセクションでは、Apigee Edge for Private Cloud のリリース プロセスについて説明します。

リリース頻度

Apigee Edge for Private Cloud のリリースは年 2 回です。新しいリリース プロセスに合わせてサポートの利用規約が変更されました。Edge for Private Cloud をサポート対象は N-2 バージョンです(N はメジャー リリースです)。以前のサポート期間は 12 か月でした。

たとえば、Edge for Private Cloud 4.20.03 がリリースされた場合、4.19.06 または 4.19.01 が引き続きサポート対象になります。Apigee では、今後もサポート対象バージョンとしてマイナー(またはドット)リリースおよびパッチを必要に応じて提供していく予定です。

インストーラのダウンロード

Edge for Private Cloud バージョン 4.16.01 以降では、次の作業を行う際に Apigee から受け取った認証情報を使用する必要があります。

  • ftp.apigee.com または https://ftp.apigee.com から基本的なインストール手順を含む README ファイルをダウンロードする。
  • https://software.apigee.com から、すべてのプロダクトのインストーラを RPM ファイルのセットとしてダウンロードする。
  • ドキュメントは、このサイト(docs.apigee.com)の「Edge for Private Cloud」で入手できます。

リリースの種類

  • 年 2 回のメジャー リリース(機能リリース)。1 月と 6 月の最終火曜日に実施する予定です。

    すべての機能リリースは 1 年間メンテナンスされ、検出された問題はサービスパック(4.15.07 以前)またはアップデート(4.16.01 以降)で解決します。

  • 必要に応じて、機能リリースのアップデートを提供します。
  • 必要に応じて、特定のリリースに対してホットフィックスを提供します。このリリースは不定期です。

機能リリース

機能リリースには次のものが含まれます。

  • 新機能と拡張機能
  • 累積的なバグ修正
  • インフラストラクチャ / アーキテクチャの変更
  • データベース スキーマの変更
  • セキュリティ脆弱性の解決
  • 構成の変更
  • インストーラの変更
  • ドキュメントの変更

機能リリースは Public Cloud のリリースに基づいて提供されます。Private Cloud よりも 6~8 週間前に実施する予定です。

アップデート

アップデートには次のものが含まれます。

  • 累積的なバグ修正
  • セキュリティ脆弱性の解決
  • 構成の変更
  • インストーラの変更
  • ドキュメントの変更
  • Apigee の判断でマイナーな機能強化が行われる場合があります。

アップデートは次のように提供されます。

  • Apigee の独自の裁量で、欠陥の根本原因の特定から通常 3~6 週間以内に提供されます。
  • 特定の機能リリースに適用されます。
  • 機能リリースのプロセスで維持されます。

ホットフィックス

ホットフィックスには次のものが含まれます。

  • 対象となる重大なバグの修正
  • 対象となるセキュリティ脆弱性の回避策

ホットフィックスは次のように提供されます。

  • Apigee の独自の裁量で、欠陥の根本原因の特定から通常 5~7 日以内に提供されます。
  • 特定の機能リリースに適用されます。

サポートのタイムライン

サポート タイムライン: 前の N-2 バージョンに対してアップデートとホットフィックスが提供されます。N はメジャー リリースを表します。このサポート期間の終了後は、Apigee の最新の機能リリースにアップグレードしていただく必要があります。サポート期間を経過したリリースに対しては、サポート チケットを作成できません。

詳細については、Apigee Edge リリースノートをご覧ください。

リリース番号は 4.YY.MM.## の形式で、## はアップデート番号を表します。機能リリースは 4.YY.MM です。

Apigee ハイブリッド リリース プロセス

このセクションでは、Apigee ハイブリッドのバージョニング スキーム、リリース頻度、サポート タイムラインについて説明します。詳細については、リリースノートをご覧ください。

リリースのバージョニングと頻度

Apigee ハイブリッドのリリースでは、Major.Minor.Patch の番号スキームが使用されます。たとえば、3.2.1 の場合、メジャー番号は 3、マイナー番号は 2、パッチ番号は 1 です。

リリースレベル リリース頻度 説明
メジャー 必要に応じて メジャー リリースには、新機能や拡張機能、累積的なバグ修正、セキュリティ脆弱性の回避策、構成の変更、インフラストラクチャやアーキテクチャの変更などが含まれます。
マイナー 四半期ごと マイナー リリースには、既存の機能の拡張、累積的なバグ修正、セキュリティ脆弱性の回避策などが含まれます。
パッチ 毎月 パッチリリースには、バグの修正、特定のセキュリティ脆弱性に対する回避策などが含まれます。

管理プレーンの互換性とサポート タイムライン

Apigee ハイブリッド管理プレーンは、ランタイム バージョンが公開されてから 12 か月間(または過去 4 回のリリースと 12 か月間のどちらか長いほう)、新しいハイブリッド ランタイム リリースと互換性があります。

管理プレーンをアップグレードすると、12 か月以上前に公開されたランタイム バージョンが破損する可能性があります。

サポート期間が終了した場合、最新のリリースにアップグレードする必要があります。サポート期間を経過したリリースに対しては、サポート チケットを作成できません。

通知

Apigee では、ハイブリッド ランタイム バージョンの情報を収集して管理プレーンに保存します。この情報を使用して、Apigee のサポートが終了するバージョンでハイブリッド ランタイムを運用するリスクがあるお客様に通知を送信します。

Edge Microgateway のリリース プロセス

このセクションでは、Edge Microgateway のバージョニング スキーム、リリース頻度、サポート タイムラインについて説明します。詳細については、リリースノートをご覧ください。

リリースのバージョニング スキーム

Edge Microgateway のリリースでは、Major.Minor.Patch の番号スキームが使用されます。たとえば、3.2.1 の場合、メジャー番号は 3、マイナー番号は 2、パッチ番号は 1 です。

リリースレベル 説明
マイナー メジャー リリースには、新機能や拡張機能、累積的なバグ修正、セキュリティ脆弱性の回避策、構成の変更、インフラストラクチャやアーキテクチャの変更などが含まれます。
マイナー マイナー リリースには、既存の機能の拡張、累積的なバグ修正、セキュリティ脆弱性の回避策などが含まれます。
パッチ パッチリリースには、バグの修正、特定のセキュリティ脆弱性に対する回避策などが含まれます。

リリース頻度

Apigee では、Edge Microgateway の新しいバージョンをおおよそ月に 1 回の頻度でリリースします。ただし、この月次リリースの頻度は変更される可能性があり、状況に応じて間隔が長く、または短くなる場合があります。リリースは、メジャー、マイナーまたはパッチのいずれかのバージョンになります。

サポートのタイムライン

現在の Edge Microgateway のバージョンは、次のバージョンが利用可能になってから 1 年間はサポートされます。

たとえば、バージョン 3.1.0 が 2020 年 1 月 17 日にリリースされ、バージョン 3.1.1 が 2020 年 2 月 17 日にリリースされた場合、バージョン 3.1.0 は 2021 年 2 月 17 日までサポートされます。

サポート期間が終了した場合、最新のリリースにアップグレードする必要があります。サポート期間を経過したリリースに対しては、サポート チケットを作成できません。